インデックスファンド一覧

海外リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

海外リート型インデックスファンドは主に海外(先進国や新興国)に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。海外リートは比較的利回りが高くインフレ対策にもなるため分散投資先の一つとして考えられる資産クラスです。そんな海外リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

ニッセイJPX日経400インデックスファンドってどう?過去の成績は?

国内株式のインデックスといえば日経平均・TOPIXが有名ですが、スマートベータ指数の代表的なJPX日経インデックス400に連動するインデックスファンドがニッセイJPX日経400インデックスファンドです。JPX日経インデックス400は2014年1月から公表が始まった比較的新しい指数ですがどのような特徴がありどの程度の利回りだったのか確認してみました。

国内リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内リート型インデックスファンドは主に国内に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。間接的に国内の商業ビルやオフィス等に投資を行い、不動産価格の値上がりと同時に定期的な賃料による収益が期待できる投資信託です。そんな国内リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

野村つみたて外国株投信ってどう?低コストで先進国・新興国に分散投資!

野村つみたて外国株投信は、日本を除く先進国22ヵ国、新興国24ヵ国の大型・中型株に分散投資ができるインデックスファンドです。野村アセットマネジメントではすでにインデックスファンドシリーズ「Funds-i」を運用していますが、つみたて専用として設定された野村つみたて外国株投信の内容について確認してみました。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)ってどう?VTと比較すると?

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは楽天投信投資顧問とバンガード社が立ち上げた楽天・バンガード・ファンドシリーズの全世界の株式に分散投資できるインデックスファンドです。海外ETFで個人投資家に人気の高いバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

新興国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国債券インデックスファンドは約20ヵ国弱の新興国の債券に分散投資ができる投資信託です。新興国債券は、政治や経済など不安な点も多く、為替レートの変動も激しいためリスクは高めですが、先進国より高い利回りということで分散投資の先の一つとして考えられる資産クラスでもあります。そんな新興国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドってどう?

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSから名称変更して、信託報酬も引き下げを行ったのが三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドです。TOPIX(配当込み)に連動する成果を目指した運用を行うとのことですが、ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。

先進国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国債券型インデックスファンドは世界の主要国の国債に分散投資ができる投資信託です。伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

iFree新興国債券インデックスってどう?過去の成績は?

iFree新興国債券インデックスは、低コストインデックスファンドで知られるiFreeシリーズで新興国債券市場に分散投資ができるファンドです。JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックスーエマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円換算ベース)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

国内債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内債券型インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、他の資産クラスと逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

ニッセイ国内債券インデックスファンドってどう?過去の成績は?

ニッセイ国内債券インデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで日本国内の公社債に分散投資ができるファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどのくらいだったのか確認してみました。

新興国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国株式インデックスファンドは20ヵ国以上の新興国に分散投資ができる投資信託です。新興国株式は、政治や経済など不安な点も多くリスクは高めですが、中国やインドを筆頭に人口の増加が予想されていて、先進国より高い経済成長率が期待される資産クラスでもあります。そんな新興国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

三井住友・DCつみたてNISA・全海外株式インデックスファンドってどう?過去の成績は?

三井住友・DC全海外株式インデックスファンドは、もともと確定供出年金(DC)専用だったファンドが一般販売された商品で、これ一本で日本を除く先進国・新興国の株式市場へ分散投資できます。どんな内容のファンドで、過去の成績はどのくらいだったのか確認してみました。

eMAXIS Slim新興国株式インデックスってどう?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで新興国株式に分散投資ができるのがeMAXIS Slim新興国株式インデックスです。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slim新興国株式インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

ニッセイ外国債券インデックスファンドってどう?過去の成績は?

ニッセイ外国債券インデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで日本を除く先進国の国債に分散投資ができるファンドです。シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

先進国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国株式インデックスファンドは20か国以上の先進国に分散投資ができる投資信託です。先進国株式は今後も安定的なリターンが期待でき、国際分散投資を行う上では欠かせない資産クラスの一つです。そんな先進国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内株式インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとして、その動きに連動する投資信託です。国内株式への投資は日本にいれば情報も入手しやすく為替リスクがないのが特徴で、身近な投資対象として人気があります。そんな国内株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

バランス型投資信託を比較!初心者の方にもおすすめ?

バランス型投資信託は一本で株式や債券、リートなど複数の資産に投資ができ、国内だけでなく先進国や新興国へも分散投資ができるので人気の高い投資信託です。各資産への比率はファンドによって自動で調整されるのでほったらかし投資したい方にも向いています。そんなバランス型投資信託の各資産への配分比率などを含めて比較してみましたので、これから資産運用を始めようとしてる初心者の方や、バランス型投資信託が気になっている方は、参考にしてみてください。

SMTインデックスバランス・オープンって?どんな特徴がある?

SMTインデックスバランス・オープンは株、債券、リートに分散投資ができ、各資産は国内、先進国、新興国すべてにこれ一本で投資ができるバランス型投資信託です。同じ運用会社で人気の高い世界経済インデックスファンドがありますが、SMTインデックスバランス・オープンはリートも投資対象となっていて、より分散性の高いファンドとなっていますがどんな内容なのか確認してみました。

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの評価って?数少ないファンド!

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドは米国の株式市場を代表する指数であるS&P500に連動するインデックスファンドです。(2018年2月よりi-mizuho米国株式インデックスから名称変更されました)NYダウ平均に連動するインデックスファンドはいくつかある中、S&P500に連動するインデックスファンドは意外に数は少なく、当ファンドはどのような内容なのか確認してみました。