国内ETF一覧

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(1497)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり)(1497)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる国内ETFです。ハイイールド債券は、投資適格債券と比べると信用力が低いものの利回りが高いといった特徴がありますが、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ米国リートETF(1659)は、米国のリート(不動産投資信託)に分散投資ができる国内ETFです。今後も経済成長が期待できる米国で、定期的な不動産の賃料収入が期待できる不動産投資信託市場に投資ができる国内ETFですが、どのような配当・分配金となっているかなど内容を確認してみました。

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(1459)(楽天225ダブルベア)の評価ってどう?

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(楽天225ダブルベア)は、日経平均の騰落率のー2(マイナス2)倍の値動きをする国内ETFです。日経平均が下がりそうなときに手軽に投資ができ、利益を2倍出せるETFですが、どんな特徴があるのか内容を確認してみました。

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(1458)(楽天225ダブルブル)の評価ってどう?手数料無料?

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(楽天225ダブルブル)は日経平均の騰落率の2倍の値動きをする国内ETFです。レバレッジ型ETFは証券会社の売買代金ランキングの上位に入るなど頻繁に取引されていますが、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型はどのような内容のETFなのか内容を確認してみました。

純金上場信託「金の果実」(1540)ってどう?現物の金(gold)と交換可能!

純金上場信託「金の果実」(1540)は、金地金1gの現在価値と連動し、現物の金(gold)と交換が可能という特徴を持つ国内ETFです。「金」は守りの資産として有事の際には値上がりしやすく、現物の金はそれ自体が全世界どこでも貨幣と交換が可能な資産となります。そんな金へETFで手軽に投資できながら、いざとなったら現物の金への交換が可能な純金上場信託の内容を確認してみました。

SPDR S&P500 ETF(spy、1557)ってどう?世界最大ETFの利回りは?

米国の代表的な指標であるS&P500に連動し、世界最大の純資産残高を誇るETFがSPDR S&P500 ETF(spy、1557)です。純資産残高は約27兆円で1993年に米国で上場し20年以上運用されている世界で最も有名なETFです。東証には2011年に上場しているので国内ETFとして取引が可能ですが、どんなETFなのか内容を確認してみました。

SPDRゴールド・シェア(1326)ってどう?金への投資は必要?

金融危機など有事の際に守りの資産として有名な金への投資ですが、実物を購入する以外にもETFでも気軽に投資をすることができ、SPDRゴールド・シェア(1326)は金ETFで世界最大規模を誇ってます。そんなSPDRゴールド・シェアはどんな特徴があるETFなのか内容について確認してみました。

iシェアーズ エマージング株ETF(1582)ってどう?新興国に幅広く投資!

ブラックロック社のiシェアーズシリーズの一つであるiシェアーズ エマージング株ETF(1582)は、新興国に幅広く投資ができる国内ETFです。中国を始めインドやロシア、ブラジル、南アフリカといったBRICsを含んだ新興国に分散投資ができるiシェアーズ エマージング株ETF(1582)はどんな内容のETFなのか確認してみました。

上場インデックスファンド海外債券(1677)って?ETFで毎月分配?

投資信託(非上場)で人気の高い毎月分配型ですが、国内ETFにも毎月分配型のETFがあり、それが上場インデックスファンド海外債券(Citi WGBI)毎月分配型です。ETFの分配金は投資信託(非上場)と異なりすべて健全な分配金となるため、まさに不労所得となりますが、どんな内容のETFなのか内容を確認してみました。

日経平均レバレッジ上場投信(1570)って?どんな仕組みのETF?

SBI証券などが発表している国内株式の売買代金ランキングでトヨタ自動車やソフトバンク等の大型株と並んで常にランキング上位なのが、野村アセットマネジメントの(NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信です。どのような仕組みのETFなのか内容を確認してみました。