投資信託一覧

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF【EIDO】の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF(EIDO)は、世界第4位の人口を有し平均年齢が29歳と若い世代の比率が高いインドネシアの株式に幅広く分散投資ができる海外ETFです。MSCI インドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

新生・UTIインドファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

新生・UTIインドファンドは、主にインドの証券取引所に上場している株式に分散投資ができるアクティブファンドです。今後も7~8%と高い成長率が予想され、2022年には中国を抜き世界最大の人口になると予測され、しかも平均年齢も若いインドインドに投資ができる新生・UTIインドファンドの内容について確認してみました。

Smart-i Jリートインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i Jリートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

明治安田J-REIT戦略ファンド(リート王)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)【愛称:リート王】は、主に日本の金融証券取引所に上場されているリート(不動産投資信託)と日本国債に投資をするアクティブファンドです。市場動向によってリートの投資配分の変更を行い、日本国債との配分比率を変更するファンドですが、どのような内容のファンドなのか過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

バンガード・米国長期債券ETF【BLV】の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国長期債券ETF(BLV)は、米国の長期投資適格債券市場に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(10年超)インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

iFree 日経225インデックスの評価ってどう?実質コストや利回りは?

iFree 日経225インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)の評価って?投資して大丈夫?

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)は、主に日本を含む世界の高配当利回りの公益株に投資をするアクティブファンドです。比較的安泰といったイメージがある電力、ガス、水道などの公益株に投資するファンドですが、どのような内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

バンガード・米国短期債券ETF【BSV】の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国短期債券ETF(BSV)は、米国の短期投資適格債券市場に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(1-5年)インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

たわらノーロード バランス(8資産均等型)の評価って?実質コストや利回りは?

たわらノーロード バランス(8資産均等型)は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、8資産に均等に分散投資ができるバランス型ファンドです。国内外の株式、公社債、および不動産投資信託証券(リート)にこれ一本で分散投資ができますが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドの評価って?利回りはどのくらい?

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドは、米国の上場株式を対象に、付加価値の高い産業、圧倒的な競合優位性、長期的な潮流の3つの条件を満たす「構造的に強靭な企業」に厳選して投資を行うアクティブファンドです。どんな内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみました。

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)の評価って?利回りはどのくらい?

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)は、インドルピーベースのNifty50指数を対象株価指数とし、日本円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目指す国内ETFです。インドは高い経済成長率を維持し、数年後には中国を抜いて世界一の人口になると予想されていて、豊富な労働力がある国です。そんなインドに投資ができるNEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)はどんな内容なのか確認してみました。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)「楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型)」は、日本を含む全世界の株式および投資適格債券に分散投資ができるバランス型ファンドです。これ一本で全世界の株式と債券に分散投資ができるコアな一本として利用できそうなファンドですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)は、国内株式の中から厳選した銘柄に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスターのファンド オブ ザ イヤーや、R&Iファンド大賞で最優秀ファンド賞を受賞するなど第三者機関からの評価も高いファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

上場インデックスファンド新興国債券(1566)の評価って?分配金利回りが高い!

上場インデックスファンド新興国債券(1566)は、新興国債券市場に分散投資ができる円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致させることをめざす国内ETFです。国内ETFでは、分配金利回りが最も高いETFですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)は、マクロの投資環境の変化に応じて、その時々で最適と判断される投資スタイルで運用する国内株式を投資対象としたアクティブファンドです。10年以上の運用実績がありTOPIXをベンチマークとするファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は、新興国市場の大型株・中型株・小型株に幅広く分散投資ができる海外ETFです。FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。