ETF一覧

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)の評価って?利回りはどのくらい?

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)は、インドルピーベースのNifty50指数を対象株価指数とし、日本円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目指す国内ETFです。インドは高い経済成長率を維持し、数年後には中国を抜いて世界一の人口になると予想されていて、豊富な労働力がある国です。そんなインドに投資ができるNEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)はどんな内容なのか確認してみました。

上場インデックスファンド新興国債券(1566)の評価って?分配金利回りが高い!

上場インデックスファンド新興国債券(1566)は、新興国債券市場に分散投資ができる円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致させることをめざす国内ETFです。国内ETFでは、分配金利回りが最も高いETFですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は、新興国市場の大型株・中型株・小型株に幅広く分散投資ができる海外ETFです。FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)の評価って?TOPIXと比較すると?

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)は、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとする国内ETFです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するMAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)はどのような内容のファンドなのか確認してみました。

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

ナスダック総合指数に連動するONEQの評価って?過去の利回りはどのくらい?

ONEQ(Fidelity NASDAQ Composite Index Tracking Stock ETF)は、ナスダック総合指数の価格および利回りに連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダックに連動する投資信託やETFのほとんどがナスダック100指数に連動するものが多い中、構成銘柄の多いナスダック総合指数に連動するONEQはどのようなETFなのか内容を確認してみました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

トライオートETFの自動売買セレクトでFXも自動売買?過去の成績を検証すると?

CFDの仕組みを利用してETFの自動売買が可能なトライオートETFの自動売買セレクトにFXの自動売買ができるトライオートFXが追加され、ETFとFXを組み合わせたポートフォリオを作成することができるようになりました。ETFの自動売買やFXの自動売買を組み合わせるとリターンやリスクはどうなるのか過去の成績を検証してみました。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)の評価って?利回りは?

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる海外ETFです。高い利回りが期待できる米国のハイイールド社債に幅広く投資ができますが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(1496)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496)は、米ドル建て投資適格社債へ分散投資ができる国内ETFです。投資適格債券は、ハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待できますがiシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(1497)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり)(1497)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる国内ETFです。ハイイールド債券は、投資適格債券と比べると信用力が低いものの利回りが高いといった特徴がありますが、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ米国リートETF(1659)は、米国のリート(不動産投資信託)に分散投資ができる国内ETFです。今後も経済成長が期待できる米国で、定期的な不動産の賃料収入が期待できる不動産投資信託市場に投資ができる国内ETFですが、どのような配当・分配金となっているかなど内容を確認してみました。

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)の評価ってどう?利回りや配当はどのくらい?

米国の代表的な指標で、ニュースでもよく耳にするダウ平均株価に連動する海外ETFが、SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)です。ダウ平均株価は米国を代表する30銘柄で構成され、米国だけというより世界をまたにかける企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標と言えます。そんなダウ平均株価と連動するSPDRダウ工業株平均ETF(DIA)はどんな内容のETFなのか確認してみました。

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(1459)(楽天225ダブルベア)の評価ってどう?

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(楽天225ダブルベア)は、日経平均の騰落率のー2(マイナス2)倍の値動きをする国内ETFです。日経平均が下がりそうなときに手軽に投資ができ、利益を2倍出せるETFですが、どんな特徴があるのか内容を確認してみました。

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)の評価って?利回りや配当はどのくらい?

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)は、ナスダック100指数に連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダック市場に投資ができる数少ないETFの1つであるパワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1はどんな内容のETFで、過去の利回りや配当はどうだったのか確認してみました。

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(1458)(楽天225ダブルブル)の評価ってどう?手数料無料?

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(楽天225ダブルブル)は日経平均の騰落率の2倍の値動きをする国内ETFです。レバレッジ型ETFは証券会社の売買代金ランキングの上位に入るなど頻繁に取引されていますが、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型はどのような内容のETFなのか内容を確認してみました。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)ってどう?過去の成績は?

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)は、米国の投資適格の社債に幅広く分散投資ができる海外ETFです。社債への投資ということで安定的に毎月分配金がもらえるETFとなっていますが、どんな会社へ投資をしどのくらいの分配金がもらえるのか確認してみました。