マネックスFXとFX PLUSの違いは何?お得に取引できるのは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

ネット証券大手のマネックス証券は、FXのサービスとしてマネックスFXとFX PLUSという2つを展開していて、どっちがいいか迷ってしまいますね。

それぞれのサービスの違いや特徴などについて確認し、FXをるすならどちらがお得なのかサービス内容について確認してみました。

マネックスFXとFX PLUSの違いとは?

「マネックスFX」は、以前は別のFX会社だったのをマネックス証券が子会社とし、現在はマネックス証券のFX部門の一つとなっていて、「FX PLUS」とともにマネックス証券のサービスとなります。

マネックス証券は、東証一部上場のマネックスグループの中核となる証券会社ということで信頼性が高い会社です。

参考 マネックス証券に口座開設するメリット、デメリットは?IPOやるなら必須!

そんなマネックス証券が展開する「マネックスFX」と「FX PLUS」の違いはを確認してみたいと思います。

  • 口座開設
  • 取り扱い通貨ペア
  • 取引単位
  • スプレッド(取引手数料)
  • スワップポイント
  • レバレッジ・ロスカット

口座開設

「マネックスFX」はもともとはマネックス証券とは別の会社ということもあり、専用の口座開設が必要となります。

「FX PLUS」はマネックス証券の証券総合口座の一部という扱いとなり、資金移動などは、証券総合口座からほぼリアルタイムに振替できるので、株や投資信託などをやってる方は利便性は高いです。

取り扱い通貨ペア

両サービスとも取り扱い通貨ペアは16種類で以下の通貨ペアを取引することができます。

米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、NZドル/円、英ポンド/円、スイスフラン/円、
カナダドル/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、南アフリカランド/円、
トルコリラ/円、中国元(オフショア)/円、メキシコペソ/円、
ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル

他のFX会社と比較するとちょっと数は少ないですが、主要な通貨ペアや高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、まだ取引できるFX会社が少ないメキシコペソ円の取引もできるようになっています。

取引単位

両サービスともに1,000通貨から取引ができるので、米ドル円であれば約5,000円から取引することができるので、初心者の方でもやりやすい環境となってます。

スプレッド(取引手数料)

「マネックスFX」は口座開設・維持費・取引手数料がすべて無料なので実質的な取引コストはスプレッドのみとなります。

参考 FXのスプレッドの意味とは?狭いだけで低コストとは言えない?

「FX PLUS」は口座開設・維持費は無料で、10,000通貨以上であれば取引手数料がかかりませんが、10,000通貨未満の場合1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。

両サービスの主要通貨のスプレッドは下記の様になります。

FX PLUS マネックスFX
(10,000通貨まで)
マネックスFX
(11,000通貨以上)
米ドル/円 2銭 0.2銭 0.3銭
ユーロ/円 4銭 0.4銭 0.5銭
豪ドル/円 4銭 0.5銭 0.6銭
NZドル/円 6銭 1.0銭 1.5銭
英ポンド/円 6銭 0.9銭 1.3銭
南アフリカランド/円 5銭 1.0銭 2.0銭
トルコリラ/円 2.9銭 1.9銭 2.7銭
メキシコペソ/円 0.9銭 0.4銭 0.6銭
ユーロ/米ドル 3pips 0.3pips 0.4pips

マネックスFXの方がほとんどの通貨でスプレッドが抑えられていて、コストをだけを考えるとマネックスFXの方が圧倒的に低コストです。

マネックスFXは以前はキャンペーン中ということもあり米ドル円、ユーロ円、豪ドル円などの10,000通貨以下のスプレッドは業界最狭水準となっていたのですが、恒久的な対応とすることを発表し業界でも最狭水準のスプレッドとなっています。

参考 マネックスFX「全通貨ペアが業界最狭水準スプレッド

ただ、スプレッドに関して、「マネックスFX」「FX PLUS」ともにスプレッド配信率が95%以上とのことなので、「マネックスFX」のスプレッドは狭いですが、他のFX会社と比較するとスプレッド配信率は低く、スプレッドが広がっている時間帯が長い可能性があり、必ずしも低コストとは言えない場面もあります。

参考 FXのスプレッドの意味とは?狭いだけで低コストとは言えない?

スワップポイント

両サービスともにポジションが未決済の状態でも、スワップポイントで新規にポジションを建てることができ、ポジションが未決済であればスワップポイントに課税されないため、スワップポイント狙いの長期投資するのに適しています。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

両サービスの主要通貨のスワップポイントは下記の様になります。(2018年8月調査時点)

FX PLUS マネックスFX
米ドル/円 62円 48円
ユーロ/円 ー10円 ー30円
豪ドル/円 39円 39円
NZドル/円 41円 41円
トルコリラ/円 96円 96円
南アフリカランド/円 11円 11円
メキシコペソ/円 8円 8円

基本的にはどの通貨ペアのスワップポイントも同じようですが、米ドル/円やユーロ/円ではFX PLUSの方がスワップポイントが高くなっています。

ちなみに矢野経済研究所が実施した、主要オンライン証券、並びに主要FX会社9社における2016年8月~9月の2カ月間における7通貨の買スワップ合算値の総合ランキングで1位を獲得していて、どの通貨でもスワップポイントが高いという結果となっています。

※7通貨は米ドル円・ユーロ円・ポンド円・豪ドル円・NZドル円・加ドル円・南アランド円でユーロ円のみ売りのスワップを加算

レバレッジ・ロスカット

「マネックスFX」はレバレッジを変更することが可能で、1倍、2倍、5倍、10倍、25倍に変更することが可能です。

レバレッジを変更すれば、気づかないうちにレバレッジが高い取引をしていたといったことを防ぐことができます。

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

また、両サービスともロスカットレベルを変更することができるので、取引手法によってロスカットレベルを上げたいや下げたいなどにも対応することができます。

マネックスFXでは、レバレッジ25倍未満では30%、40%、50%、60%、70%、100%、レバレッジ25倍以上では50%、60%、70%、100%に任意で変更可能です。

FX PLUSでは、50%、60%、70%、100%に変更可能となっています。

各サービスの独自サービス

マネックスFX

マネックスFXは無料のオンラインセミナーなど情報提供はFX PLUSより一歩上かと思います。

また、もともとのシステムがFX専業会社ということもあり、取引ツールは定評があり、各通貨ペアでの売買の割合や取引高が多い通貨ペアの情報なども参照することができます。

(引用元:マネックスFX

FX PLUS

FX PLUSでは「オートレール」という独自の自動発注機能を提供しています。

「オートレール」は、トレール注文を連続・反復させるだけの簡単な注文方式で、こまめに損切りをしてリスクを最低限に抑えながらトレールで大きく利益を伸ばす「損小利大」の取引をすることが可能となっています。

トレール注文は、下記の「トレール価格の動き」のように、損切りする注文のレートが実際の為替レートが上がれば追従していき、為替レートが下がれば固定され、固定されたレートまで実際の為替レートが下落した時に決済する注文方法です。

(引用元:FX PLUS

このトレール注文を連続・反復して注文ができる機能が「オートレール」となります。

FXの自動売買といえばトラリピが有名ですが、こつこつ利益を積み重ねる手法ではなく、トレールを利用して損小利大の取引を狙うこととなり、上昇相場・下降相場・レンジ相場を最初に設定するので、長期でほったらかしというよりはある程度相場を見て、その相場にあった設定にする必要があります。(ただ開発時の1年間のテストでは上昇相場設定で実際には下降相場になってしまったようですが、利益がちゃんと出たようです)

参考 FXでこつこつ利益を積み重ねて長期資産運用!トラリピの仕組みとは?

また、FX PLUSのストリーミング注文ではスリッページが一切ないとのことなので、もともとスプレッドも広めなのでこれ以上コストがかからないことはいいことです。

スリッページとは、注文した時の為替レートと実際に約定した為替レートのずれのことで、FX会社の約定力に依存します。
米ドル円が100円の時に注文したはずなのに、100円1銭などで約定すると1銭分損をすることとなるので、スリッページが発生しにくい方が投資家にとって有利となります。

参考 FX PLUSの詳細は下記の公式サイトを確認してみてください。

>> FXPLUS(公式サイト)

まとめ

ネット証券大手のマネックス証券では、マネックスFXとFX PLUSという2つのFXサービスを展開しています。

比較的似たようなサービスのように見えますが、「マネックスFX」の方がスプレッドはかなり狭いのでスキャルピングやデイトレードなどの短期売買を行いたい方にに向いていて、「FX PLUS」は株や投資信託との管理を容易にしたい、オートレールのような自動売買を行いたい方に向いています

ただ、スプレッドに関して、「マネックスFX」「FX PLUS」ともにスプレッド配信率が95%以上との表記しかなく、「マネックスFX」のスプレッドは狭いですが、他のFX会社と比較するとスプレッド配信率は低く、スプレッドが広がっている時間帯が長い可能性があり、必ずしも低コストとは言えない場面もあります。

例えばネット証券No1のSBI証券のグループ会社でFX専業のSBIFXトレードなら1万通貨以下なら100%のスプレッド配信率となっているので、安心して低コストでトレードすることができます。

参考 FXのスプレッドの意味とは?狭いだけで低コストとは言えない?

スワップポイントは基本的には同じなのですが、一部の通貨ペアでは「FX PLUS」の方が高いスワップポイントとなっています。

スプレッドが狭くスワップポイントも好条件で取引するならマネックスFX!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックスFX(公式サイト)

株や投資信託なども取引し、FXの自動売買をしたいならFX PLUS!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> FXPLUS(公式サイト)

スプレッドが安定して低コストなSBIFXトレード

一部の通貨ペアではマネックスFXの方がスプレッドは狭いですが、スプレッド配信率が1万通貨以下なら100%と安心して低コストでトレードすることができます。

また、FX業界で唯一自動で外貨を積立てることができる積立FXができるのもSBI FXトレードだけです。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?