投資信託一覧

eMAXIS Neo ドローンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

eMAXIS Neo ドローンは、AIが銘柄を選ぶeMAXIS neoシリーズの主に米国の金融商品取引所に上場している日本を含む世界各国のドローン関連企業に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P Kensho Drones Index(配当込み)というあまり聞きなれないインデックスの動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・超長期米国債ETF【EDV】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・超長期米国債ETF(EDV)は、残存期間が20~30年の米国債(ストリップス債)に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)の評価って?利回りや実質コストは?

楽天・新興国株式インデックス・ファンドは、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。新興国24ヵ国の大型・中型・小型株式に幅広く分散投資ができるバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF【RWR】の評価って?S&P500の2倍の利益?

SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR)は、米国の不動産投資信託(リート)に分散投資ができる海外ETFです。ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数の価格と利回りに経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とするETFですが、どんな内容のETFなのか、利回りはどのくらいなのか確認してみました。

SMT グローバル株式インデックス・オープンの評価って?利回りや実質コストは?

SMT グローバル株式インデックス・オープンは、先進国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCI KOKUSAIインデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、低コストなインデックスファンドが登場している中、これから投資するのに適しているのか内容を確認してみました。

サイバーセキュリティ株式オープンの評価って?利回りや実質コストはどのくらい?

サイバーセキュリティ株式オープンは、日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業に投資を行うアクティブファンドです。インターネット上のサービスは日々進歩していき、IoT(Internet of Things)によりあらゆるものがインターネットにつながっていく中で、個人や企業のみならず国家規模にいたるまでセキュリティ対策が必須となっています。そんな時代の中で、インターネット上のセキュリティ関連企業に投資する当ファンドの内容について確認してみました。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドの評価って?利回りや実質コストは?

SBI・新興国株式インデックス・ファンド「愛称:雪だるま(新興国株式)」(旧名:EXE-i つみたて新興国株式ファンド)は、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。新興国株式の低コストなインデックスファンドで多く採用されている「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」とは異なり「FTSEエマージング・インデックス」をベンチマークとしてますが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

三井住友・DC外国リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC外国リートインデックスファンドは、日本を除く先進国に上場している不動産投資信託(リート)に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF【SPXL】の評価って?利回りや配当金は?

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の値動きとなる投資成果を目指した海外ETFです。レバレッジ型ETFは、一般的に長期投資には向かないと言われてますが、Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は過去どのような値動きをしていたいのか確認してみました。

ETFを自動積立できるネット証券会社は?手数料や対象銘柄は?

ETFは投資信託のインデックスファンドと同じように、例えば日経平均やTOPIXといった特定の指数に連動する運用成果を期待でき、信託報酬が安いので長期で保有するならコストを抑えられるメリットがあります。そんなETFを、投資信託のように自動で積立できるネット証券会社はどこなのか、手数料や対象銘柄などについて確認してみました。

iFree JPX日経400インデックスの評価ってどう?実質コストや利回りは?

iFree JPX日経400インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。JPX日経400インデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

全世界株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

全世界株式インデックスファンドは、先進国や新興国を含む全世界株式に分散投資ができる投資信託で、特定の地域や国に依存せずに、世界経済全体の発展に伴うリターンが期待できます。 全世界株式に分散投資ができる低コストなインデックスファンドが増えてきたので、一覧としてまとめ、実質コストなど比較してみました。

J-Stock アクティブ・オープンの評価って?利回りはどのくらい?

J-Stock アクティブ・オープンは、国内の新興企業の株式へ分散投資ができるアクティブファンドです。一時期純資産残高が増えたことによって販売停止となってましたが、2019年1月末より受付を再開したファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

三井住友・DC日本リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC日本リートインデックスファンドは、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF【EIDO】の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF(EIDO)は、世界第4位の人口を有し平均年齢が29歳と若い世代の比率が高いインドネシアの株式に幅広く分散投資ができる海外ETFです。MSCI インドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

新生・UTIインドファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

新生・UTIインドファンドは、主にインドの証券取引所に上場している株式に分散投資ができるアクティブファンドです。今後も7~8%と高い成長率が予想され、2022年には中国を抜き世界最大の人口になると予測され、しかも平均年齢も若いインドインドに投資ができる新生・UTIインドファンドの内容について確認してみました。

Smart-i Jリートインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i Jリートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。