ソーシャルレンディングとは?高利回りだけどリスクは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

social-lending

ソーシャルレンディングは金融型クラウドファンディングと呼ばれ新しい投資手法として注目されています。

高利回りということもあって気になっている方も多いと思いますが、まだ歴史の浅い投資手法ということで、どのようなリスクがあるのか把握してないと投資するのはちょっと怖いですよね。

そんなソーシャルレンディングのリスクについて解説します。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは「ネット上でお金を借りたい人、企業」と「ネット上でお金を貸したい人、企業」とを結びつける融資仲介サービスです。

当初はが個人と個人がネット上で小口の融資を行えるソーシャルレンディングの原型となるサービスを2005年にイギリスのZopaが始めました。

ただ、その後法整備などの問題から個人間の融資を行うサービスは撤退や休止状態となっています。

代わりに国内では、投資家から集めた資金を企業に融資をして配当や分配を出すサービスが一般的となっていて貸付型・ファンド型と言われるサービスが成長してきていて下記のような仕組みとなっています。

social-lending1

国内では、出資ではない融資を行う場合、貸金業としての登録が必要で、また、不特定多数から出資を集めて融資の仲介を行うためには、匿名組合出資契約を募集するための第2種金融商品取引業の登録も必要となっています。

ソーシャルレンディング事業者はこの両方の2つの登録が必要となります。

匿名組合出資契約とは?

出資者(匿名組合員)が特定の営業者(ソーシャルレンディング事業者)の営業のために出資し、その営業より生じる利益の分配を受ける契約をすることを言います。出資者と営業者の個別契約なので、出資者間での利害関係は発生しません。また、出資しているソーシャルレンディング事業者からその先の融資先への出資者の匿名性が保たれ、投資リスクは出資額の範囲内に限定されます

なんでこんな仕組みになってるの?

貸し手の個人が直接、借り手に対してお金を貸してしまうと貸金業者という扱いになってしまい、貸金業法上の貸金業登録が必要になってしまいます。

そのため、投資家はソーシャルレンディング事業者と匿名組合契約を結ぶことにより、ソーシャルレンディング事業者が融資をする企業からは出資はわからないようになっていて、投資家からは出資する企業がわからないようになっています。

このような仕組みにすることにより投資家が貸金業法に違反することを防止し、ソーシャルレンディングという新しい投資方法ができるようになっています。

投資家のメリットは?

  • 5~6%を中心に高利回りの案件が多い
  • 1万円からの少額投資が可能で、分散投資が可能
  • 投資する案件によっては毎月分配金をもらえる
  • 基本的に株式などの相場との相関関係がない
  • 1ヶ月だけの融資など短期間の案件などもある

投資家から見るとやはり低額で高利回りの融資ができる点が一番のメリットではないでしょうか。

また株式などの相場と相関関係がないので、サテライト投資として銀行の普通預金に預けてあるような働いていないお金を短期に働かせるのに向いている投資手法です。

期間が長いとその分利回りもいいのですが、リスクも高くなりますが、1ヶ月や3ヶ月など短い期間で運用が終わるような案件もあり、その分利回りも下がりますがリスクも下がります。

リスクが高いなと思う方は期間が短い案件を中心に投資をしてみてもいいと思います。それでも銀行や国債などに預けるより全然高利回りですからね。

気を付けたいのは高利回りということはリスクがあるということですので、大きく投資するのではなくあくまでサテライト投資としての利用をおすすめします。

借手のメリットは?

  • 低金利での借入が可能
  • 銀行の融資基準を満たせなくても借入が可能
  • 融資審査が短い

ソーシャルレンディング事業者はインターネットを活用して投資家と借手を結びつけるため、通常の借入および貸付事業に比べるとコストを抑えられるので、低金利での貸付することができます。

また、一般的に企業の借入先といえば銀行ですが、利益率が高くても起業して間もない会社や中小企業などは銀行の融資基準を満たせず、ノンバンクのような年利15%~20%のような金利で融資を受けないといけません。

お金お借りたときの金利が高いと結局利益は減ってしまいますし、下手をするとマイナスにもなりかねませんが、ソーシャルレンディングのような低金利で融資が受けられればメリットは大きくなります。

もう一つ大きなメリットが、融資までの審査期間が短いことです。

銀行の場合融資審査は1~2ヶ月かかりますが、ソーシャルレンディングでは数日で融資実行が可能となっています。

そのため、長期資金は銀行から、短期資金はソーシャルレンディングでという流れが徐々に企業経営者のなかで浸透してきているようです。

投資家からみたソーシャルレンディングのリスクは?

  • 元本保証ではない(貸倒リスク)
  • 各案件の運用はソーシャルレンディング事業者に委ねるので指図できない
  • 原則途中解約はできない
  • 具体的な投資先がわからない

元本保証ではない(貸倒リスク)

原則元本は保証されていません。

ソーシャルレンディング事業者を通じて融資した案件が、貸倒となるリスクがあります。

最近では不動産などの担保をつけて貸倒リスクを低減させている案件も増えてきていますので、不安な方はそのような案件を選ぶのがいいですね。

ちなみにいままで資金が回収できなかった事例は報告されていないようです。

各案件の運用はソーシャルレンディング事業者に委ねるので指図できない

投資家とソーシャルレンディング事業者は匿名組合契約のため、案件の運用について投資家がものをいうことができません。

そのため利回りの実現性はソーシャルレンディング事業者の腕次第ということになります。

原則途中解約はできない

ほとんどの案件で途中解約はできないので、融資期間や融資する金額などは慎重に考えてください。

具体的な投資先がわからない

ソーシャルレンディングの仕組み上、投資家が貸金業法に違反することを防止するためなので、これはしょうがないです。

ただ、各社案件の詳細について積極的に情報を開示していますので、しっかり確認したうえで融資をおこないましょう。

まとめ

ソーシャルレンディングは、投資家から見ると新たな高金利の投資手法が増え、借手から見ると新たな借入先が増えるなどお互いにメリットがある仕組みです。

投資家から見ると具体的な投資先が見えないので、貸倒リスクがどの程度あるのかわからないなどリスクがあることも確かです。

ただ、最近はこの貸倒リスクについては不動産などを担保にしている案件も多く、かなりリスクは低減されているものが多いので、そのような案件なら比較的投資しやすいです。

高金利の投資手法をみすみす見逃して、普通預金や定期などに預けていてもお金は一向に増えることはありません。

まずは、低額で短期で運用が終わるリスクが低い案件から投資を始めてみてはいかがでしょうか

ただ、そのような案件はやはり人気も高いのですぐに募集が終わってしまう場合がありますので、ソーシャルレンディング事業者の口座開設だけは済ませておくのがおすすめです。

1ヶ月で3%といった短期案件も登場するのでチェックしましょう!

最低10万円からとはなってしまいますが、1ヶ月で3%3ヶ月で7%などの案件が登場しますがすぐ売り切れてしまう場合があるのでまず口座開設して準備しておきましょう。

口座開設・維持費用はもちろん無料です。

>> みんなのクレジット(公式サイト)

不動産に特化し6~10%の高金利で安全に運用するなら!

不動産に特化し、全案件安心の不動産担保付きです!高利回りなのですぐに募集が締め切りとなってしまうので事前の口座開設は必須ですよ。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> ラッキーバンク(公式サイト)