投資信託一覧

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)の評価ってどう?利回りや配当はどのくらい?

米国の代表的な指標で、ニュースでもよく耳にするダウ平均株価に連動する海外ETFが、SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)です。ダウ平均株価は米国を代表する30銘柄で構成され、米国だけというより世界をまたにかける企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標と言えます。そんなダウ平均株価と連動するSPDRダウ工業株平均ETF(DIA)はどんな内容のETFなのか確認してみました。

eMAXIS Slim 国内債券インデックスの評価ってどう?リスク低減に!

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで国内の公社債に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 国内債券インデックスです。NOMURA-BPI総合をベンチマークとするファンドで、国内債券型のインデックスファンドはリターンは期待できませんが、ポートフォリオの一部として組み込むことによってリスク低減が期待できます。国内債券型のインデックスファンドで業界最低水準の信託報酬を目指す、eMAXIS Slim国内債券インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の評価ってどう?過去の成績は?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで国内株式のTOPIXに連動する動きとなるのがeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)です。TOPIXをベンチマークとするファンドで、ベンチマークを上回る成績となっていますが、果たして良いインデックスファンドといえるのか内容を確認してみました。

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)は、主に国内の新興企業の株式を中心に投資を行うアクティブファンドです。設定日が2000年と長期にわたって運用されている実績を持つファンドですが、どのような内容のファンドなのか、主に国内株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信やジェイリバイブと過去の成績も比較してみました。

三井住友アセットの投信直販「SMAM投信直販ネット」の評判って?メリットある?

大手運用会社である三井住友アセットマネジメントが投資信託を直接販売している「SMAM投信直販ネット」。投資信託の直販といえばひふみ投信やセゾン投信が有名ですが、SMAM投信直販ネットは投資家にとってどのようなメリットがあるのかサービス内容について確認してみました。

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(1459)(楽天225ダブルベア)の評価ってどう?

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(楽天225ダブルベア)は、日経平均の騰落率のー2(マイナス2)倍の値動きをする国内ETFです。日経平均が下がりそうなときに手軽に投資ができ、利益を2倍出せるETFですが、どんな特徴があるのか内容を確認してみました。

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの評価ってどう?過去の成績は?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで先進国債券に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 先進国債券インデックスです。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slim 先進国債券インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

ベトナム成長株インカムファンドの評価ってどう?利回りってどのくらい?

ベトナム成長株インカムファンドはその名の通りベトナムの株式に投資ができるアクティブファンドです。運用を行うキャピタルアセットマネジメントは、ベトナムやフィリピンなどのアセアン市場や南アフリカ、中近東といった新興国市場、シェールガス関連株式に投資するファンドを運用するといった特徴がありますが、ベトナム成長株インカムファンドはどんな内容のファンドなのか内容を確認してみました。

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

eMAXIS JPX日経中小型インデックスの評価ってどう?今後のリターンに期待!

eMAXIS JPX日経中小型インデックスは、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとするインデックスファンドです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するeMAXIS JPX日経中小型インデックスはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

結い2101の評価ってどう?個人投資家に人気があるけど過去の成績は?

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」で2010年から6年連続でトップ10入りし、2016、2017年ではトップ10入りとはなりませんでしたが、それでもトップ20に入る個人投資家に人気が高いファンドが結い2101です。日本株式を投資対象としたアクティブファンドで鎌倉投信の直販のみですが、つみたてNISAに対応した数少ないアクティブファンドですが、ファンドの内容や過去の成績などはどうなのか確認してみました。

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)の評価って?利回りや配当はどのくらい?

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)は、ナスダック100指数に連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダック市場に投資ができる数少ないETFの1つであるパワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1はどんな内容のETFで、過去の利回りや配当はどうだったのか確認してみました。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで8資産に均等に分散投資ができるのがeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)です。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)はどんな内容なのか確認してみました。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)の評価ってどう?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、これ一本で国内外の株式・債券・リートに分散投資ができます。8資産均等型のバランス型ファンドは各社から出ていますが、ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)はどんな内容のファンドなのか確認してみました。

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(1458)(楽天225ダブルブル)の評価ってどう?手数料無料?

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(楽天225ダブルブル)は日経平均の騰落率の2倍の値動きをする国内ETFです。レバレッジ型ETFは証券会社の売買代金ランキングの上位に入るなど頻繁に取引されていますが、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型はどのような内容のETFなのか内容を確認してみました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

楽天・全米株式インデックス・ファンドは楽天投信投資顧問とバンガード社が立ち上げた楽天・バンガード・ファンドシリーズの全米の株式に分散投資できるインデックスファンドです。米国株式市場をほぼ100%カバーするバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの評価って?一部ヘッジあり!

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、株式(国内・先進国・新興国)、債券(国内・先進国)、リート(国内・外国)の各資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。リートも含む資産に分散投資ができるバランス型ファンドも増えてきましたが、三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

SBI小型成長株ファンド ジェイクールの評価ってどう?利回りは?

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)は、国内の上場銘柄のうち中小型株に投資するアクティブファンドです。資産残高の拡大により一時期買付停止となっていましたが、再度買付が再開されたジェイクールですが、どのような特徴があるファンドなのか内容を確認してみました。

iFree S&P500インデックスの評価ってどう?つみたてNISA対象!

iFree S&P500インデックスは、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数であるS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。S&P500をベンチマークとするインデックスファンドは数は少なく、その中でも低コストなiFree S&P500インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

ロボット・テクノロジー関連株ファンドってどう?過去の成績は?

ロボット・テクノロジー関連株ファンド ーロボテックーは、日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資をするアクティブファンドです。ロボット関連株に投資する投資信託は人気があり既に4,000億円近い純資産残高となっていますが、実際どのような内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。