アクティブファンド一覧

iFree年金バランスの評価って?GPIFとの連動性は高いのか?

iFree年金バランスは、国内株式・先進国株式・国内債券・先進国債券に分散投資ができるバランス型ファンドです。資産クラスおよび配分比率はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づけることを目標とするとのことですがどのようなファンドなのか内容について確認してみました。

野村Jリートファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

野村Jリートファンドは、国内の金融商品取引所に上場しているリート(不動産投資信託)であるJ-REITに分散投資ができるアクティブファンドです。多くのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないといわれてますが、野村Jリートファンドはどのような成績だったのか確認してみました。

サイバーセキュリティ株式オープンの評価って?利回りや実質コストはどのくらい?

サイバーセキュリティ株式オープンは、日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業に投資を行うアクティブファンドです。インターネット上のサービスは日々進歩していき、IoT(Internet of Things)によりあらゆるものがインターネットにつながっていく中で、個人や企業のみならず国家規模にいたるまでセキュリティ対策が必須となっています。そんな時代の中で、インターネット上のセキュリティ関連企業に投資する当ファンドの内容について確認してみました。

J-Stock アクティブ・オープンの評価って?利回りはどのくらい?

J-Stock アクティブ・オープンは、国内の新興企業の株式へ分散投資ができるアクティブファンドです。一時期純資産残高が増えたことによって販売停止となってましたが、2019年1月末より受付を再開したファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

新生・UTIインドファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

新生・UTIインドファンドは、主にインドの証券取引所に上場している株式に分散投資ができるアクティブファンドです。今後も7~8%と高い成長率が予想され、2022年には中国を抜き世界最大の人口になると予測され、しかも平均年齢も若いインドインドに投資ができる新生・UTIインドファンドの内容について確認してみました。

明治安田J-REIT戦略ファンド(リート王)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)【愛称:リート王】は、主に日本の金融証券取引所に上場されているリート(不動産投資信託)と日本国債に投資をするアクティブファンドです。市場動向によってリートの投資配分の変更を行い、日本国債との配分比率を変更するファンドですが、どのような内容のファンドなのか過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)の評価って?投資して大丈夫?

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)は、主に日本を含む世界の高配当利回りの公益株に投資をするアクティブファンドです。比較的安泰といったイメージがある電力、ガス、水道などの公益株に投資するファンドですが、どのような内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドの評価って?利回りはどのくらい?

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドは、米国の上場株式を対象に、付加価値の高い産業、圧倒的な競合優位性、長期的な潮流の3つの条件を満たす「構造的に強靭な企業」に厳選して投資を行うアクティブファンドです。どんな内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)は、国内株式の中から厳選した銘柄に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスターのファンド オブ ザ イヤーや、R&Iファンド大賞で最優秀ファンド賞を受賞するなど第三者機関からの評価も高いファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)は、マクロの投資環境の変化に応じて、その時々で最適と判断される投資スタイルで運用する国内株式を投資対象としたアクティブファンドです。10年以上の運用実績がありTOPIXをベンチマークとするファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

厳選ジャパンの評価ってどう?国内最強の投資信託となりうるか?

厳選ジャパンは、国内の上場株式のうち高い利益成長が期待できる20銘柄程度に厳選して投資を行うアクティブファンドです。分配金込みの基準価額が10倍を超え、投資信託全ファンドで過去10年間の成績が最も良かった「DIAM新興市場日本株ファンド」を運用する岩谷氏ファンドマネージャーが新たに運用する厳選ジャパンはどんなファンドなのか内容を確認してみました。

フィデリティ・日本成長株・ファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

フィデリティ・日本成長株・ファンドは、高い成長が期待できる日本企業に分散投資を行うアクティブファンドです。設定されてから20年を超える運用実績があり、純資産残高も国内では大型の3,500億円を超える規模となっていますが、どんな内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドの評価って?利回りは?

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドは、米国を中心としたインターネット関連企業に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。設定日が1999年と長い間運用されてきているファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの評価ってどう?利回りは?

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは、主に国内の小型株を中心に投資を行うアクティブファンドです。国内の上場企業のうち経営者が実質的に主要な株主である企業を主要投資対象とするとのことですが、どのようなファンドなのか内容について確認してみました。

iTrustインド株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrustインド株式は、中長期的に成長が期待できるインド企業の株式に分散投資ができるアクティブファンドです。2022年には中国を抜き、世界最大の人口を有すると予測されているインドに投資ができるiTrustインド株式ですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

米国NASDAQオープンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

米国NASDAQオープンは、米国のNASDAQ上場株式に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへ投資ができる米国NASDAQオープンはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の評価って?投資して大丈夫?

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)は、日本を含む世界各国の次世代通信関連企業に分散投資ができるアクティブファンドです。AIやIoTなどの実現に必須となる第5世代通信システムである5Gに関連する企業に投資を行うファンドですが、どのような内容なのか確認してみました。

三井住友・げんきシニアライフ・オープンの評価ってどう?過去の利回りは?

三井住友・げんきシニアライフ・オープンは、日本国内の「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する企業に分散投資を行うアクティブファンドです。第三者機関による評価が高く受賞歴も多いファンドですが、実際どのようなファンドなのか内容を確認してみました。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)の評価って?利回りは?

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)は、日本を含む世界の上場株式のうち競争優位性があり、高成長が期待される質の高いハイクオリティ成長企業の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資を行うアクティブファンドです。限定為替ヘッジと為替ヘッジなしのファンドがありますが、それぞれの比較など含めてファンドの内容について確認してみました。

iTrust新興国株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrust新興国株式は、主に新興国の株式に分散投資をするアクティブファンドですが、愛称が「働きざかり~労働人口増加国限定~」とあるように労働人口増加国に限定した国に分散投資するファンドです。新興国は今後の成長余地が大きいと期待されていますが、その中でも特に労働人口に増加国に限定したiTrust新興国株式の内容について確認してみました。