投資信託一覧

株式や投資信託の税金って?確定申告で得するのはどんな時?

株式や投資信託から得られる利益には配当期・分配金と譲渡益の2つがありますが、これらにはそれぞれもちろん税金がかかります。証券会社の特定口座の種類によっては確定申告が不要だけど、確定申告すれば節税できる場合があるなど複雑なので、株式や投資信託の税金や、確定申告すれば得する場合などまとめたいと思います。

SBI証券のポイントプログラムが拡充!すべての投資信託が付与対象に!

4大ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)では投資信託を保有しているだけでポイントが付与されるポイントプログラムを実施しています。2017年2月よりSBI証券がこのポイントプログラムを拡充することとなり、すべての投資信託でポイントが付与されるようになったので変更内容について確認してみました。

【2016年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」の結果発表が行われました。2017年1月14日に発表があったので早速どのようなファンドが選ばれたのかチェックしたいと思います。

投資信託のスイッチングとは?どんなメリット・デメリットがある?

スイッチングとは、投資信託を乗り換えることですがどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?同じ投資信託でも銀行や証券会社によってスイッチングができたりできなかったりするのですが、うまく利用すれば利益を増やすこともできます。そんなスイッチングのメリット・デメリット、スイッチングを行うのにおすすめの証券会社について紹介します。

松井証券の投信工房がすごい!投資信託の積立はこれだけでOKか?

松井証券といえば株式に力を入れていて、過去には取り扱いがあった投資信託はほとんど取り扱いがありませんでしたが、業界の風雲児と呼ばれ革命を起こしてきた松井証券がロボアドバイザーで投資信託の取り扱いを始めました。非常に本気度を感じるサービス内容で、ネット上ではすでに話題となっていますが、どんなサービス内容なのか評価してみました。

投資信託を積立してたけど成績が振るわないから一時停止すべき?

投資信託の積立を始めてみたけど、成績が振るわないからいったん撤退しようと考えていたりしませんか? ここ最近投資信託の成績がいまいち振るわないものが多いため、そのようなことを考えてしまいますが、本当にそれでいいのでしょうか? 成績が振るわないから一時的にでも撤退した方がいいのか、ちょっと考えてみましょう。

投資信託の手数料ってどこで購入しても同じ?安く購入するには?

投資信託は銀行やゆうちょ、証券会社などで販売されていますがどこで買っても一緒だと思ってませんか?実は同じ投資信託でも販売会社によって手数料が異なりますので、身近だからといってゆうちょや銀行などで投資信託を購入すると損してるかもしれません。この記事を見れるあなたはネットが使えるので、ネット証券を利用して手数料といった無駄なコストは節約しましょう。

円高で投資する時のおすすめは?やっぱりFX?株や投資信託はどう?

急に円高になると、投資のチャンスと思う方とどこまで下がり続けるのか不安に思う方といろいろな思惑が交錯しますよね。 円高になるとだいたい同時に株安にもなるので保有している株式や投資信託が急落してると焦りますよね。 円高と聞くと真っ先に思いつく投資先はFXだと思いますが、人気の高い株や投資信託は投資すべきでしょうか?

SBI証券の投資信託でおすすめは?驚きの低コストとなるファンドが!

大手ネット証券の一つSBI証券では、取り扱ってる投資信託の数は2,258本、ノーロード投資信託だけでも927本、積立ファンドが2,134本と国内No1の取扱数です。ポイント還元率もトップレベルの年率最大0.24%なのですが、低コストインデックスファンドは対象外となってたりしますので、結局どのファンドが一番お得なのかわかりづらいので、SBI証券で購入するのにお得な投資信託を紹介したいと思います。

ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

ETFは上場投資信託といい、証券取引所で取引される投資信託のことですが、投資信託との違いって何でしょうか? 投資信託への投資を考えネットで調べているとETFという商品があることを目にすることも多いので気になっている方も多いと思いますので、投資するならどっちがいいかまとめてみました。

投資信託の分配金利回りランキングに日本証券業協会から注意喚起!

証券会社が公表している投資信託ランキングで必ず上位にいるのが毎月分配型投資信託ですが、その分配金の利回りランキングを公表している証券会社や銀行も数多くあります。分配金ランキングを参考にファンドを購入する方も多くいらっしゃいますが、投資家を保護することを目的としている日本証券業協会から注意喚起されていますので内容を確認してみましょう!

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!今月は設定件数をチェック!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回から設定件数をチェックします。 設定金額だと金額が大きい人が多ければランキング上位に来てしまうので、設定件数なら少額でも積立設定している人が多いということなので人気につながると思いますので。 直近では日経平均は下落しましたが、その後また戻しているような横這い的な動きをしている中ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!

楽天証券では、取り扱ってる投資信託の数は約2,600本、買付手数料が無料のノーロード投資信託も約1,300本を超えるなど、業界でもトップレベルの取り扱い数となっています。低コストインデックスファンドを含め投資信託を保有するだけでポイントがもらえ、お得に購入することができます。そんな楽天証券で購入するのにおすすめの投資信託を紹介したいと思います。

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!ランキングに変化が!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回ランキングにいろいろ変化がありました。 直近では日経平均が下落し、米ドル円も円高に振れている状況の中、投資家の方たちはどのような投資信託に投資をしているのでしょうか? ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

証券会社や銀行間で投資信託を移管できるって知ってますか?もちろん株式も移管ができますが、投資信託も移管ができるのでより有利なネット証券などへ預けなおすことができます。移管と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、手続きも簡単ですしメリットもいろいろありますので移管を検討してみてはいかがでしょうか?

マイナス金利で円高株安!各資産の投資信託への影響は?

2016年1月29日に日銀がマイナス金利導入を決定し、一時的に円安株高となりましたがそのあとは結局円高株安となり、国内では初の長期金利がマイナスとなるなどまさに異次元の状況となっています。 この状況の中、投資信託はどのような動きをしてるのでしょうか? 各資産のインデックスファンドやバランス型ファンドの動きについて確認してみました。

イオン銀行の投資信託でおすすめは?人気ランキングもチェック!

イオン銀行はイオンカードセレクトと併用することで普通預金の金利が0.10%と最強の金利となるので利用されている方も多いかと思います。イオン銀行では投資信託も購入できるので、ついでにその口座で投資信託を購入しようと検討している方も多いようですので、イオン銀行で取り扱っている投資信託でおすすめなファンドがあるかチェックしてみたいと思います。

おすすめネット証券会社比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券が手数料など最もお得で取り扱い本数も豊富です。また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、長期投資に便利な積立も自動でお得に取引ができます。投資信託の取引で失敗しないためにもどこで取引するか重要ですので参考にしてみてください!

【2015年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の結果発表が行われました。 2016年1月15日に発表があったので早速どのようなファンドが選ばれたのかチェックしたいと思います。