iDeCo

マネックス証券

マネックス証券のiDeCo(イデコ)でおすすめの商品は?手数料はかかる?

iDeCo(イデコ)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託などから自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金に加えて給付を受けられる制度で、大きな節税メリットがあるのが特徴です。iDeCoは各証券会社によって取り扱っている金融商品は異なりますが、マネックス証券のiDeCo(イデコ)はどのような商品を扱っていて、どのような特徴があるのか確認してみました。
資産運用

NISA・つみたてNISA(積立NISA)・iDeCoを比較!どれがおすすめでお得?

投資をする際に節税効果を得られる制度として、NISA・つみたてNISA(積立NISA)・iDeCo(イデコ)といった制度がありますが、それぞれの違いとは一体何でしょうか?それぞれの制度にははどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。
2020.11.18
資産運用

大和証券のiDeCoでおすすめの商品ってある?手数料はかかる?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託など自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金にプラスして給付を受けられる制度で、大きな節税メリットがあります。 国内...
資産運用

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は2017年1月に法改正により加入資格が大幅に緩和され、ほとんどの方が加入対象となりました。 ただ、節税効果が最強の確定拠出年金にもやはりデメリットはありますので、ちゃんと理解した上でうまく活用していき...
2018.10.15
松井証券

iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、節税効果は年率30%の投資効果と同等レベルとメリットが大きく、2017年1月に加入対象者が拡大されほとんどの方が利用できます。 しかも、投資をしている人だけにメリットがあるわけではなく所得税を支払っ...