ファンディーノ(FUNDINNO)の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

ファンディーノ(FUNDINNO)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスで、IPOする前のベンチャー企業(非上場企業)への投資が行えるサービスです。

投資した企業がIPOや事業売却されれば大きな利益が期待できますが、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認してみました。

株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みで、2015年5月に金融商品取引法等の改正等により創設された仕組みです。

株式投資型クラウドファンディングが制度化されたため、非上場株式の売買ができたグリーンシートは2018年3月に廃止され、グリーンシート銘柄の取引は出来なくなりました。

株式投資型クラウドファンディングでは金融商品を取り扱うため、金融商品取引法の規制対象となり、日本証券業協会の自主規制の対象にもなっていて下記のような規制があることが特徴です。

  • 株式投資型クラウドファンディングにおいて取り扱う株式とその株式を発行する会社の財務状況、事業計画の妥当性や資金使途等を審査し、適当と認めたもののみを取り扱う
  • 同一の会社が資金調達を行うことができる金額は、1年間に1億円未満
  • ウェブサイトを閲覧させる方法又は電子メールを送信する方法によってのみ投資勧誘が認められていて、電話や訪問による投資勧誘は禁止
  • 投資家が投資できる金額は同一の会社につき1年間に50万円以下
  • 株式投資型クラウドファンディングで取り扱う株式及びその株式を発行する会社の概要や、資金調達等の内容をウェブサイトにおいて公表する

非上場株式等の募集を行うには、第一種少額電子募集取扱業の登録が必要となります。

参考 株式投資型クラウドファンディングでは、エメラダ・エクイティというサービスもあります。

⇒ エメラダ・エクイティの評価・評判!ベンチャー企業に低額投資!

ファンディーノ(FUNDINNO)とは?

ファンディーノ(FUNDINNO)は個人投資家がベンチャー企業に投資できる株式投資型クラウドファンディングで、株式会社日本クラウドキャピタルが運営しています。

基本情報

社名 株式会社日本クラウドキャピタル
設立日 2015年11月26日
代表者 柴原 祐喜(CEO)
大浦 学(COO)
資本金 3億9360万1570円(別途資本準備金:1億7840万1470円)
金融商品取引業 第一種少額電子募集取扱業者
関東財務局長(金商)第2957号
加入協会 日本証券業協会
証券・金融商品あっせん相談センター

株式会社日本クラウドキャピタルでは、この規模の会社では珍しくIRを公開していて、財務状況なども確認することができます。

参考 株式会社日本クラウドキャピタル「IR情報

株主は?

ファンディーノ(FUNDINNO)の運営会社である株式会社日本クラウドキャピタルでは、複数の事業会社からの出資を受けていて、東証一部のラクーンや、第一生命、博報堂、元ソニー会長が率いる出井伸之氏などからの出資を受けています。

出井伸之氏は顧問としても名を連ねています。

メディア実績

ファンディーノ(FUNDINNO)は下記のようなメディアに取り上げられています。

ファンディーノ(FUNDINNO)の仕組み

ファンディーノ(FUNDINNO)の概要は下記の1分程度の動画を参照してみてください。

ファンディーノ(FUNDINNO)では、非上場株式の発行によりインターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みとなっていて、投資家は気になった非上場企業に投資することにより株主として登録されます。

ファンディーノ(FUNDINNO)のメリット

非上場企業に10万円前後から投資ができる

IPO前の非上場企業への投資は、グリーンシート制度はあったものの登録されている銘柄も少なく、一般的には投資しづらい投資対象でした。

金融商品取引法等の改正により、クラウドファンディングの仕組みを利用して非上場企業への投資が可能となったので、非上場企業へ投資するハードルが低くなり、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスとしてファンディーノ(FUNDINNO)が運営を開始しています。

非上場企業への投資は、銘柄によって異なりますが大体10万円前後くらいから投資ができます。

投資した企業がIPOや事業売却されれば大きなリターンが期待できる

投資対象となる企業は非上場企業で、IPOやバイアウトを目指す企業に投資ができるので、IPOや事業売却されれば株主として大きなリターンを期待することができます。

AIやIoT、仮想通貨の基礎技術であるブロックチェーンを応用したサービスを始め、様々な技術やアイデアで企業しているベンチャー企業が登録されているので、これはと思う企業に気軽に投資することができます。

参考 投資対象となる企業の最新情報は下記の公式サイトで確認してみてください。

>> FUNDINNO(ファンディーノ)(公式サイト)

応募企業は厳正な審査により厳選

ファンディーノ(FUNDINNO)への応募企業は、個人投資家保護の観点から、詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行い、「将来的にスケールする可能性のある会社か?」「革新性はあるか?」「独自性はあるか?」といったような明確な方針に沿って厳選されます。

審査は、公認会計士・弁護士・税理士等有識者を中心としたチームで行い、多数決ではなく審査員全員一致でなければ通過することができないという厳しい審査を行っています。

資金調達後のフォローや情報発信のサポートも行う

ファンディーノ(FUNDINNO)では、応募企業に対して資金調達だけでなくその後の成長をフォローするため、事業計画と実績の管理やサポートを行ったり、追加の資金調達の提案などを行ったりしています。

また、ビジネスマッチングや、エグゼクティブ人材・技術者等の紹介といったフォローも個別に行っています。

さらに、その会社に投資して株主となった方へ向けて、その会社が定期的に情報を発信していけるようにサポートも行っています。

エンジェル税制で節税対策ができる

ファンディーノ(FUNDINNO)で投資できる企業には、エンジェル税制に対応した企業があります。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられるので、節税することができます。

参考 経済産業省「エンジェル税制のご案内

ただ、すべての企業がエンジェル税制の対象となるわけではなく、当該企業がエンジェル税制事前確認制度を利用している場合以外は判断ができず、エンジェル税制の要件を満たす企業でも、申請に要する手間や社内のリソースを鑑みて申請を見送る場合があるようなので、あまり過度な期待はしない方がよさそうです。

参考 エンジェル税制の申請を行う企業についてはプロジェクトの詳細にてその旨の記載があります。

⇒ ファンディーノ「遺伝子レベルで需要を探る!個人特性分析型AIアルゴリズム「3iエンジン」

口座開設・維持費用や株式取得のための手数料は無料

ファンディーノ(FUNDINNO)では、口座開設・維持費用はもちろん、投資した企業の株式取得に係わる手数料は無料なので、投資したい金額(株式の発行価格)のみを支払う事となっています。

ただ、投資口座への振込手数料は、投資家負担となっていますので、ネット銀行などの手数料無料(回数制限あり)サービスをうまく利用して節約したいところです。

参考 イオン銀行の普通預金金利は三大メガバンクのなんと100倍!

参考 楽天銀行のマネーブリッジで普通預金の金利を100倍に!

ファンディーノ(FUNDINNO)のデメリット

非上場株式なので流動性は低い

投資するのが非上場企業の株式となるので、流動性が低く市場で売却するようなこともできないのですぐに現金化するようなことは難しいです。

ファンディーノ(FUNDINNO)では、みらい證券と業務提携をし、非上場株式の取引・換金ニーズに応えることを目的とした株主コミュニティ制度を利用して非上場株式の流通取引・資金調達ができるようにしていこうとしています。

ただ、株主コミュニティで流動性がどのくらいあって、いくらで売却できるかなど不明な点も多いので、もしかしたら売却できるかもといった感じで考えておいた方がよさそうです。

元本保証ではない

投資なので元本は保証されてませんが、投資した企業がIPOや事業売却がされればリターンは得られますが、それらが行われなければ基本的には売却できるような市場もないので、何もリターンがない場合もあります。

投資した金額以上の資金を支払うようなことはありませんが、最悪倒産などすれば価値がなくなるのでハイリスク・ハイリターンな投資です。

審査が厳しい?

ファンディーノ(FUNDINNO)は、ネット上では審査が厳しいと噂になっていて、実際に下記のような条件に適合しているかの適合性審査を行っています。

  • 当該投資家に 1 年以上の有価証券の売買等の投資経験があること。
  • 当該投資家の金融資産が 300 万円以上であること。
  • 当該投資家の投資資金の性格が借入金でないこと。
  • 当該投資家の年齢が満 20 歳以上 80 歳未満であること。なお、登録をしていただいている投資家が満 80 歳になった時点で新たに案件へのお申込みを行うことはできません。
  • その他当社が定める事項に該当しないこと。

※ファンディーノ(FUNDINNO)「取扱要領

ハイリスクな投資のため、ある程度の基準を満たし方のみ投資ができるようにしています。

エメラダ・エクイティとの違いは?

株式投資型クラウドファンディングは、ファンディーノ(FUNDINNO)以外にもエメラダ株式会社が運営するエメラダ・エクイティというサービスもあります。

参考 エメラダ・エクイティの評価・評判!ベンチャー企業に低額投資!

ファンディーノとエメラダ・エクイティを比較すると下記のような違いがあります。

ファンディーノ エメラダ・エクイティ
投資先 株式 新株予約権
最低投資金額 10万円前後 14万円
プロの投資家も投資 一部の企業 すべての企業

ファンディーノの投資先は、株式となるので議決権や株主総会への出席が可能ですが、エメラダ・エクイティはそれらはの権利はなく、モノ言わない投資家として暖かく見守る感じです。

また、エメラダ・エクイティの新株予約権は投資開始から10年の間にIPOや事業売却がされないと新株予約権の権利が消滅し株式も金銭も受け取ることができません。

最低投資金額はファンディーノの方が低額から投資できる企業もありますが、エメラダ・エクイティとそれほど大きくは変わりません。

エメラダ・エクイティは、プロの投資家が目利きしたベンチャー企業に相乗り投資をする形となりますが、ファンディーノの方はすべてではないものの一部の企業に関してはプロの投資家も投資している案件となります。

どちらも一長一短がありますが、投資してみたいと思う企業があるかどうかかとは思うので、両方利用するというのも手かと思います。

参考 どちらも口座開設・維持費、投資する際の手数料などは無料です。

>> FUNDINNO(ファンディーノ)(公式サイト)

>> エメラダ・エクイティ(公式サイト)

評価・まとめ

ファンディーノ(FUNDINNO)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスで、IPOする前のベンチャー企業(非上場企業)への投資が行えるサービスで、下記のようなメリット・デメリットが挙げられます。

【メリット】

  • 非上場企業に10万円前後から投資ができる
  • 投資した企業がIPOや事業売却されれば大きなリターンが期待できる
  • 応募企業は厳正な審査により厳選
  • 資金調達後のフォローや情報発信のサポートも行う
  • エンジェル税制で節税対策ができる
  • 口座開設・維持費用や株式取得のための手数料は無料

【デメリット】

  • 非上場株式なので流動性は低い
  • 元本保証ではない
  • 審査が厳しい?

ハイリスク・ハイリターンな投資とはなりますが、今まで投資しづらかったベンチャー企業への投資が手軽にできるので、今後の成長が見込めるベンチャー企業に夢を託すことができる面白い投資かと思います。

非上場企業に投資ができるファンディーノ(FUNDINNO)

口座開設・維持費、株式取得のための手数料は無料です。

>> FUNDINNO(ファンディーノ)(公式サイト)