日経225ノーロードオープンの評価ってどう?利回りや実質コストは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

日経225ノーロードオープンは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデクスファンドです。

純資産残高が約2,000億円とインデックスファンドでは多くの資金を集めているファンドですが、どんな内容のファンドで、過去の利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

日経225ノーロードオープンの特徴

投資対象

日経225ノーロードオープンは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデクスファンドです。

一部信用リスクが高いと思われる銘柄は投資対象から除外する場合がありますが、日経225採用銘柄から、200銘柄以上に等株数投資を行います。

日経平均は東証一部に上場する銘柄から日本経済新聞社が選んだ225銘柄の株価を平均した指数なので、株価の高い銘柄(値がさ株)に影響を受けやすいのが特徴で、業種間のバランスを考慮しながら年に一度定期的に見直しが行われます。

もう一つの代表的な株価指数であるTOPIXは東証一部上場の全銘柄の時価総額(株価×発行済み株式数)の変化を指数化したものとなるので、時価総額の高い銘柄の影響を受けやすいという特徴がありますが、分散性という観点では日経平均より優れています。

参考 国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

※下記は日経225ノーロードオープン「月報(2019年6月)」からの情報です。

ポートフォリオ構成

日経225ノーロードオープンの特徴

組入上位10業種

日経225ノーロードオープンの特徴

組入上位10銘柄

日経225ノーロードオープンの特徴

ファンドの仕組み

日経225ノーロードオープンは特にマザーファンドなどはなく、直接株式に投資する方式となっています。

日経225ノーロードオープンの特徴

購入時手数料・信託報酬(実質コスト)などのコスト

購入時手数料なし
信託報酬(税込)0.864%
実質コスト(税込)0.871%
信託財産留保額なし

分配金

過去3年では分配金は出されていませんが、過去には分配金を出したときもあったようです。

日経225ノーロードオープンの特徴

つみたてNISA(積立NISA)・iDeCo対応状況

日経225ノーロードオープンはつみたてNISA対象外で、iDeCoで取り扱っているネット証券もないようです。(iDeCoではSBI証券が取り扱っていましたが、除外予定ファンドとなっています)

参考 NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

過去の運用成績(リターン・リスク)

リターン・リスク

1年3年(年率)5年(年率)10年(年率)
リターンー3.27%
(79位)
12.23%
(77位)
8.11%
(78位)
8.92%
(70位)
リスク(標準偏差)19.53
(98位)
14.28
(120位)
16.12
(103位)
17.81
(89位)
シャープレシオー0.17
(81位)
0.86
(75位)
0.50
(78位)
0.50
(74位)
対象ファンド数※214本191本145本116本

※:「国内大型グロース」カテゴリ

基準価額騰落率

ファンドベンチマーク
1ヶ月+3.40%+3.28%
3ヶ月+0.37%+0.33%
6ヶ月+7.05%+6.30%
1年ー3.27%ー4.61%
2年+8.81%ー6.20%
3年+41.36%+36.59%

※日経225ノーロードオープン「月報(2019年6月)」より
※ファンド設定日は1998年8月21日
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果は保証されません

基準価額・純資産の推移

日経225ノーロードオープンの特徴

所感

ファンドが設定されて約21年が経過していますが、設定来だと+50.96%となっているので、単純な年率平均は約2.4%となっていて、ベンチマークより良いパフォーマンスとなっています。

運用報告書によるとベンチマークとの差異の要因は、保有株式の配当金の計上によるものとの記載があるので、本来は日経平均(配当込み)をベンチマークとするべきファンドであり、特別このファンドが良いパフォーマンスという訳ではありません。

日経平均をベンチマークとする低コストインデックスファンドで、信託報酬や信託報酬以外のコストも加味した実質コストともに低コストな「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」と1年のリターンを比較するとやはり、差が出ていて「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」の方が実質コストの差くらいパフォーマンスが良くなっています。

日経225ノーロードオープンの特徴

同じベンチマークとするインデックスファンドであれば、信託報酬以外のコストも加味した実質コストが低コストなファンドの方が将来のパフォーマンスは良くなる可能性は高いです。

類似ファンドとの比較

「日経平均」をベンチマークとする低コストなインデックスファンドを比較したのが下記となっています。

名称信託報酬
(税込)
実質コスト
(税込)
マザーファンド規模
(百万円)
純資産残高
年間増加額
(百万円)
1年間の
リターン
eMAXIS Slim
国内株式(日経平均)
0.1512%0.160% ※192,6562,318ー5.35%
ニッセイ日経平均
インデックスファンド
0.1512%0.161% ※2158,1983,442ー5.39%
iFree日経225インデックス0.1512%0.160% ※3166,4523,336ー5.39%
たわらノーロード 日経2250.1836%0.192%5,1857,420ー5.47%
Smart-i 日経225
インデックス
0.1836%0.234% ※4836558ー5.53%
i-SMT 日経225
インデックス (ノーロード)
0.1836%0.191% ※5117,60836ー5.42%
野村つみたて日本株投信0.1836%0.190% ※649,8711,978ー5.39%
つみたて日本株式(日経平均)0.1944%0.204% ※7108,8854,620ー5.37%

※1:第1期運用報告書(2018年2月2日~2018年4月25日)より年率換算した参考値
※2:第3期運用報告書(2018年2月16日~2019年2月15日)から信託報酬引き下げ後(0.1512%)を考慮した参考値
※3:第2期運用報告書(2017年9月20日~2018年9月19日)から信託報酬引き下げ後(0.1512%)を考慮した参考値
※4:第1期運用報告書(2017年8月29日~2018年5月25日)より年率換算した参考値
※5:第1期運用報告書(2017年11月24日~2018年10月22日)より年率換算した参考値
※6:第1期運用報告書(2017年10月2日~2018年5月14日)より年率換算した参考値
※7:第1期運用報告書(2017年8月16日~2018年6月25日)より年率換算した参考値

参考 国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

 

信託報酬は「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」が最安値で、実質コストも調査時点では低コストとなっていそうです。(ただし、実質コストは毎年変わります)

 

純資産残高年間増加額は「たわらノーロード 日経225」が一番多く人気となっていますが、実質コストが低コストで、参考値ではありますが1年間のリターンも最も良かった「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」が最もベストといえそうです。

参考 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)の評価ってどう?過去の成績は?

 

「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」はベンチマークとするインデックスも配当込みのインデックスである「日経平均トータルリターン・インデックス」へ変更するとのことで、懸念点もなくなりました。

当ファンドの情報

  • ベンチマーク:日経平均株価(日経225)
  • 為替ヘッジ:なし
  • 購入時手数料:なし
  • 信託報酬(税込):0.864%(実質コスト:0.871%)
  • 信託財産留保額:なし
  • 純資産残高:約1,870億円
  • 分配金利回り:なし
  • 決算:年1回(8月10日)
  • 買付単位:100円以上1円単位、積立も100円から(SBI証券)
  • 償還日:無期限(設定日:1998年8月21日)
  • つみたてNISA:対象外
  • iDeCo:取り扱いネット証券なし

評価・まとめ

日経225ノーロードオープンは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデクスファンドです。

一部信用リスクが高いと思われる銘柄は投資対象から除外する場合がありますが、日経225採用銘柄から、200銘柄以上に等株数投資を行います。

日経225ノーロードオープンは、20年以上運用をしていて2,000億円近い純資産残高となっていますが、日経平均をベンチマークとする低コストなインデックスファンドが登場している中ではやはり信託報酬の割高感は拭えません。

これから日経平均をベンチマークとするインデックスファンドに投資をするなら、「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」のような低コストなインデックスファンドの方が少なくとも実質コストの差の分だけパフォーマンスが期待できます。

参考 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)の評価ってどう?過去の成績は?

日経225ノーロードオープンに投資するならSBI証券がおすすめ!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで1,000万円未満は年率0.1%、1,000万円以上は年率0.2%のポイントがもらえるのでお得です。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>  SBI証券 詳細解説

 

楽天証券でも投資信託を保有しているだけで残高に関係なく年率0.048%がもらえお得です。

さらに楽天証券なら、貰ったポイントは投資信託の購入にも利用できたり、楽天銀行との連携で普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%になったり、楽天カードで投資信託の積立を行えば1%のポイントが付与されたりとメリットが多いです。

楽天証券だけでなく、楽天銀行や楽天カードも口座開設・維持費用は無料です。

>>  楽天証券詳細解説

参考 楽天証券ならポイントで投資信託を通常・積立で購入可能!しかも100円から!

参考 楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

参考 投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

その他下記の証券会社でも購入できます。

>> マネックス証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

>> 岡三オンライン証券詳細解説

参考 口座開設時に必ず選ぶ特定口座については下記も参考にしてみてください。

⇒ 特定口座とは?証券会社の口座種類のまとめ!結局どれがいい?

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個人投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

各資産クラスのインデックスファンドの比較についてはこちら!