株式一覧

米国株の信用取引(空売り)ができる証券会社ってある?CFDはどう?

空売りは、下落傾向にある銘柄を空売りして利益を上げるだけでなく、保有銘柄が長期的には上昇トレンドでも短期的に下落しているときに空売りしてリスクをヘッジすることにも利用することができます。一般的に株価は上昇よりも下落するスピードが速いため、空売りを利用すれば短期の取引でも利益を上げやすいですが、日本国内から米国株の信用取引(空売り)ができるのか確認してみました。

楽天証券のマーケットスピード2の評価ってどう?メリット・デメリットは?

楽天証券では、株式のトレードツールの草分け的存在で人気の高いマーケットスピードを提供していますが、さらに進化させたマーケットスピード2がリリースされます。プロの投資家も使う取引手法を誰でも使えるようにするなど、ネット証券でも一歩先行く機能を搭載したマーケットスピード2の説明会に参加してきたのでメリットやデメリットについてまとめてみました。

おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

ネット証券は株式(ETF・REIT含む)の手数料が既存の大手証券会社より格安なのが魅力の一つです。 ただネット証券でも手数料の競争は常に起きているので、どのネット証券が手数料がお得に取引できるのか比較しました。手数料以外にも選ぶ基準はあるので、取引ツールや投資情報などもまとめてみたのでネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

株式や投資信託の税金って?確定申告で得するのはどんな時?

株式や投資信託から得られる利益には配当期・分配金と譲渡益の2つがありますが、これらにはそれぞれもちろん税金がかかります。証券会社の特定口座の種類によっては確定申告が不要だけど、確定申告すれば節税できる場合があるなど複雑なので、株式や投資信託の税金や、確定申告すれば得する場合などまとめたいと思います。

株主優待におすすめの証券会社ってどこ?お得に獲得できるクロス取引って?

株式投資で人気の株主優待ですが、どの証券会社で取引するのがお得なのでしょうか?株主優待だけは価格変動リスクを低減できる手法もあり、SBI証券などではHP上で紹介しているほど一般的になりつつあるのでマスターすればお得に株主優待を貰うことができます。お得感満載の株主優待ですがどの証券会社で取引するのがお得なのか紹介したいと思います。

SBI証券の米国貸株サービスの金利ってどのくらい?海外ETFも対象!

SBI証券が国内初となる米国貸株サービスを開始され、金利が提示されました。米国株は大型株でも高配当銘柄も多く、中には50年以上も連続増配しているような銘柄がある魅力的な投資先に国内同様に貸株金利まで付くのでより収益が期待できます。実際のどのくらいの金利が提示されているか海外ETFも含め確認してみました。

米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?

米国株は配当が高く、50年以上増配している企業もあるほど株主重視の文化が根付いています。しかも米国株は長期で見ると必ず値上がりしているので高配当を得ながら、株価の上昇も期待できてしまう魅力的な投資先です。ただ、日本から投資するには米ドルでの取引のため為替リスクが伴いますのでそれを回避する方法について解説します。

貸株とは?年率20%の金利が付く?でもデメリットには要注意!

各証券会社では貸株サービスというのがあり、保有中の株を証券会社に貸し出すことによって金利が得られます。 その金利も最高20%など高金利のものがあり、投資家にとってはメリットが大きいサービスですが、あまり知られていないデメリットがあるので要注意です! 知らないと想定以上のリスクを取ってるかもしれませんので、貸株を利用している方も確認してみてください。

株式投資手法グロース投資とは?これであなたもお金持ち!?

株式の王道ともいえるグロース投資。 バリュー投資が割安な銘柄に投資するのに対し、グロース投資では成長銘柄に投資します。 成長銘柄はどのように銘柄を探せばいいでしょうか? 成長しそうな銘柄を発掘できればお金持ちになれるかもしれませんので、夢を追い求めるあなたにそんな銘柄を発掘する方法をお伝えします。

株式投資手法バリュー投資とは?初心者の方はまず基本を押さえよう!

投資の基本は安く買って高く売ることです。 この基本に忠実な投資法がバリュー投資で、多くの投資家が実践していて、世界一の投資家バフェットも実践していると言われる手法です。 株式には様々な投資法がありますが、基本となるバリュー投資や、参考とする指標について解説します。