投資信託一覧

たわらノーロードNYダウってどう?過去の成績は?

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズの中でNYダウをベンチマークとするのがたわらノーロードNYダウです。NYダウをベンチマークとするインデックスファンドではiFreeNYダウ・インデックスと同じ信託報酬となっていますが、どんな内容のファンドで実質コストはどの程度となっているのか確認してみました。

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)ってどう?過去の成績は?

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)は、米国の投資適格の社債に幅広く分散投資ができる海外ETFです。社債への投資ということで安定的に毎月分配金がもらえるETFとなっていますが、どんな会社へ投資をしどのくらいの分配金がもらえるのか確認してみました。

三井住友・配当フォーカスオープンってどう?過去の成績は?

三井住友・配当フォーカスオープンは、東証一部・二部に上場する銘柄から配当に着目した銘柄選定を行う国内株式に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスター社などの第三者機関が発表する賞を数多く受賞していますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。

バンガード米国増配株式ETF(VIG)ってどう?過去の成績はどうだった?

バンガード・米国増配株式ETF(VIG)は低コストETFで有名なバンガード社の米国増配株式に分散投資ができるETFです。米国は50年以上連続増配している企業もあったり、株主を重視する文化が根付いています。そんな米国企業の中でも10年以上連続して増配している企業に投資ができるバンガード米国増配株式ETFの内容を確認してみました。

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)ってどう?

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)は、相対的に時価総額が中小型規模の国内株式に投資を行うアクティブファンドです。「情報の岡三」として定評がある岡三グループが運用する中小型成長株オープンは実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。

トライオートETF「ETF自動売買セレクト」に新機能追加!金利コストも引き下げ!

インヴァスト証券が提供するETFの自動売買サービスであるトライオートETFのETF自動売買セレクトがバージョンアップを行い新機能が追加されました。また、金利コストの引き下げも行われサービス内容が拡充されましたがどのようなバージョンアップが行われたのか内容を確認してみました。

【2017年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみたいと思います。

トライオートETFのキャンペーンはお得なのか?条件のクリアは簡単?

トライオートETFでは2018年1月から史上最大スペシャルキャンペーンというキャッシュバックキャンペーンを実施してますが、キャッシュバックを得るためには条件をクリアする必要があります。キャッシュバックがもらえる条件のクリアは簡単なのかキャンペーンの内容を確認してみました。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスってどう?過去の成績は?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで先進国株式に分散投資ができるのがeMAXIS Slim先進国株式インデックスです。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slim先進国株式インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドってどう?過去の成績は?

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドは新興国を含む世界各国の債券に分散投資ができるアクティブファンドです。投資対象の債券は、国債以外にも政府機関債、社債、ハイ・イールド債券など返済能力が高く、利回り水準が高い債券を発掘して投資を行うとのことですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

スマート・ファイブ(毎月決算型)ってどう?投資して大丈夫?

スマート・ファイブは中長期的に収益が期待できる5つの資産(日本国債、海外債券、グローバル株式、グローバルREIT、金)を主要投資対象とするバランス型ファンドです。ゆうちょ銀行のみの販売にも関わらず純資産残高は約2,000億円、モーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー2016」で最優秀ファンド賞を受賞するなど評判もいいですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

ニッセイ日経225インデックスファンドってどう?過去の成績は?

ニッセイ日経225インデックスファンドは、国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。純資産残高が1,000億円を超え、SBI証券の投資信託のランキングでも常に上位にいて人気の高いファンドですが、どんな内容のファンドで、過去の成績はどのくらいだったのか確認してみました。

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)ってどう?過去の成績は?

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)はブラックロック社のiシェアーズシリーズのETFで、米国の株式銘柄の中で比較的配当水準が高い銘柄に分散投資ができるETFです。株式投資で配当利回りが高い企業に投資すると、市場平均を上回る確率が高いというデータもあり、高配当銘柄は人気が高いですが、当ETFはどのような内容で過去の成績はどうだったのか確認してみました。

楽天日本株4.3倍ブルってどう?どんな値動きをする?

ブル・ベア型ファンドは、対象となるインデックスにレバレッジをかけた投資効果を得られるという特徴がありますが、4.3倍と高いレバレッジ効果を得られるのが楽天日本株4.3倍ブルです。ネット証券では人気がある商品で販売金額上位の常連でもありますが、レバレッジをかけていないファンドが多い中、レバレッジをかけているファンドが実際どんな値動きをする投資信託なのか、内容について確認してみました。

純金上場信託「金の果実」(1540)ってどう?現物の金(gold)と交換可能!

純金上場信託「金の果実」(1540)は、金地金1gの現在価値と連動し、現物の金(gold)と交換が可能という特徴を持つ国内ETFです。「金」は守りの資産として有事の際には値上がりしやすく、現物の金はそれ自体が全世界どこでも貨幣と交換が可能な資産となります。そんな金へETFで手軽に投資できながら、いざとなったら現物の金への交換が可能な純金上場信託の内容を確認してみました。

海外リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

海外リート型インデックスファンドは主に海外(先進国や新興国)に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。海外リートは比較的利回りが高くインフレ対策にもなるため分散投資先の一つとして考えられる資産クラスです。そんな海外リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)ってどう?過去の成績は?

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は低コストETFとして有名なバンガード社のETFで、米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%を網羅することができるETFです。 世界経済をけん引する米国市場全体に低コストでこれ一本で分散投資ができますが、ETFの内容や過去どのような成績だったのか確認してみました。

ニッセイJPX日経400インデックスファンドってどう?過去の成績は?

国内株式のインデックスといえば日経平均・TOPIXが有名ですが、スマートベータ指数の代表的なJPX日経インデックス400に連動するインデックスファンドがニッセイJPX日経400インデックスファンドです。JPX日経インデックス400は2014年1月から公表が始まった比較的新しい指数ですがどのような特徴がありどの程度の利回りだったのか確認してみました。

JPMザ・ジャパンってどう?国内株式に投資する優良ファンド?

JPMザ・ジャパンはその名の通り日本株式に分散投資ができるアクティブファンドで、1999年12月15日から運用されている国内の投資信託では古株のファンドの一つです。多くのアクティブファンドはインデックスファンドに負けている中、このファンドはどのような内容で、インデックスファンドより成績がいいのか確認してみました。