LINEスマート投資の「ワンコイン投資」の評価・評判ってどう?デメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

LINE上から投資ができるLINEスマート投資では、身近なテーマに投資ができるテーマ投資を行うことができますが、500円から手軽に積立投資ができるワンコイン投資サービスが登場しました。

ワンコイン投資サービスとはどのような内容のサービスなのか確認してみました。

LINEスマート投資とは?

LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社と株式会社FOLIOがLINE上で提供している初心者でも簡単に投資ができるサービスです。

LINEの「ウォレット」の「スマート投資」からアクセスすることができます。

FOLIO(フォリオ)はどのようなサービスを提供するのか?

LINEスマート投資では、話題となっているような「人工知能(AI)」「ドローン」「自動運転車」のようなテーマから、「ガールズトレンド」「ペットと暮らす」「花粉症対策」といった身近なテーマに投資することが可能な「テーマ投資」を行っていますが、新たに「ワンコイン投資」ができるようになりました。

これらのサービスはFOLIO(フォリオ)の「テーマ投資」「おまかせ投資」が基盤となっています。

参考 FOLIO(フォリオ)の評価・評判ってどう?テーマ投資が簡単にできるけど実績は?

ワンコイン投資とは?

ワンコイン投資は、1コイン(500円)から積み立てることができ、すべておまかせで資産運用を行ってくれる積立運用サービスです。

ワンコイン投資とは?

ワンコイン投資の特徴って?

1日500円から積立投資ができる

テーマ投資では1テーマあたり10万円前後からの投資となりますが、ワンコイン投資ではその名の通り1日500円から積立投資することができます。

ワンコイン投資の特徴って?

1日500円から500円単位で積立金額を選択することができ、積立頻度は下記の3つから選ぶことができます。

  • 週1回 お手軽プラン
  • 週5日 平日プラン
  • 週7日 毎日プラン

LINE Payアカウントから自動で積立額を引き落としできる

ワンコイン投資では、「LINE Pay」アカウントにチャージした「LINE Pay」残高もしくは、「LINE Pay」に登録した銀行口座から積立額が引き落とされ、自動で投資してくれます。

そのため、事前に面倒な口座振替は必要ないので、手間なく運用することができます。

投資対象は全世界の資産にバランスよく投資

ワンコイン投資の投資対象は、投資の王道とも言われる「国際分散投資」を行ってくれます。

ワンコイン投資の特徴って?

株式であれば米国をはじめ、日本や欧州、新興国を投資対象とし、債券であれば米国債、新興国債のほかにもハイイールド債(信用格付け低い代わりに利回りが高い債券)が投資対象となっています。

また、株式や債券といった金融資産との分散効果が期待される金(Gold)や不動産も投資対象となっていて、世界中の様々な金融資産に分散投資を行うことによってリスクを比較的抑えて運用することができます。

運用アルゴリズムはノーベル賞を受賞した理論

様々な金融資産に分散投資を行う際の、各資産への投資比率は1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコヴィッツ氏が礎を築いた現代ポートフォリオ理論に基づいた、平均分散法をベースとしています

現代ポートフォリオ理論は、「卵を一つのカゴに盛るな」という有名な投資の格言があり、特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に分散して投資を行う方がいいという考えがありますが、その分散投資のメリットを数学的に証明しています。

「ワンコイン投資」では、比較的低いリスク許容度を想定して、各金融商品の投資比率を算出し、低リスク資産といわれる債券を中心に株式やその他の商品をバランスよく組み入れ、リスクを比較的に抑えた運用を目指すとのことです。

1年間運用手数料は無料

ワンコイン投資は、2019年4月25日から2020年4月24日までは運用手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

※通常であれば運用手数料は預かり資産の年率1%(税抜)、最低運用手数料は月額100円(税抜)。運用資産の時価評価額の3,000万円以上を超える部分は年率0.50%(税抜)の割引料率が適用されます。

ぜひ、運用手数料が無料のこの機会に検討してみてください。

参考 ワンコイン投資はフォリオに口座開設することで利用可能で、もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> FOLIO(公式サイト)

FOLIO

ワンコイン投資のデメリットって?

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資と並行利用はできない

ワンコイン投資は、ベースとなっているFOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」と並行して利用することはできないので、すでに「おまかせ投資」を行ってる方は運用を止める必要があります。

「おまかせ投資」では対応していない自動積立を利用したい場合は「ワンコイン投資」の方がメリットがあります。

運用プランを選ぶことはできない

FOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」の場合は、いくつかの質問に答えて、ライフステージや金銭的余力に応じた5つの運用プランを提案してくれますが、「ワンコイン投資」では、運用プランを選ぶことはできません。

よりリスクをとった運用をしたいなどの希望があれば、FOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」を利用したほうがいいですし、「おまかせ投資」と同様の他のロボアドバイザーの利用も検討してみてください。

参考 ロボアドバイザーとは?比較してわかるサービスの違いって?

分配金の再投資は行ってくれない

ワンコイン投資では、実際に投資対象となるのは米国に上場しているETFとなりますが、ETFは銘柄によっては分配金を出す銘柄があります。

参考 ETFとは?コストは安いが投資する上でのメリット、デメリットは?

米国に上場しているETFなので、分配金はドルで支払われますが、フォリオが円に転換して振り込まれます。

そのため、分配金を再投資して複利効果を得るためには手動にて再投資を行う必要があるため、分配金を他に利用する予定があるならいいですが、長期的に投資して資産を増やす目的であれば分配金の再投資が手動というのは手間がかかります。

FOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」も分配金の再投資は自動では行ってくれないので、分配金を再投資して複利効果を得たいなら他のロボアドバイザーを利用すれば自動で再投資を行ってくれます。

参考 ロボアドバイザーとは?比較してわかるサービスの違いって?

ワンコイン投資の始め方って?

ワンコイン投資を始める前の3つのステップ

ワンコイン投資を始めるには「FOLIOの口座開設」「LINE Payの利用開始」「LINE Payに銀行口座を登録」が必要となります。

ワンコイン投資の始め方って?

FOLIOの口座開設は、下記の公式サイトから行うことができ、口座開設・維持費用は無料です。

>> FOLIO(公式サイト)

ワンコイン投資を始めるには、LINE Payにて銀行口座を登録し、かつ本人確認がおこなわれている方が対象となっています。

LINE Payでの銀行口座登録、および本人確認方法については下記を参照ください。

参考 LINE「LINE Payのご利用方法

ワンコイン投資の始め方

ワンコイン投資の始め方は簡単で、積立金額と積立頻度を決めればあとはおまかせで運用をすることができます。

ワンコイン投資の始め方って?

まとめ

LINE上から投資ができるLINEスマート投資では、身近なテーマに投資ができるテーマ投資のほか、500円から手軽に積立投資ができるワンコイン投資サービスの提供も始まりました。下記のような特徴・デメリットが挙げられます。

特徴

  • 1日500円から積立投資ができる
  • LINE Payアカウントから自動で積立額を引き落としできる
  • 投資対象は全世界の資産にバランスよく投資
  • 運用アルゴリズムはノーベル賞を受賞した理論
  • 1年間運用手数料は無料(2020年4月24日まで)

デメリット

  • FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資と並行利用はできない
  • 運用プランを選ぶことはできない
  • 分配金の再投資は行ってくれない

すでに投資をしている方にはちょっと物足りない部分もあるかもしれませんが、専門用語などは極力排除していて、直感的にわかりやすくなっているので、これから資産運用を始めてみたい方は検討してみてください。

2020年4月24日までは運用手数料が無料キャンペーンを実施中です。

500円から全世界に分散投資ができるワンコイン投資

もちろん口座開設・維持費用は無料です。ワンコイン投資を始めるにはFOLIO(フォリオ)の口座開設が必要です。

>> FOLIO(公式サイト)

FOLIO