NISA一覧

NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?

SBI証券が米国株式・ETF定期買付サービスを開始しました。通常の投資信託ではインデックスファンドの信託報酬の引き下げにより低コストで投資ができるようになりましたが、さらに低コストな米国ETFで自動で積立できるようになると利便性が上がりますが、どんな内容のサービスなのか確認してみました。

NISA(ニーサ)口座って変更できるの?デメリットはあるの?

NISAは2014年1月から始まった新しい制度「小額投資非課税制度」のことで既に口座を開いている方も多いかと思います。NISA口座は国内に1人1口座しか持てず、当初金融機関の変更ができなかったのですが、2015年から毎年条件を満たせば金融機関を変更することができるようになりました。 各金融機関のサービスも異なっているので有利な金融機関で取引しましょう。

NISAで非課税の設定してる?70%の人が損する設定らしいので注意!

NISAといえば今年から120万円まで枠が拡大し、その枠の中では通常20%課税されるところが非課税となるということで利用している方も多いでしょう。 ただこのNISAですが、設定を間違っていると株式の配当が非課税とならず、実に70%もの人が損する設定をしているらしいです。 3月末は配当が確定する銘柄が多いので、事前にチェックしておきましょう!

NISAとは?メリット、デメリットを理解して有効に使おう!

NISA口座って名前は知ってるけど実際のところメリット、デメリットを理解できてますか?資産運用や投資においてちゃんと活用することによって非常にメリットが大きいだけに面倒だとか思わずうまく活用したいところです。まだ活用できてない方、これから活用しようとしている方はメリット、デメリットを理解して有効に利用できれば将来のリターンが大きく変わりますよ!

海外ETFが身近になった?NISA口座なら手数料などがお得に!

インデックス投資は、保有中のコストが長期的なリターンに影響がでるので、少しでもコストが安いものを探され、海外ETFを検討されてる方も多いのではないでしょうか? 海外ETFはコストが安いのですが、購入するにはいくつかのハードルがありました。 ただ、海外ETFの購入のハードルを下がってきています。特にNISA口座を使うとお得に購入できるようになったので解説したいと思います。