楽天証券一覧

楽天証券のマーケットスピード2の評価ってどう?メリット・デメリットは?

楽天証券では、株式のトレードツールの草分け的存在で人気の高いマーケットスピードを提供していますが、さらに進化させたマーケットスピード2がリリースされます。プロの投資家も使う取引手法を誰でも使えるようにするなど、ネット証券でも一歩先行く機能を搭載したマーケットスピード2の説明会に参加してきたのでメリットやデメリットについてまとめてみました。

投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

楽天証券はSBI証券と並んで投資信託の取り扱い数が多く、買付手数料無料のノーロードのインデックスファンドなども数多くあり、投資信託を購入するなら検討したいネット証券会社です。楽天証券の投資信託の積立は100円からと低額から行えるので、初心者の方でも始めやすく、楽天証券では楽天カードとの連携が強化されお得に投資信託の積立ができるようになるので内容について確認してみました。

楽天証券ならポイントで投資信託を通常・積立で購入可能!しかも100円から!

楽天証券では、楽天証券ポイントか楽天グループ共通の楽天スーパーポイントを貯めることができ、このポイントを利用して投資信託を通常・積立で購入(もしくは購入代金の一部)することができます。楽天証券ポイントと楽天スーパーポイントのどちらを貯めるかは選ぶことができますが、どちらを選ぶのがいいのか、また、投資信託の購入にポイントが使えるサービスとはどのような内容なのか確認してみました。

楽天証券のマーケットスピードってどう?実質無料で利用するには?

株式のトレードツールの草分け的存在で、いまだに人気が高いのが楽天証券のマーケットスピードです。マーケットスピードを使いたいがために楽天証券に口座開設する方がいるほどの人気があり、多機能でありながら操作が簡単ということで初心者から中上級者まで幅広い人気を誇ってますが、実際のところ使いやすいのか、無料で利用するためにはどういう条件は満たす必要があるか確認してみました。

楽天証券が確定拠出年金(iDeCo)に参入!SBI証券を一歩リードか?

ネット証券で確定拠出年金(401K)へ参入していたのはSBI証券のみで、その他は大手都市銀行や地方銀行、大手証券会社、生損保保険、ゆうちょ銀行などの金融機関でしか利用できませんでした。そのためコスト競争も起きておらず、選ぶならSBI証券とスルガ銀行の一騎打ちだったのですが、2017年の法改正を前に楽天証券も参入してきましたので内容確認してみました。

楽天証券の楽ラップとは?低コストのラップ口座だけど評価は?

楽天証券が新たなサービスとして楽ラップというサービスを開始しました。今までのラップサービスは、初期費用が数百万円からで管理手数料だけでも2%程度と富裕層向けのサービスでしたが、初期費用を大幅に抑え業界最低水準の手数料でサービスを開始しました。ロボによるアドバイスとのことですが、利用する価値があるのか内容について確認してみました。

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!今月は設定件数をチェック!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回から設定件数をチェックします。 設定金額だと金額が大きい人が多ければランキング上位に来てしまうので、設定件数なら少額でも積立設定している人が多いということなので人気につながると思いますので。 直近では日経平均は下落しましたが、その後また戻しているような横這い的な動きをしている中ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!

楽天証券では、取り扱ってる投資信託の数は約2,600本、買付手数料が無料のノーロード投資信託も約1,300本を超えるなど、業界でもトップレベルの取り扱い数となっています。低コストインデックスファンドを含め投資信託を保有するだけでポイントがもらえ、お得に購入することができます。そんな楽天証券で購入するのにおすすめの投資信託を紹介したいと思います。

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!ランキングに変化が!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回ランキングにいろいろ変化がありました。 直近では日経平均が下落し、米ドル円も円高に振れている状況の中、投資家の方たちはどのような投資信託に投資をしているのでしょうか? ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

楽天グループの楽天証券と楽天銀行は「マネーブリッジ」という口座連携サービスを提供していて、普通預金の金利が0.1%と三大メガバンクの100倍の金利と国内でも最強レベルの金利となります。リスクなく誰でもお得になる「マネーブリッジ」や、さらに楽天証券での取引で楽天スーパーポイントがもらえる「ハッピープログラム」について内容を確認してみました。