マネックス証券一覧

マネックス証券の米国株(アメリカ株)取引のメリット・デメリットって?

大手ネット証券で米国株の取り引きができるのはSBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社となりますが、一番米国株に力を入れてるように思えるのがマネックス証券です。米国株初心者の方から上級者の方までに対応したマネックス証券の米国株(アメリカ株)取引サービスのメリット・デメリットについて確認してみました。

マネックス証券のIPOのルールって?当選確率を上げるには?

株式の初心者でも勝ちやすく勝率は8割とも9割とも言われているIPO投資で絶対に押さえておきたい証券会社の一つがマネックス証券です。なぜIPO投資するのにマネックス証券が必須なのかIPOのルールについて確認し、なかなか当たらないと言われているIPOの当選確率を少しでも上げるにはどのようなことをすれば調査してみました。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、節税効果は年率30%の投資効果と同等レベルとメリットが大きく、2017年1月に加入対象者が拡大されほとんどの方が利用できます。しかも、投資をしている人だけにメリットがあるわけではなく所得税を支払っている誰にでもメリットがあるので利用しないのはもったいないです。ただ、個人型確定拠出年金は1口座しか持てないのでどの金融機関にするか悩みどころなのでおすすめの金融機関について紹介したいと思います。

マネックス証券のトレードステーションが日本株対応!最強ツール誕生?

マネックス証券がついにトレードステーションの日本株対応版をリリースします。トレードステーションというトレードツールは米国ではすでに高い評価を得ていて、マネックス証券が2011年に買収後、米国株の取引にはすでに使えたのですが、日本株対応版が遂に登場します。前評判高いトレードステーションですが、内容について確認してみました。

おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

今話題の低コストインデックスファンドより安い信託報酬といえばETFでその中でも海外ETFは非常に魅力的な商品も多いです。 また、米国株などの海外株式も何十年も増配している企業があるなど魅力的な個別銘柄も多いです。 ただ、海外ETFや海外株式は売買手数料や為替手数料がかかるということで、少しでもこの手数料は抑えたい所ですので、どのネット証券買うのが一番お得なのか比較してみました。

おすすめネット証券会社比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券が手数料など最もお得で取り扱い本数も豊富です。また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、長期投資に便利な積立も自動でお得に取引ができます。投資信託の取引で失敗しないためにもどこで取引するか重要ですので参考にしてみてください!

マネックス証券に口座開設するメリット、デメリットは?IPOやるなら必須!

4大ネット証券の1つマネックス証券は、ネット証券の中では老舗の部類に入る証券会社です。特に情報ツールが充実していて、口座開設するだけで無料で利用できますし、IPOが完全公平抽選と資産が少なくてもIPO当選チャンスがあるのはうれしいサービスです。いまだに多くの方が利用されていますが、どのようなメリット、デメリットがあるのか調べてみました。