岡三オンライン証券の評価・評判!押さえておきたい穴場の証券会社?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

創業90年の岡三証券グループでネット専業の証券会社が岡三オンライン証券です。

2006年から営業開始ということで、ネット証券では後発組ですが岡三証券のノウハウを活かしたサービスを提供しています。

特に株式に関しては他社にはないサービスを提供していて、IPO投資する方にはうれしいサービスも提供しているので、サービス内容を確認してみました。

岡三オンライン証券ってどんな会社?

創業90年の老舗で、準大手証券会社の一角の岡三証券を中核とした岡三証券グループのネット専業の証券会社が岡三オンライン証券です。

岡三証券といえば「情報の岡三」として情報力に定評があり、約40年東証一部上場企業として今では岡三証券グループとして純資産総額が約1,700億円と信用力も抜群です。

岡三証券は総合証券として様々な金融商品を取り扱ってますが、岡三オンライン証券は下記の金融商品を取り扱ってます。

  • 国内株式、国内ETF
  • 外国株式:中国株(香港)
  • FX(外国為替証拠金取引)(店頭FX、取引所FX「くりっく365」)
  • 投資信託
  • 日経225先物、オプション
  • 取引所株価指数証拠金取引(「くりっく株365」)

また、株式取引の手数料は下記の様になっています。

okasan-online-sec-reputation4

10万円までなら業界でも最安水準ではありますが、それ以上の場合は普通といった感じでしょうか。

岡三オンライン証券のメリットは?

  • ネット証券No1の株式トレードツール!株の自動売買も!
  • 「情報の岡三」の岡三証券のレポートが無料で読める!
  • IPO投資の穴場証券!しかも資金がなくてもIPOの抽選に参加可能!
  • コールセンターの稼働状況を公開しているのでいらいらが減る!

ネット証券No1の株式トレードツール!株の自動売買も!

「みんなの株式」ネット証券ランキングでトレードツール3年連続で1位を獲得するほどユーザからの評価は高く、初心者から上級者まで満足いくツールを提供しています。

okasan-online-sec-reputation1

(引用元:みんなの株式)

トレードツールは、PC版だけでなくスマホやタブレット、ガラケーなどにも対応したツールもありますが、ここではPCに対応したツールについて紹介します。

岡三ネットトレーダーシリーズ

岡三ネットトレーダーには大きく分けて3つのシリーズがあります。

  • 岡三ネットトレーダープレミアム:最上位版
  • 岡三ネットトレーダー:スタンダート版
  • 岡三ネットトレーダーライト:日本株のみ

スタンダード版でも充分な機能を持っていますが、本格的に株取引をやるならプレミアム版がおすすめです。

プレミアム版は投資情報がより充実していて、「注目銘柄」として決算発表銘柄や新規上場銘柄、ストップ銘柄などがすぐに確認でき、「企業分析ナビ」では、選択した銘柄の財務・業績情報、業績予測、目標株価などの情報もすぐに確認できます。

それ以外にもバックテスト機能がついていて、ルールに沿って売買した場合の収益や累積収益率等も確認出来たりします。

参考 岡三ネットトレーダーシリーズの機能詳細の違い

岡三ネットトレーダーライトは無料ですが、プレミアム版とスタンダート版はそれぞれ980円/35日、480円/35日の利用料金が掛かります。(初回は60日間無料で利用することができます)

ただ、この費用は前月約1ヶ月間の手数料実績がプレミアム版とスタンダート版はそれぞれ980円、480円以上であれば無料となります。

岡三オンライン証券の株取引の手数料は業界でも低い水準ですが、10万円以下の銘柄を月に10回以上取引するようならプレミアム版を、月に5回程度であればスタンダード版が無料で利用できるので、積極的に利用しましょう。

岡三ネットトレーダーWEB2

上記の岡三ネットトレーダーシリーズは専用のアプリケーションなので、インストールなどが必要ですが、こちらはWEBブラウザで利用できるので特にインストールなど必要ありませんし、無料で利用できます。

プレミアム版で参照できる「企業分析ナビ」はWEB版でも見れたりします。

操作性はやはり専用アプリケーションの方が上ですが、取引を頻繁に行わないのであれば基本的な機能は備わってるのでこちらでも充分です。

岡三RSS

岡三RSSはEXCELから直接株式の売買を行えるツールです。

株式の情報をEXCELで管理している方は多いと思いますが、そのEXCELで直接株式の注文ができてしまいます。株価をリアルタイムに更新もできるのでEXCELを使っている方には非常に便利なツールとなっています。

もちろんEXCELの関数の知識は必須となりますが、あまり難しくないので初めてやる方でも充分マスタできるレベルかとは思います。

参考 岡三RSSの詳細はこちら(動画やマニュアルなどが揃ってます)

便利ツールなだけに5,000円/35日の利用料金がかかりますが、前月約1ヶ月間の手数料実績が2,000円以上なら無料となるので、システム的にトレードしたい方ならこのくらいの手数料はすぐいってしまうので、自分独自のトレードルールを作ってみてはいかがでしょうか。(無料期間も90日と長めに設定されているのでいろいろ試せますよ)

岡三かんたん発注

株式初心者の方などあまり複雑な機能はいらないなんて方には、このツールがおすすめです。

okasan-online-sec-reputation2

WEBブラウザで動く無料のツールで、かんたん・お手軽・やさしく発注というコンセプトで使いやすいツールです。

老眼の方(私もですが・・)にはボタンが大きく字がみやすいのは、よくある誤発注の防止などに役立つので、誤発注の経験がある方などはぜひ利用してみてください。

しかもシンプルにも関わらず、発注画面では板情報も確認できますし、投資情報としてチャートや基本的な銘柄情報、PC版なら株主優待情報やランキングもチェックできるので株初心者の方ならこのツールでも充分ですね。

参考 岡三オンライン証券の詳細を確認したい方はこちらで確認してください。

>>  岡三オンライン証券 (公式サイト)

「情報の岡三」の岡三証券のレポートが無料で読める!

口座開設後には下記の様に岡三証券のレポートが無料で読むことができます。

okasan-online-sec-reputation3

投資情報は読むだけで勉強になるので、投資するしないにかかわらず目をとおしておきたいところです。

IPO投資の穴場証券!しかも資金がなくてもIPOの抽選に参加可能!

株式投資で初心者でも勝ちやすいIPO投資ですが、岡三オンライン証券はIPO投資の穴場的存在と言われています。

参考 IPO投資については下記も参考にしてみてください。

⇒ 株初心者でも利益が出やすいIPO投資とは?誰でも稼げるって本当?

IPOは各証券会社に一定数割り当てられますが、割り当てが多い証券会社はすでに人気も高く、例えばSBI証券だと350万口座あるのでライバルが多くなります。

岡三オンライン証券は、口座開設数は12万5千口座と数が少ないため割り当てはあまり多くはありませんが、ライバルも少ないので当選確率は高くなるというわけです。

しかもIPOに申し込む際にほとんどの証券会社では、入金が必要な「完全前受制」ですが、岡三オンライン証券では申込時に資金は必要ありません

当選したら入金すればいいので、資金が少ない方でもとりあえず申込だけして、当選したら資金移動させればいいので資金効率がいいですよ。

参考 岡三オンライン証券の詳細を確認したい方はこちらで確認してください。

>>  岡三オンライン証券 (公式サイト)

コールセンターの稼働状況を公開しているのでいらいらが減る!

証券会社へ問い合わせするときにコールセンターを利用される方も多いと思いますが、結構電話問い合わせってつながりにくくていらいらすることありませんか?

岡三オンライン証券ではコールセンターの稼働状況が公開されているので、つながりやすい時間帯を狙って電話すればイライラ解消になりますね。

okasan-online-sec-reputation5

受付時間は月~金(年末年始・祝日を除く)の8:00~17:00までとなっています。

岡三オンライン証券のデメリットは?

  • 投資信託の取扱数は少ない
  • 取扱金融商品が少ない

投資信託の取扱数は少ない

投資信託の取扱数は少なく167本となっていて、そのうちノーロードは55本というラインアップです。

ネット証券大手のSBI証券や楽天証券では取扱数は2,000本以上でノーロードも1,000本近いので数はかなり少ないと言えます。

ただ、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」やiFreeシリーズの「iFree外国株式インデックス」「iFree外国債券インデックス」などは取り扱っていてそんなに悪くないラインアップだとは思うのですが・・。

参考 ニッセイ外国株式インデックスファンドってどう?利回りは?

参考 iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

取扱金融商品が少ない

国内株式にはかなり力を入れてツールの改良や各種情報は充実していますが、債券は取扱はないですし、外国株も中国株(香港)のみと他の大手ネット証券会社と比較すると金融商品が少ないのは否めません。

ただ、取り扱ってる金融商品についてはかなりこだわってツール等環境を整えていってくれているので、特に国内株式に投資をしたい方は口座開設しておきたい証券会社です。

まとめ

創業90年の老舗で、準大手証券会社の一角の岡三証券を中核とした岡三証券グループのネット専業の証券会社が岡三オンライン証券です。

岡三証券といえば「情報の岡三」として情報力に定評があり、約40年東証一部上場企業として今では岡三証券グループとして純資産総額が約1,700億円と信用力も抜群です。

主に国内株式が主力の商品で、「みんなの株式」ネット証券ランキングでトレードツール3年連続で1位を獲得するほどトレードツールはユーザから高い評価を得ています。

「情報の岡三」だけあって投資情報は充実していて、それを読むだけでも価値があります。

そんな岡三オンライン証券で最もおすすめなのはIPO投資で、口座開設数が他のネット証券と比較すると少ないので当選確率は高いです。

しかも、IPOに申し込む際にほとんどの証券会社では、入金が必要な「完全前受制」ですが、岡三オンライン証券では申込時に資金は必要ありません
手数料無料の即時入金サービス提携銀行はこちら

資金が少ない方でもとりあえず申込だけして、当選したら資金移動させるといったやり方ができるので資金効率もいいのでIPO投資やるなら岡三オンライン証券は押さえておきたいです。

国内No1のトレードツールで快適に国内株式を取引するなら!

初心者でも勝ちやすいIPO投資を行う際にも穴場的な証券会社で当選確率を上げましょう。もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>  岡三オンライン証券 (公式サイト)