アクティブファンド一覧

iTrustインド株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrustインド株式は、中長期的に成長が期待できるインド企業の株式に分散投資ができるアクティブファンドです。2022年には中国を抜き、世界最大の人口を有すると予測されているインドに投資ができるiTrustインド株式ですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

米国NASDAQオープンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

米国NASDAQオープンは、米国のNASDAQ上場株式に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへ投資ができる米国NASDAQオープンはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の評価って?投資して大丈夫?

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)は、日本を含む世界各国の次世代通信関連企業に分散投資ができるアクティブファンドです。AIやIoTなどの実現に必須となる第5世代通信システムである5Gに関連する企業に投資を行うファンドですが、どのような内容なのか確認してみました。

三井住友・げんきシニアライフ・オープンの評価ってどう?過去の利回りは?

三井住友・げんきシニアライフ・オープンは、日本国内の「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する企業に分散投資を行うアクティブファンドです。第三者機関による評価が高く受賞歴も多いファンドですが、実際どのようなファンドなのか内容を確認してみました。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)の評価って?利回りは?

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)は、日本を含む世界の上場株式のうち競争優位性があり、高成長が期待される質の高いハイクオリティ成長企業の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資を行うアクティブファンドです。限定為替ヘッジと為替ヘッジなしのファンドがありますが、それぞれの比較など含めてファンドの内容について確認してみました。

iTrust新興国株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrust新興国株式は、主に新興国の株式に分散投資をするアクティブファンドですが、愛称が「働きざかり~労働人口増加国限定~」とあるように労働人口増加国に限定した国に分散投資するファンドです。新興国は今後の成長余地が大きいと期待されていますが、その中でも特に労働人口に増加国に限定したiTrust新興国株式の内容について確認してみました。

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の評価って?利回りってどう?

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)は、日本や新興国も含む全世界の株式を投資対象とし、配当利回りの高い銘柄を中心に投資をするアクティブファンドです。分配金利回りが高く、オプション取引を活用し安定した収益の確保を目指す戦略とのことですが、高い分配金を出せるほどのファンドなのか内容を確認してみました。

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)は、主に国内の新興企業の株式を中心に投資を行うアクティブファンドです。設定日が2000年と長期にわたって運用されている実績を持つファンドですが、どのような内容のファンドなのか、主に国内株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信やジェイリバイブと過去の成績も比較してみました。

ベトナム成長株インカムファンドの評価ってどう?利回りってどのくらい?

ベトナム成長株インカムファンドはその名の通りベトナムの株式に投資ができるアクティブファンドです。運用を行うキャピタルアセットマネジメントは、ベトナムやフィリピンなどのアセアン市場や南アフリカ、中近東といった新興国市場、シェールガス関連株式に投資するファンドを運用するといった特徴がありますが、ベトナム成長株インカムファンドはどんな内容のファンドなのか内容を確認してみました。

結い2101の評価ってどう?個人投資家に人気があるけど過去の成績は?

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」で2010年から6年連続でトップ10入りし、2016、2017年ではトップ10入りとはなりませんでしたが、それでもトップ20に入る個人投資家に人気が高いファンドが結い2101です。日本株式を投資対象としたアクティブファンドで鎌倉投信の直販のみですが、つみたてNISAに対応した数少ないアクティブファンドですが、ファンドの内容や過去の成績などはどうなのか確認してみました。

SBI小型成長株ファンド ジェイクールの評価ってどう?利回りは?

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)は、国内の上場銘柄のうち中小型株に投資するアクティブファンドです。資産残高の拡大により一時期買付停止となっていましたが、再度買付が再開されたジェイクールですが、どのような特徴があるファンドなのか内容を確認してみました。

ロボット・テクノロジー関連株ファンドってどう?過去の成績は?

ロボット・テクノロジー関連株ファンド ーロボテックーは、日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資をするアクティブファンドです。ロボット関連株に投資する投資信託は人気があり既に4,000億円近い純資産残高となっていますが、実際どのような内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

三井住友・配当フォーカスオープンってどう?過去の成績は?

三井住友・配当フォーカスオープンは、東証一部・二部に上場する銘柄から配当に着目した銘柄選定を行う国内株式に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスター社などの第三者機関が発表する賞を数多く受賞していますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)ってどう?

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)は、相対的に時価総額が中小型規模の国内株式に投資を行うアクティブファンドです。「情報の岡三」として定評がある岡三グループが運用する中小型成長株オープンは実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドってどう?過去の成績は?

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドは新興国を含む世界各国の債券に分散投資ができるアクティブファンドです。投資対象の債券は、国債以外にも政府機関債、社債、ハイ・イールド債券など返済能力が高く、利回り水準が高い債券を発掘して投資を行うとのことですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

スマート・ファイブ(毎月決算型)ってどう?投資して大丈夫?

スマート・ファイブは中長期的に収益が期待できる5つの資産(日本国債、海外債券、グローバル株式、グローバルREIT、金)を主要投資対象とするバランス型ファンドです。ゆうちょ銀行のみの販売にも関わらず純資産残高は約2,000億円、モーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー2016」で最優秀ファンド賞を受賞するなど評判もいいですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

JPMザ・ジャパンってどう?国内株式に投資する優良ファンド?

JPMザ・ジャパンはその名の通り日本株式に分散投資ができるアクティブファンドで、1999年12月15日から運用されている国内の投資信託では古株のファンドの一つです。多くのアクティブファンドはインデックスファンドに負けている中、このファンドはどのような内容で、インデックスファンドより成績がいいのか確認してみました。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープンってどう?過去の成績は?

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))は日本を除く世界各国の株式を投資対象とするアクティブファンドです。過去数々の受賞実績があり非常に高い評価を受けているファンドですが、実際どの程度の成績なのか、内容や利回りなどについて確認してみました。

グローバル・ロボティクス株式ファンドってどう?投資して大丈夫?

日本を含む世界各国の金融商品取引所に上場されているロボティクス関連企業の株式に投資が行えるのが、グローバル・ロボティクス株式ファンドです。ロボティクス市場は、少子高齢化が進む日本などではロボティクス技術を用いて介護や医療を始め様々な分野での導入が期待されています。今後の成長が期待されるロボティクス市場に投資を行うグローバル・ロボティクス株式ファンドの内容について確認してみました。

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)ってどう?投資して大丈夫?

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)は純資産残高1兆1000億円を超える国内トップクラスの規模の投資信託です。毎月分配型で米国のリート市場に分散投資ができるファンドで、過去にはモーニングスター社の選定するFund of the year 2015でREIT型部門優秀ファンド賞も受賞し外部機関からの評価も高いようですが、投資する価値があるのか内容について確認してみました。