FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

fx-leverage-1bai

FXを勉強すると必ず出てくるのがレバレッジ。

レバレッジ1倍だと外貨預金とリスクは同じといいますが、レバレッジ2倍だとどのくらいリスクが上がるでしょうか?

また、レバレッジを上げるとリスクが高まりますが、借金することはあるのでしょうか?

FXで外貨に積立投資する前にリスクについて押さえておきましょう。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

レバレッジとは?

レバレッジは預けたお金(証拠金)を元手に国内FX会社なら最大預けたお金の25倍の取引ができることを言います。

どういうことかというと、例えば10万円の証拠金をFX会社に預けた場合、レバレッジ1倍なら10万円分の取引しかできません。

ただ、10倍のレバレッジをかけると100万円分の取引ができるようになります。

レバレッジをかけるメリット

少額からでも大きな取引ができるようになることがメリットです。

例えば、1ドル100円としたときに、10万円では1,000ドルしか買えませんが、レバレッジを10倍にすれば10,000ドルの取引ができます。

1ドル101円になったとすると、レバレッジ1倍(1,000ドル)の場合は、1,000円の利益ですが、レバレッジ10倍(10,000ドル)の場合10,000円の利益となります。

レバレッジをかけることはハイリスク・ハイリターン

少額でも大きな取引ができるメリットがあるレバレッジですが、もちろん思っている方向に値が進めば大きなリターンを得ることができますが、逆に値が進めば大きな損失を出すことになります

上記の例ではレバレッジ1倍より、レバレッジを10倍にすれば10倍の利益が出ました。

ということは、逆の値動きとなった場合もレバレッジ1倍よりレバレッジ10倍の方が10倍の損失を出すということになります。

このようにレバレッジの倍率を上げれば上げるほどハイリスク・ハイリターンとなるのです。

値動きの小さな超短期取引のような場合にはレバレッジを上げて少ない値動きでもリターンをとるようにしますが、値動きが大きくなる可能性がある長期取引などはレバレッジを下げて取引をするなどしてリスクをコントロールする必要があります。

レバレッジ1倍とレバレッジ2倍のリスクはどれくらい違う?

10万円の証拠金を投資するとして。わかりやすいように米ドル円を100円とします。

レバレッジ1倍の場合1,000ドル、レバレッジ2倍の場合2,000ドル購入することになります。

FXではロスカットという仕組みがあり、損失が膨らんできたときに預けたお金(証拠金)に対し一定割合以上損失が出ないように自動で損切りが行われます。

各社ロスカット水準は異なりますが、例えばロスカット水準を100%とし1,000ドルの必要証拠金を4,000円とします。

【レバレッジ1倍の場合】

この場合必要証拠金4,000円×100%=4,000円がロスカットされる金額となるので、投資金額が10万円だと、96,000円の余力があります。ロスカットまでの値幅は、96,000円÷1,000通貨=96円となるので、米ドル円が100円ー96円=4円になったときにロスカットとなります。

【レバレッジ2倍の場合】

必要証拠金8,000円×100%=8,000円がロスカットされる金額となるので、投資金額10万円だと、92,000円の余力があります。ロスカットまでの値幅は、92,000円÷2,000通貨=46円となりますので、米ドル円が100円ー46円=54円となった時にロスカットとなります。

このようにレバレッジ1倍だと4円まで値下がりしないとロスカットになりませんが、レバレッジ2倍だと54円まで値下がりしたらロスカットとなります。

もちろんロスカットは証拠金を増やすことによってロスカットの値段を下げることもできますので、長期投資の場合でも急激に値が動いた場合や、だんだん円高になっていってるときはロスカットされないかチェックする必要があります。

レバレッジ1倍でも借金することはある?

FXにはロスカットの仕組みがあるので、借金になる可能性はほとんどありません。

ただ、急激に為替相場が変動した場合、ロスカットが間に合わず損失が証拠金の額を上回ってしまい、借金となることはあります。

ただ、レバレッジ1倍ということは、10万円の証拠金で米ドル円を100円だとするとロスカットとなるのは4円まで円高になった時です。

ドル円の過去最安値は75.54円なので、レバレッジ1倍の場合ロスカットとなる可能性はほとんどないと言えます

レバレッジ2倍でも54円まで下落しないとロスカットされないので、過去最安値から考えても大分余裕がありますし、そこまで円高になるまでには日数が必要となるので、金利で資産が増えていってるので相当なことが起きて急激な円高にならない限り心配はないでしょう。

まとめ

FXの最大の魅力でもあるレバレッジですが、ちゃんと理解したうえでレバレッジをかけないとただ単にリスクを上げることになります。

ただ、レバレッジを上げたことによるリスクをちゃんと理解して投資を行えば、より有利に取引することができます。

上に書いたレバレッジ2倍の場合、ロスカットは過去最安値水準まで円高が進んでもまだ余裕がある水準です。

レバレッジを2倍にすれば金利も為替差益も2倍になるので、円高が進んだら追加で証拠金を入れる準備をしておくことによって、それまで高利回りで運用することができますよね。

結局レバレッジは使い方次第です。

自分がどこまでリスクを許容できるか理解したうえで投資をすることによって、より有利な投資ができますので、ちゃんと理解しましょう。

参考 FX(外国為替証拠金取引)とは?初心者の外貨投資の始め方!

仕組みを理解するためにも少額から実際に投資してみて感覚を養うことが重要です。

実際に少額でも取引をしてみれば、いろんな本など読むより理解度はかなり進むと思います。

SBI FXならドル円では5円から投資することができますので実際取引をしてみましょう!

FX口座の開設・維持費は無料ですし、今なら口座開設時にお試し取引ができるように500円もらえます!

スプレッドも業界最狭水準(業界最安値水準)なのでおすすめです。下記の公式サイトで詳細を確認してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

FXで自動で積立てるならレバレッジ付き定期外貨取引も、まず始めることが重要です。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

フォローいただければ、最新記事をSNSでご確認いただけますよ。