アクティブファンド一覧

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)は、世界の主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業を主要投資対象とするアクティブファンドです。リセッション(不況期)に強いといわれるヘルスケア関連企業に投資するファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

トレンド・アロケーション・オープンの評価ってどう?利回りはどのくらい?

トレンド・アロケーション・オープンは、世界各国の株式・債券・リート・コモディティなどを主要投資対象としたバランス型ファンドです。分散投資、機動的な資産配分、下落リスクへの対応、為替ヘッジといった運用手法により負けにくい投資を目指すとのことですが、どんな内容なのか確認してみました。

モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープンの評価ってどう?利回りはどのくらい?

モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープンは、世界各国の高いブランド力、有力な特許、強固な販売網などを裏付けに企業価値を中長期的に維持・向上させることが期待できる企業に投資を行うアクティブファンドです。投信評価会社モーニングスター株式会社による「ファンド オブ ザ イヤー 2019」で国際株式型(グローバル)部門で最優秀ファンド賞を受賞した当ファンドはどのような内容のファンドで、過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

ひふみワールド+(プラス)の評価ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

ひふみワールド+(プラス)は、日本を除く世界各国の株式等を主要な投資対象とし、成長性が高いと判断される銘柄を選別して投資するアクティブファンドです。主に日本株式に投資をする「ひふみ投信」を運用するレオスキャピタルワークスが設定したファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

ニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

ニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンドは、新興国の株式に分散投資ができるアクティブファンドです。フランスの独立系運用会社であるコムジェストが厳選した高い利益成長が持続すると見込まれる銘柄に投資を行うとのことですが、どのような内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

ひふみワールドの評価ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

ひふみワールドは、日本を除く世界各国の株式等を主要な投資対象とし、成長性が高いと判断される銘柄を選別して投資するアクティブファンドです。主に日本株式に投資をする「ひふみ投信」を運用するレオスキャピタルワークスが設定したファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は、日本を含む世界各国の株式、不動産投信(REIT)および債券などに分散投資ができるアクティブファンドです。先物取引を利用することによりレバレッジをかけ、預けた資産の3倍相当額の投資を行いますが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

明治安田日本債券オープン(年1回決算型)の評価ってどう?利回りってどのくらい?

明治安田日本債券オープン(年1回決算型)【愛称:しあわせ宣言(年1回決算型)】は、日本の公社債に分散投資ができるアクティブファンドです。アクティブファンドですがNOMURA-BPI総合をベンチマークとし、中朝的にこれを上回る投資成果を目指すとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)の評価ってどう?利回りってどのくらい?

J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)は、国内の金融商品取引所に上場している不動産投資信託(Jリート)に分散投資ができるアクティブファンドです。不動産投資信託は安定したインカムゲインの確保が期待できますが、どんな内容のファンドで、低コストなインデックスファンドと比較するとどうなのかなど確認してみました。

しんきんJリートオープン(毎月決算型)の評価ってどう?利回りってどのくらい?

しんきんJリートオープン(毎月決算型)は、国内の金融商品取引所に上場している不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができる毎月分配型のアクティブファンドです。東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとし、これを中長期的に上回る運用成果を目指して運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

三菱UFJ Jリートオープン(毎月決算型)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

三菱UFJ Jリートオープン(毎月決算型)は、日本の金融証券取引所に上場している(上場予定含む)不動産投資信託証券(J-REIT)に投資をするアクティブファンドです。銘柄は定性的評価・定量的評価を経て選定されるとのことですが、どのような内容のファンドなのか過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

高成長インド・中型株式ファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

高成長インド・中型株式ファンドは、インドの中型株式に分散投資を行うアクティブファンドです。ファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行うファンドですが、ファンド・オブ・ファンズ方式の場合、コストが割高となる傾向がありますが、高成長インド・中型株式ファンドはどんな内容のファンドで実質コストや過去の成績はどうだったのか確認してみました。

コモンズ30ファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

コモンズ30ファンドは、30年の長い目線を持って世界で成長し続けられる国内株式30銘柄に厳選して投資を行うアクティブファンドです。「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」でも20位に入るなど、個人投資家の方にも人気があるコモンズ30ファンドとはどんなファンドなのか内容を確認してみました。

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信の評価って?過去の利回りは?

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信は、成長の可能性が高いと判断される米国株式に分散投資を行うアクティブファンドです。為替ヘッジありや毎月分配型などAコースからDコースの4つのコースが設定されているファンドですが、どんな内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

iFree年金バランスの評価って?GPIFとの連動性は高いのか?

iFree年金バランスは、国内株式・先進国株式・国内債券・先進国債券に分散投資ができるバランス型ファンドです。資産クラスおよび配分比率はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づけることを目標とするとのことですがどのようなファンドなのか内容について確認してみました。

野村Jリートファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

野村Jリートファンドは、国内の金融商品取引所に上場しているリート(不動産投資信託)であるJ-REITに分散投資ができるアクティブファンドです。多くのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないといわれてますが、野村Jリートファンドはどのような成績だったのか確認してみました。

サイバーセキュリティ株式オープンの評価って?利回りや実質コストはどのくらい?

サイバーセキュリティ株式オープンは、日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業に投資を行うアクティブファンドです。インターネット上のサービスは日々進歩していき、IoT(Internet of Things)によりあらゆるものがインターネットにつながっていく中で、個人や企業のみならず国家規模にいたるまでセキュリティ対策が必須となっています。そんな時代の中で、インターネット上のセキュリティ関連企業に投資する当ファンドの内容について確認してみました。

J-Stock アクティブ・オープンの評価って?利回りはどのくらい?

J-Stock アクティブ・オープンは、国内の新興企業の株式へ分散投資ができるアクティブファンドです。一時期純資産残高が増えたことによって販売停止となってましたが、2019年1月末より受付を再開したファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

新生・UTIインドファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

新生・UTIインドファンドは、主にインドの証券取引所に上場している株式に分散投資ができるアクティブファンドです。今後も7~8%と高い成長率が予想され、2022年には中国を抜き世界最大の人口になると予測され、しかも平均年齢も若いインドインドに投資ができる新生・UTIインドファンドの内容について確認してみました。