GMOコインの評価・評判!手数料などどんな特徴がある?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

GMOコインは、その名の通りGMOグループの会社で同じグループ会社にはFXで有名なGMOクリック証券があり金融サービスを提供している実績があり安心感があります。

そんなGMOコインは金融庁に認可された仮想通貨の取引所の一つでもありますが、手数料などどのようなサービスが提供されているか内容を確認してみました。

参考 仮想通貨の取引所で金融庁の認可を受けたのは?これで安心?

GMOコインって?

基本情報

社名GMOコイン株式会社
設立日2016年10月
代表者石村富隆
資本金17億5800万円(資本準備金含)
登録仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00006号)

主要株主

東証一部上場の「GMOインターネット株式会社」やFXで取引高5年連続世界一であるGMOクリック証券などを傘下に持つ「GMOフィナンシャルホールディングス株式会社」が株主となっていてGMOインターネットグループの仮想通貨取引所を担うのがGMOコインです。

参考 FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の違いって?スプレッドやスワップは?

セキュリティ施策

GMOコインでは下記のセキュリティ施策がとられていて、GMOクリック証券などを運営するGMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウが生かされています。

【分別管理】

仮想通貨交換業者は、利用者から預かった金銭・仮想通貨と、事業者自身の金銭・仮想通貨とを明確に区分して管理することが義務づけられているので、もちろん分別管理がされています。

(引用元:GMOコイン「セキュリティ」)

【仮想通貨の盗難対策】

仮想通貨は取引所は、外部や内部の盗難対策として「コールドウォレット」「マルチ・シグネチャ(マルチシグ)」で対策をしているところが多く、GMOコインももちろん下記のような対策を行っています。

(引用元:GMOコイン「セキュリティ」)

【本人確認の徹底】

本人確認の徹底として下記の一般的な対策がとられていて、特に日本円の出金・仮想通貨の送付を行う際には「2段階認証」による本人確認を必須としている点は設定漏れなどなく安心です。

(引用元:GMOコイン「セキュリティ」)

入出金

日本円の入金方法は「即時入金」「振込入金」に対応していて、「即時入金」の場合は手数料無料となり、「振込入金」の場合は手数料が必要となります。

「即時入金」に対応している金融機関は下記となり、最低入金額は1,000円となります。

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ペイジー

ペイジーを利用すれば下記の金融機関のネットバンキングが利用できますが、ペイジー入金額相当の仮想通貨の送付が7日間制限される点は注意が必要です。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

日本円の出金は手数料無料で、最低金額は10,000円/回(全額出金の場合、出金額に制限はなし)となります。

また、仮想通貨の預入・送付の手数料は無料となっています。(預入時のマイナーに支払う手数料は発生する)

GMOコインのサービスって?

GMOコインが提供する主なサービスは下記となります。

  • 仮想通貨現物売買:仮想通貨の販売所
  • 仮想通貨FX:仮想通貨の証拠金取引

仮想通貨現物売買の特徴とは?

GMOコインの仮想通貨現物売買は、取引所ではなく販売所となり下記のような違いがあります。

(引用元:GMOコイン「取引所とのちがい」)

取引する際のコストとして、「取引手数料」「スプレッド」がありますが、一般的にコストが安いのは取引所となるので安く買いたい場合は取引所の方が有利です。

ただ、上記にあるように購入金額が高額の場合は販売所の方が有利となる場合もあり、ビットコインの様に流動性が高ければ取引所の方が有利ですが、その他アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のような流動性が低い仮想通貨の場合は、販売所であれば確実に売買できるというメリットがあります。

取り扱い仮想通貨

GMOコインの取り扱い仮想通貨は下記となっています。(2018年1月時点)

最小注文数量最大注文数量
ビットコイン(BTC)0.0001BTC1BTC
イーサリアム(ETH)0.01ETH5ETH
ビットコインキャッシュ(BCH)0.01BCH3BCH
ライトコイン(LTC)0.1LTC15LTC
リップル(XRP)30XRP※2,000XRP

※最小注文単位は1XRP

すべて決済通貨は円のみとなっています。

取引手数料

GMOコインの仮想通貨現物売買での取引手数料はどの通貨でも無料となっています。

その他取引概要

取引時間24時間365日(メンテナンス時を除く)
最大保有数量制限なし
受渡日即時受渡(約定日と同日)

仮想通貨FXの特徴とは?

GMOコインの仮想通貨FXは、レバレッジをかけて取引ができる仮想通貨の店頭証拠金取引で、仮想通貨自体の受渡しを行わずに、売買した価格差に相当する日本円の受渡しのみで決済する「差金決済取引」となります。

取引手数料は無料

GMOコインの仮想通貨FXでは、新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて取引手数料は無料となっています。

レバレッジ取引が可能で数百円から取引可能

取引ができる通貨ペアはBTC/JPYのみとなり、レバレッジは最大25倍までの取引ができます。

参考 レバレッジについてはFXでの記事ですが考え方は同じですので下記を参考にしてみてください。

⇒ FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

最低0.01BTCから取引ができるので、数百円から取引することが可能です。(レバレッジ25倍の場合)

追加証拠金制度はない

GMOコインではロスカット制度を採用していて、追証(追加証拠金)制度はありませんが、ロスカットの執行が行われ、口座に不足金が発生した場合には不足分が請求されます。

追証は、信用取引や先物取引・FXといった証拠金取引の場合、追証判定時に保証金維持率が一定の比率を割り込んだ場合に期日までに追加で入金するか、ポジションの全部または一部を決済し、追加証拠金(追証)を解消する必要があります。

そのため、追証制度がない場合は、保証金維持率が一定の比率を割り込んでも追加入金する必要がなくなるだけで、ロスカットされて口座がマイナスとなった場合には追加入金が必要となります。

参考 先物証拠金取引になりますが、ビットバンクトレードはロスカットされて口座がマイナスとなっても追加入金が必要ない仕組みとなっています。

⇒ ビットバンク(bitbank)の評価・評判!手数料とかどんな特徴がある?

GMOコインでは、証拠金維持率が100%を下回った場合ロスカットアラートが発生し、証拠金維持率が75%〜85%を下回った場合ロスカットとなります。

ロスカットはレバレッジによって、自動ロスカットが執行される証拠金維持率が下記の様に異なります。

  • 5倍:75%
  • 15倍:80%
  • 25倍:85%

専用のスマホアプリを提供

GMOコインの仮想通貨FX専用に「ビットレ君」というスマホアプリが提供されています。

GMOクリック証券のFXのスマホアプリと似たような感じで、スピード注文もでき9種類のテクニカル指標も利用することができます。

その他取引概要

取引時間24時間365日(メンテナンス時を除く)
保有建玉上限※10BTC
注文方法成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO
受渡日即時受渡(約定日と同日)
レバレッジ手数料0.05% / 日

※有効注文の数量と保有建玉数量の合計。両建てしている場合は、買い・売りの数量差(ネット方式)を基準

まとめ

GMOコインは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して取引ができる環境を提供している、金融庁に認可された仮想通貨の取引所の一つです。

GMOコインでは、仮想通貨の販売所と仮想通貨の証拠金取引ができるサービスを提供しています。

販売所は取引所と比較すると取引コストが大きくなりますが、購入金額が高額の場合は販売所の方が有利となる場合もあり、アルトコインのような流動性が低い仮想通貨の場合は、販売所であれば確実に売買できるメリットがあります。

ビットコインをレバレッジをかけて取引ができる証拠金取引(ビットコインFX)のサービスもあるので、取引スタイルによって使い分けてください。

懸念点としてシステム障害がたまに発生しているので、今後のシステム増強に期待したいところです。

東証一部上場のGMOインターネットグループの仮想通貨取引所はGMOコイン!

今なら口座開設を完了すればビットコイン20,000Satoshi(1Satoshiは0.00000001BTCなので、0.0002BTC)がもらえます。

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> GMOコイン(公式サイト)