maneoの評価・評判!ソーシャルレンディング最大手だから安心?

maneo(マネオ)は国内のソーシャルレンディングの50%以上のシェアを誇る国内最大手の企業で、GMOクリック証券との業務提携や複数のベンチャーキャピタルからの資金調達にも成功しIPO(株式上場)も視野に入れつつあるようです。ソーシャルレンディングは新たな投資先として注目されてますが、最大手のmaneoはどんなサービス内容なのか確認してみました。

外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

高金利で人気の高い外貨預金ですが、銀行だと為替手数料は高いし金利もぼったくられてるしといいとこなしです。でも国内の預金金利があまりに低いので、外貨の高金利の恩恵を受けたいと思ってる方は多いと思います。そんな中SBI FXトレードから外貨預金に代わりうるFXを利用した国内初のサービスが登場しましたので解説したいと思います。

FXのドルコスト平均法は有効?長期資産運用は可能か?

外貨の高金利を狙ってFXを利用したドルコスト平均法による積立投資が人気がありますが、ドルコスト平均法はFXでも有効なのでしょうか?積立FXによってFXでのドルコスト平均法を用いた外貨の自動積立投資も手軽に行えるようになりましたが、長期資産運用手法として向いているのでしょうか?

円高で投資する時のおすすめは?やっぱりFX?株や投資信託はどう?

急に円高になると、投資のチャンスと思う方とどこまで下がり続けるのか不安に思う方といろいろな思惑が交錯しますよね。 円高になるとだいたい同時に株安にもなるので保有している株式や投資信託が急落してると焦りますよね。 円高と聞くと真っ先に思いつく投資先はFXだと思いますが、人気の高い株や投資信託は投資すべきでしょうか?

松井証券の投信工房がすごい!投資信託の積立はこれだけでOKか?

松井証券といえば株式に力を入れていて、過去には取り扱いがあった投資信託はほとんど取り扱いがありませんでしたが、業界の風雲児と呼ばれ革命を起こしてきた松井証券がロボアドバイザーで投資信託の取り扱いを始めました。非常に本気度を感じるサービス内容で、ネット上ではすでに話題となっていますが、どんなサービス内容なのか評価してみました。

岡三オンライン証券の評価・評判!押さえておきたい穴場の証券会社?

創業90年の岡三証券グループでネット専業の証券会社が岡三オンライン証券です。2006年から営業開始ということで、ネット証券では後発組ですが岡三証券のノウハウを活かしたサービスを提供しています。特に株式に関しては他社にはないサービスを提供していて、IPO投資する方にはうれしいサービスも提供しているので、サービス内容を確認してみました。

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が強化!どんなサービス内容?

2017年の法改正で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる対象者が大幅にふえ、加入するだけで、年利30%の利回り同様の節税効果がある投資方法ということもあり、投資をしたことがない方にも注目されています。楽天証券がコスト最安値で参入してきたと思ったら、すでにサービスを始めているSBI証券も負けじとサービス強化をしてきましたので、内容を確認してみたいと思います。

楽天証券が確定拠出年金(iDeCo)に参入!SBI証券を一歩リードか?

ネット証券で確定拠出年金(401K)へ参入していたのはSBI証券のみで、その他は大手都市銀行や地方銀行、大手証券会社、生損保保険、ゆうちょ銀行などの金融機関でしか利用できませんでした。そのためコスト競争も起きておらず、選ぶならSBI証券とスルガ銀行の一騎打ちだったのですが、2017年の法改正を前に楽天証券も参入してきましたので内容確認してみました。

SBIFXトレードでトルコリラ円が積立FXの対象に!気になる内容は?

SBIFXトレードで通常のFX取引で取扱い通貨ペアが新たに14通貨ペア追加され、FXの自動積立サービスの積立FXでもトルコリラ円などの通貨ペアが対象となりました。 トルコリラ円といえば高金利通貨として注目度も高く、スワップ運用したいと考えてる方も多いと思いますのでスプレッドやスワップなど内容について確認してみました。

トランプ氏が次期米国大統領に決定したけど投資するならどれがいい?

大方の予想を覆し米国の次期大統領はヒラリー氏を破りトランプ氏に決定しました。いろいろな問題発言から快く思ってない方も多いですが、結局今までの米国政治に不満を持ってる方の変化を望んだ結果ということとなりました。世界経済の中心である米国のこの変化を受け、今後どのような資産に投資するのがいいのでしょうか?

iFree8資産バランスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

バランス型ファンドで資産配分が明確なことからアセットアロケーションを組みやすいので人気が高いeMAXISバランス(8資産均等型)に強力なライバルであるiFree8資産バランスが登場しました。iFree8資産バランスは信託報酬が格安ですが、2つの投資信託にはどのような違いがあり、どっちに投資すべきか比較してみました。

セゾン投信の評価・評判!一括投資・積立投資の利便性ってどうなの?

セゾン投信といえばセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがネット上で非常に有名でこれ一本で世界に分散投資ができるため投資初心者の方にもおすすめできるファンドです。それ以外にもアクティブファンドとして非常に優秀な成績のセゾン資産形成の達人ファンドも扱っていて投資を考えている方も多いかと思いますので、実際に投資する際の利便性について確認してみました。

世界経済インデックスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

世界経済インデックスファンドとeMAXISバランス(8資産均等型)はどちらもバランス型ファンドとして楽天証券の積立投資信託ランキングの常連ファンドです。投資方針が全く異なる2本ですが、実際のところ投資するとしたらどちらを選ぶのがいいでしょうか?そんなバランス型ファンドで人気の2本を比較してみました。

REIT(リート)とは?投資信託やETFなどでも投資が可能!

REIT(リート)って名前は知ってるけど、資産運用に取り込んでいる方はどのくらいいるでしょう? 資産運用でも不動産投資というと、実物の不動産を想像される方も多いかと思いますがもっと手ごろな金額で投資することができます。 ここではREITについての基礎知識、実際にREITに投資できる商品を紹介します。

セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?

セゾン投信は、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2つのファンドを販売・運用しています。2つのファンドともに純資産残高が右肩上がりと人気があるファンドですが、このファンドを購入したら儲かってたでしょうか?また一括と積立ではどちらが儲かってたでしょうか過去の利回りを確認してみましたので参考にしてみてください。

イオン銀行の投資信託でおすすめは?人気ランキングもチェック!

イオン銀行はイオンカードセレクトと併用することで普通預金の金利が0.10%と最強の金利となるので利用されている方も多いかと思います。イオン銀行では投資信託も購入できるので、ついでにその口座で投資信託を購入しようと検討している方も多いようですので、イオン銀行で取り扱っている投資信託でおすすめなファンドがあるかチェックしてみたいと思います。

マネックス証券のトレードステーションが日本株対応!最強ツール誕生?

マネックス証券がついにトレードステーションの日本株対応版をリリースします。トレードステーションというトレードツールは米国ではすでに高い評価を得ていて、マネックス証券が2011年に買収後、米国株の取引にはすでに使えたのですが、日本株対応版が遂に登場します。前評判高いトレードステーションですが、内容について確認してみました。