投資信託一覧

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の評価って?利回りは?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、国内外の株式・債券に分散投資ができます。分散投資の基本ともいえる伝統的4資産にこれ一本で投資ができるファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

米国NASDAQオープンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

米国NASDAQオープンは、米国のNASDAQ上場株式に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへ投資ができる米国NASDAQオープンはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 先進国債券の評価ってどう?為替ヘッジあり・なしはどっちを選ぶ?

たわらノーロード 先進国債券は、先進国債券に分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。FTSE世界国債インデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしとありの両ファンドの内容について確認してみました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の評価って?投資して大丈夫?

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)は、日本を含む世界各国の次世代通信関連企業に分散投資ができるアクティブファンドです。AIやIoTなどの実現に必須となる第5世代通信システムである5Gに関連する企業に投資を行うファンドですが、どのような内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで、米国の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。米国の代表的な株価指数であるS&P500の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iFreeNEXT FANG+インデックスの評価ってどう?過去の成績はどう?

iFreeNEXT FANG+インデックスは、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルといった日本でも利用者の多いIT企業を中心に分散投資を行うインデックスファンドです。NYSE FANG+指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指すファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 先進国リートの評価ってどう?為替ヘッジありとどっちを選ぶ?

たわらノーロード 先進国リートは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、先進国リートへ分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。S&P先進国REITインデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしとありの両ファンドの内容について確認してみました。

三井住友・げんきシニアライフ・オープンの評価ってどう?過去の利回りは?

三井住友・げんきシニアライフ・オープンは、日本国内の「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する企業に分散投資を行うアクティブファンドです。第三者機関による評価が高く受賞歴も多いファンドですが、実際どのようなファンドなのか内容を確認してみました。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)の評価ってどう?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、これ一本で国内外の株式・債券・リートに分散投資ができます。8資産均等型のバランス型ファンドはニッセイ含め各社から出ていますが、ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)はどんな内容のファンドなのか確認してみました。

トライオートETFの自動売買セレクトでFXも自動売買?過去の成績を検証すると?

CFDの仕組みを利用してETFの自動売買が可能なトライオートETFの自動売買セレクトにFXの自動売買ができるトライオートFXが追加され、ETFとFXを組み合わせたポートフォリオを作成することができるようになりました。ETFの自動売買やFXの自動売買を組み合わせるとリターンやリスクはどうなるのか過去の成績を検証してみました。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)の評価って?利回りは?

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)は、日本を含む世界の上場株式のうち競争優位性があり、高成長が期待される質の高いハイクオリティ成長企業の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資を行うアクティブファンドです。限定為替ヘッジと為替ヘッジなしのファンドがありますが、それぞれの比較など含めてファンドの内容について確認してみました。

たわらノーロード新興国株式の評価ってどう?利回りはどのくらい?

たわらノーロード新興国株式は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、新興国株式へ分散投資ができるインデックスファンドです。MSCIエマージング・マーケット・インデックスの動きを概ね捉える投資成果を目指した運用を行うとのことですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

ニッセイ新興国株式インデックスファンドの評価ってどう?

ニッセイ新興国株式インデックスファンドは、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>で新興国株式に分散投資ができます。MSCIエマージング・マーケット・インデックスの動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの評価ってどう?

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドは、大型株だけでなく中小型株を含む全世界の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)と同じベンチマークとなっていますが、厳密にはインデックスファンドには分類されない当ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

iTrust新興国株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrust新興国株式は、主に新興国の株式に分散投資をするアクティブファンドですが、愛称が「働きざかり~労働人口増加国限定~」とあるように労働人口増加国に限定した国に分散投資するファンドです。新興国は今後の成長余地が大きいと期待されていますが、その中でも特に労働人口に増加国に限定したiTrust新興国株式の内容について確認してみました。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)の評価って?利回りは?

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる海外ETFです。高い利回りが期待できる米国のハイイールド社債に幅広く投資ができますが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(1496)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496)は、米ドル建て投資適格社債へ分散投資ができる国内ETFです。投資適格債券は、ハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待できますがiシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)の評価ってどう?過去の成績は?

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)は、各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで、国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均株価(日経225)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。