大和証券のiDeCoでおすすめの商品ってある?手数料はかかる?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託など自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金にプラスして給付を受けられる制度で、大きな節税メリットがあります。

国内大手証券会社の大和証券ではiDeCoに力を入れていますが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴とは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託など自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金にプラスして給付を受けられる制度です。

2017年1月の法改正によりiDeCoの加入対象者が大幅に緩和し、20歳以上60歳未満の方(※)ならだれでも加入できるような仕組みになっています。

※企業型確定拠出年金に加入している方は、企業型年金規約で個人型確定拠出年金(iDeCo)に同時に加入してよい旨を定めている場合のみ

(引用元:iDeCo公式サイト)

ただ、条件により拠出限度額が決められてますので、いくらでも拠出可能という訳ではありません。

iDeCoのメリット

  • 毎月の掛金が100%全額所得控除となる
  • 運用時の利息や分配金、売却益などの課税もゼロ
  • 受け取るときも「退職所得控除」「公的年金等控除」で税制が優遇される

iDeCoでは掛金が全額所得控除となるので、所得税や住民税が安くなり、税負担が軽減されます。

また、投資対象となる金融商品で得られる運用益はすべて非課税となります。

「iDeCo」は年金か一時金で、受取方法を選択することができますが、どちらの方法でも控除の対象となります。

実際どの程度お得なのか、下記の「つみたてシミュレーション」で試してみることができます。

>> 大和証券 iDeCo

参考 iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

iDeCoのメリット

iDeCoでは大きな税制メリットがある反面下記のようなデメリットもあります。

  • 60歳までは受給することができない
  • 投資商品によっては元本割れの可能性もある
  • 毎月少額ながら手数料がかかる
  • 特別法人税の凍結解除となると課税される

60歳までは受給できなかったり、投資商品で元本保証の定期預金もありますが、主な投資対象となる投資信託は基本的には元本は保証されていません。

また、通常の投資信託に投資する場合には手数料などは不要ですが、iDeCoでは少額ながら手数料がかかります。

参考 iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

大和証券のiDeCoのサービス内容って?

無条件で誰でも運営管理機関手数料が0円

iDeCoを運用するには、毎月下記の手数料が必ず発生しますが、運営管理機関手数料は金融機関によって異なります。

  • 国民年金基金連合会:103円(税込)
  • 事務委託先金融機関:64円(税込)
  • 運営管理機関手数料:金融機関によって異なる

大和証券のiDeCoでは、無条件で誰でも運営管理機関手数料が大手証券会社では唯一0円となっています。(例えば野村証券では月額掛金1万円以上、または、残高100万円以上で運営管理機関手数料が無料になります)

ネット証券では、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券は同じく無条件で誰でも運営管理機関手数料は0円となっています。

参考 iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

投資対象ファンド

国内株式

ファンド名 インデックス 信託報酬(税抜)
DCダイワ日本株式インデックス TOPIX 0.25%
ダイワつみたてインデックス日本株式 0.18%
フィデリティ・日本成長株・ファンド 1.53%
ひふみ年金 0.76%

TOPIXに連動するインデックスファンドなら信託報酬が安い「ダイワつみたてインデックス日本株式」で、アクティブな投資が希望ならアクティブファンドで人気が高く、TOPIXより好成績な「ひふみ投信」の姉妹ファンドである「ひふみ年金」という選択肢もあります。(一部海外株式にも投資しています)

参考 ひふみ投信の評判は?株の初心者に組み入れ銘柄は勉強になる?

国内債券

ファンド名 インデックス 信託報酬(税抜)
DCダイワ日本債券インデックス ダイワ・ボンド・
インデックス(DBI)
総合指数
0.25%
ダイワつみたてインデックス日本債券 NOMURA-BPI総合指数 0.15%
0.24%

※ダイワつみたてインデックス日本債券の信託報酬は、新発10年国債の利回りが1%未満の場合は0.15%で、1%以上の場合0.24%ととなります。

国内債券のインデックスファンドで一般的に利用されているNOMURAーBPI総合指数をベンチマークとする「ダイワつみたてインデックス日本債券」の方が信託報酬も安いです。

海外株式

ファンド名 インデックス 信託報酬(税抜)
DCダイワ外国株式インデックス MSCIコクサイ指数(円ベース) 0.25%
ダイワつみたてインデックス外国株式 0.205%
大和住銀DC外国株式ファンド 1.82%
ダイワ米国厳選株ファンド
ーイーグルアイー
Bコース(為替ヘッジなし)
1.73%
UBS中国株式ファンド 1.93356%※
ブラックロック・インド株ファンド 1.79%
ダイワ・ロシア株ファンド 1.68%
ダイワ・ブラジル株式ファンド 1.68%

※税込

インデックスファンドなら「ダイワつみたてインデックス外国株式」が信託報酬も低いのでこちらを選択するほうがいいでしょう。

国内・海外リート

ファンド名 インデックス 信託報酬(税抜)
DC・ダイワJ-REITオープン 東証REIT指数(配当込み) 0.55%
DCダイワ・グローバルREIT
インデックスファンド
S&P先進国REIT指数(除く日本) 0.53%

リートに投資できるファンドは、どちらも信託報酬は高めといった印象です。

バランス型

ファンド名 株:債券:リートの比率※ 信託報酬(税抜)
DCダイワ・ワールドアセット
(六つの羽/安定コース)
20:50:30 0.9%
DCダイワ・ワールドアセット
(六つの羽/6分散コース)
33.3:33.3:33.3 1.05%
DCダイワ・ワールドアセット
(六つの羽/成長コース)
50:10:40 1.2%

※国内と海外の比率はいずれも1:1

バランス型ファンドのいずれも信託報酬は高めといった印象です。

元本保証型

ファンド名 適用利率
あおぞらDC定期(1年) 0.02%

まとめ

大和証券のiDeCoでは、無条件で誰でも運営管理機関手数料が大手証券会社では唯一0円と業界最低水準の低コストとなっています。

ネット証券では、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券も同じく無条件で誰でも運営管理機関手数料は0円となっています。

参考 iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

投資対象ファンドは、ネット証券よりは高いものの、ダイワつみたてインデックスシリーズが追加され大分低コスト化されたラインアップとなりました。

より低コストなファンドへ投資をしたいならSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券といったネット証券の方が有利ですが、ネット証券にちょっと不安がある方は大和証券も十分検討に値するサービス内容となっていますので検討してみてください。

>> 大和証券 iDeCo(公式サイト)