手数料一覧

くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXで、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、取引量No1の米ドル円のスワップポイントも高いといった特徴があります。そんなくりっく365の取扱業者は複数ありますが、取引コストはどこが安く、おすすめの取扱業者はどこなのか確認してみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価・評判!手数料や使い方は?

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内初のビットコイン取引所で、ビットコインの取引量は国内最大級の仮想通貨の取引所です。金融庁の登録・認可を受け、三大メガバンクや第一生命、三井住友海上火災、リクルートなどのグループ企業が株主として名を連ね、信頼性も高いbitFlyer(ビットフライヤー)のサービス内容について確認してみました。

岩井コスモ証券のネット取引ってどう?手数料やIPOの特徴は?

岩井コスモ証券は、東証一部上場の岩井コスモホールディングスの完全子会社で、創業100周年を迎える中堅証券会社です。現物や信用のデイトレードをしてる方にはお得な手数料体系があったり、IPO狙いの方にもメリットがある穴場的な証券会社ですが、どんなサービス内容なのか確認してみました。

FXのスプレッドの意味とは?狭いだけで低コストとは言えない?

FX会社のページに「米ドル円のスプレッド0.3銭」などと表記がされているスプレッドとはどういう意味でしょうか?また、スプレッドはFXを行う際の実質的な取引手数料となり、狭い・広いといった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引手数料が低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。

外貨預金で金利が一番いいのは?金利だけでなく手数料も比較!

日本国内の三大メガバンクでの普通預金や定期金利がほぼ0に近い状態の中、各金融機関の外貨預金は高金利となっていて魅力的に思えます。外貨預金を始めるのに金利が一番いいのはどこの金融機関なのか、また手数料も含めてどこを選択するのがいいのか比較してみました。 外貨への投資はFX(レバレッジ1倍)で投資することもできますので、それも含めて比較してます。

くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100といった株価指数を取引することができます。そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。

SMBC日興証券の評価・評判!IPOにおすすめだけど手数料は?

SMBC日興証券は野村證券、大和証券とともに日本の三大証券と呼ばれる国内大手証券会社で、三井住友フィナンシャルグループが100%出資する証券会社です。大手証券会社だけあり、IPOの割り当て数が一番多い主幹事を引き受ける回数も多くIPOでは必須の証券会社ですが、手数料など含めどんなサービス内容か確認してみました。

むさし証券のトレジャーネットは株の手数料が格安!IPOも穴場?

むさし証券はそしあす証券と武蔵証券が2010年5月に合併した証券会社で、創業は大正8年と歴史がある中堅の証券会社です。むさし証券は対面取引もやってますが、インターネット取引サービス「トレジャーネット」の株式手数料が格安ということで話題になってます。IPO狙いでも穴場の証券会社となっているのでサービス内容を確認してみました。

投資信託の手数料ってどこで購入しても同じ?安く購入するには?

投資信託は銀行やゆうちょ、証券会社などで販売されていますがどこで買っても一緒だと思ってませんか?実は同じ投資信託でも販売会社によって手数料が異なりますので、身近だからといってゆうちょや銀行などで投資信託を購入すると損してるかもしれません。この記事を見れるあなたはネットが使えるので、ネット証券を利用して手数料といった無駄なコストは節約しましょう。

SBI証券が米国株の手数料を値下げ!しかも米国株で貸株サービスも!

SBI証券が米国株での手数料を値下げし、業界初となる米国株での貸株サービスを提供することを発表しました。米国株はイギリスのEU離脱で株価が下落しましたが、あっという間に回復し結局その後ダウ平均は過去最高値を更新するなど米国経済の強さを見せつけています。そんな中、ネット証券No1のSBI証券が米国株投資の魅力を上げるサービスを発表しましたので内容を確認してみました。

松井証券の評価・評判!手数料などメリット・デメリットは?

松井証券は大正7年創業とネット証券の中では歴史ある証券会社ですが、革新的なサービスを出すことで多くの投資家に利用されている証券会社です。特に一日定額の手数料「ボックスレート」は多くのデイトレーダーの方に利用されています。そんな松井証券は初心者にもやさしい10万円までなら株式・ETFの手数料無料というサービスを行っていますのでサービス内容を確認してみましょう。

GMOクリック証券で株式やETFの手数料を実質無料(0円)で売買!

GMOクリック証券は2006年からサービスを開始した後発のネット証券です。後発ということもあり株式やETFの売買手数料は他の証券会社より割安に設定されていますが、その手数料を実質無料(0円)にすることができます。普通に取引をする範囲では無料で取引できますので、有効に利用して少しでも投資のリターンを上げましょう!

投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

証券会社や銀行間で投資信託を移管できるって知ってますか?もちろん株式も移管ができますが、投資信託も移管ができるのでより有利なネット証券などへ預けなおすことができます。移管と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、手続きも簡単ですしメリットもいろいろありますので移管を検討してみてはいかがでしょうか?

外貨の両替手数料が安いのは?空港や銀行での両替は損ですよ!

2016年のゴールデンウィークは2日休むと10連休となるので、海外旅行の計画を立ててる方も多いと思います。 海外旅行の時にはカードがメインですが、チップは現金払いなどある程度現金を持っていく必要がありますが、そのために外貨に両替が必要です。 銀行や空港などで両替できますが、手数料が高いので損をしてまいますので、海外旅行に行く予定の方は、事前にお得に両替をしましょう!

海外ETFが身近になった?NISA口座なら手数料などがお得に!

インデックス投資は、保有中のコストが長期的なリターンに影響がでるので、少しでもコストが安いものを探され、海外ETFを検討されてる方も多いのではないでしょうか? 海外ETFはコストが安いのですが、購入するにはいくつかのハードルがありました。 ただ、海外ETFの購入のハードルを下がってきています。特にNISA口座を使うとお得に購入できるようになったので解説したいと思います。

SBI証券に口座開設するメリットは?ネット証券No1のサービス内容とは?

オリコンが発表するネット証券の「顧客満足度ランキング」において2016年第1位を受賞しているSBI証券。ネット証券証券の大手の一角で、取扱商品も充実していてここだけでも投資のほとんどができてしまうほどです。私も愛用していますが、なぜそこまでの人気があるのか調査しましたので、紹介したいと思います。