iDeCo一覧

NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が強化!どんなサービス内容?

2017年の法改正で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる対象者が大幅にふえ、加入するだけで、年利30%の利回り同様の節税効果がある投資方法ということもあり、投資をしたことがない方にも注目されています。楽天証券がコスト最安値で参入してきたと思ったら、すでにサービスを始めているSBI証券も負けじとサービス強化をしてきましたので、内容を確認してみたいと思います。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

確定拠出年金(401K)は2017年1月に法改正により加入資格が大幅に緩和されるので、今までは対象外であきらめてた方も是非チェックしてみてください。ただ、節税効果が最強の確定拠出年金にもやはりデメリットはありますので、ちゃんと理解した上でうまく活用していきたいところです。ここでは個人型確定拠出年金についてのメリット・デメリットを解説します。

楽天証券が確定拠出年金(iDeCo)に参入!SBI証券を一歩リードか?

ネット証券で確定拠出年金(401K)へ参入していたのはSBI証券のみで、その他は大手都市銀行や地方銀行、大手証券会社、生損保保険、ゆうちょ銀行などの金融機関でしか利用できませんでした。そのためコスト競争も起きておらず、選ぶならSBI証券とスルガ銀行の一騎打ちだったのですが、2017年の法改正を前に楽天証券も参入してきましたので内容確認してみました。