ビットバンク(bitbank)の評価・評判!手数料とかどんな特徴がある?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

金融庁に認可された仮想通貨の取引所の一つであるビットバンクは2014年5月に設立された取引所です。

ビットコインだけでなくGoogleが出資するリップル(XRP)を購入できる数少ない取引所の一つとして注目されていますが、ビットバンクのサービス内容や手数料などについて確認してみました。

ビットバンク(bitbank)って?

基本情報

社名 ビットバンク株式会社
設立日 2014年5月
代表者 廣末紀之
資本金 11億3100万円(資本準備金含)
登録 仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00004号)

主要株主

ビットバンクは2017年7月に東証一部上場でスマホ向けポイントサイトを運営するセレスと資本業務提携を行っています。

ビットバンクがセレスに対して第三者割当増資を行ったことにより(一部既存株主から譲渡)、代表取締役廣末氏に次いで第二位株主(29.9%)となり、これによってビットバンクはセレスの持分法適用関連会社になっています。

セキュリティ施策

セキュリティ対策として下記の施策が行われています。

  • コールドウォレット
  • マルチシグ(マルチシグネチャ)
  • 二段階認証

「コールドウォレット」とは、インターネットから物理的に隔離された保管場所でビットコインを保管することで、これによって万が一ハッキングされたとしても不正な送付などから防ぐことができます。

「マルチ・シグネチャ(マルチシグ)」とは、通常1つの秘密鍵での署名があればビットコインの送付などを行うことができますが、複数の秘密鍵での署名がないと送付などが行えなくなるという技術で、これにより内部の不正行為を防ぐことができます。

ビットバンクでは、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携し、秘密鍵を物理的、仮想的に分散させた形でbitbank、BitGoの2社による電子署名を行っているのが特徴です。

「二段階認証」は、通常のログイン時にIDとパスワードを入力してログインしますが、もう1ステップの認証を追加したものとなり、不正アクセスによる不正送金などを防ぐことができます。

ビットバンクのサービスって?

ビットバンクが提供する主なサービスは下記となります。

  • ビットバンク(bitbank.cc):仮想通貨の現物取引
  • ビットバンクトレード(bitbank Trade):ビットコインFX(ビットコインの先物取引)
  • bitbank for broker:法人向け仮想通貨取引所
  • BTCN:ビットコイン、ブロックチェーン関連のニュースメディア

ここでは、個人向け取引サービスである「ビットバンク(bitbank.cc)」「ビットバンクトレード(bitbank Trade)」について記載します。

ビットバンク(bitbank.cc)の特徴とは?

ビットバック(bitbank.cc)は、仮想通貨の現物取引が行えるサービスで、下記のような特徴があります。

リップルの購入が可能な数少ない取引所

取り扱い通貨ペアは下記の様になっています。

  • ビットコイン (BTC)/JPY
  • リップル (XRP)/JPY
  • ライトコイン (LTC)/BTC
  • イーサリアム (ETH)/BTC
  • モナコイン (MONA)/JPY
  • モナコイン (MONA)/BTC
  • ビットコインキャッシュ (BCC)/JPY
  • ビットコインキャッシュ (BCC)/BTC

仮想通貨の時価総額TOP5はすべて取り扱っているのと、国産の仮想通貨であるモナコインの取扱いもあります。

(引用元:Cryptocurrency Market Capitalizations)

2017年12月時点の仮想通貨の時価総額

売買手数料は無料

売買手数料はキャンペーン中で2018年3月31日(土)まで下記の様にどの通貨ペアで取引してもすべて無料となっています。

メイカー(※1) テイカ―(※2)
BTC/JPY 無料 無料
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC

※1:メイカーは取引板(気配値)に注文を乗せること
※2:テイカ―は取引板(気配値)に並んだ既存の注文を約定すること

もちろん口座開設・維持費用も無料となっています。

入出金

入出金は日本円だけでなく仮想通貨も入金でき手数料などは下記の様になっています。

入金手数料 出金手数料
日本円 振込手数料 540円/756円(3万円以上)
ビットコイン(BTC) 無料 0.001 BTC※
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC※
リップル(XRP) 0.15 XRP※
イーサリアム(ETH) 0.0005 ETH※
モナコイン(MONA) 0.001 MONA※
ビットコインキャッシュ(BCC) 0.001 BCC※

※取引所側が利益として徴収するものでなく、仮想通貨の送付(出金)の際に発生するマイナー(採掘者)に対する報酬に相当する対価

スマホにも対応した取引ツール

チャートツールはWEBブラウザ上で動作する「TradingViw」を採用しているので、別途取引ツールをインストールする必要はありません。

トレンドラインや一目均衡表など100を超えるテクニカル分析が使え、通貨ペアの比較分析も可能で、スマホでも取引ができます。

その他取引概要

取引可能時間 24時間365日
注文受付時間 24時間365日
1日当たり取引制限 無制限
注文の種類 指値、成行

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の特徴とは?

ビットバックトレード(bitbank Trade)は仮想通貨の先物証拠金取引ができる取引所で、下記のような特徴があります。

レバレッジ取引が可能で1万円程度から取引可能

ビットバンクトレードでは「BTC/USD」の通貨ペアのみの取引となり、レバレッジ20倍までの取引が可能です。

参考 レバレッジについてはFXでの記事ですが考え方は同じですので下記を参考にしてみてください。

⇒ FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

取引は「枚」という単位で行い、1枚100米ドルとなるので大体1万円程度から取引することができ、もちろん買いからも売りからも取引することができます。

追証はなく、投資した金額以上の損失は発生しない

ビットバンクトレードではロスカット制度を採用していて、追証(追加証拠金)は発生しない仕組みとなっています。

ロスカット制度とは?
ロスカット制度とは、維持率がロスカット率を下回った際に、損失の拡大を防ぐために、強制的にポジションを反対売買して決済することができる制度

ビットバンクトレードでは、維持率が20%を下回った場合にロスカットとなります。(維持率が50%を下回った時点でアラートとしてメールで通知が来ます)

このロスカット時に、相場が大きく動いてしまい預けてある証拠金(BTC)以上の損失が出て追加で証拠金を入れる必要がある可能性があるのですが、ビットバンクトレードの場合は、キャピタルゲインフィーにより追加で証拠金を入れる必要がありません

キャピタルゲインフィーとは、反対売買、途中決済、期日決済などの決済時に利益が出た場合のみ、その利益に対する0.2%に相当する金額の手数料を支払い、決済損失積立金として充当されます。(損失が出た場合は、発生しません)

そのため、ロスカット時に預けてある証拠金(BTC)以上の損失が出た場合でもその損失分は決済損失積立金より充当されるため、投資した金額以上の損失が発生しないような仕組みとなっています。

ただ、今はビットコインは金融商品取引法の対象外なのでこのような仕組みが可能となっていますが、今後の法改正などによりこのような仕組みができなくなる可能性はあります。

スワップポイントの支払いが必要ない

仮想通貨の証拠金取引では、多くの取引所でスワップポイント(借入手数料やレバレッジ手数料)として日をまたいだ場合、一定の金利を支払う必要があります。

例えば、ビットコイン取引所大手のビットフライヤーの「bitFlyer Lightning」では、買いでも売りでも「0.04%/日」の支払いが発生するので、日をまたいだ取引を行う場合には注意が必要です。

参考 bitFlyer(ビットフライヤー)の評価・評判!手数料や使い方は?

ただ、ビットバンクトレードの場合、スワップポイントの支払いが必要ないので日をまたいだ取引を行う場合には有利となります。

デイトレードのような取引スタイルの場合はスワップポイントを気にする必要はないので、手数料が安いGMOコインなどを利用した方がコスト削減となります。

>> GMOコイン(公式サイト)

取引期限がある

ビットバンクトレードは先物取引なので取引期限があり、下記の3つより選択することになります。

  • 今週物:今週金曜日17時
  • 来週物:来週金曜日17時
  • 四半期物:3、6、9、12月の最終金曜日17時

取引期限まで保有していれば、取引期日に決定する清算値で自動的に差金決済されますが、期日前にも反対売買することによって決済させることができます。

期限があるので長期保有には向きませんが、期限があることで長期にわたって塩漬けしてしまい損失を拡大させるようなリスクは回避することができます。

ビットバンクトレードを始めるにはビットコインを入れる必要がある

ビットバンクトレードでは日本円の入金ではなく、ビットコイン(証拠BTC)を入れる必要があります。

既にビットコインを保有している場合は、指定ビットコインアドレス宛てに送金して預け入れることができますが、保有していない場合は現物取引所であるビットバック(bitbank.cc)等でビットコインを購入後に預け入れをする必要があります。

その他取引概要

売買手数料 新規:0.01%
決済:0%
キャピタルゲインフィー:決済時利益に対して0.02%
入出金手数料 入金:0
出金:0.001BTC
注文時間 ほぼ24時間365日
注文受付停止時間 毎週金曜日16時50分から最大3時間程度
注文の種類 指値、BBO

まとめ

ビットバンクは、金融庁により登録・認可された取引所で主に仮想通貨の取引所として下記の2つの取引所を運営しています。

  • ビットバンク(bitbank.cc):仮想通貨の現物取引
  • ビットバンクトレード(bitbank Trade):ビットコインFX(ビットコインの先物取引)

ビットバンク(bitbank.cc)では仮想通貨の現物取引なので、中長期保有することを考えている方向きの取引所です。

取り扱い通貨ペアも下記の様に主要な通貨ペアの購入が可能です。

  • ビットコイン (BTC)/JPY
  • リップル (XRP)/JPY
  • ライトコイン (LTC)/BTC
  • イーサリアム (ETH)/BTC
  • モナコイン (MONA)/JPY
  • モナコイン (MONA)/BTC
  • ビットコインキャッシュ (BCC)/JPY
  • ビットコインキャッシュ (BCC)/BTC

ビットコインはもちろん、リップルやモナコインも手数料無料で購入するならビットバンク(bitbank.cc)

2018年3月31日(土)まではすべての通貨ペアで売買手数料は無料とお得ですのでこの機会に口座開設を検討してみてください。

もちろん口座開設・維持費用も無料です。

>> ビットバンク(公式サイト)

ビットバンクトレード(bitbank Trade)は、仮想通貨の先物証拠金取引ができる取引所で下記のような特徴があります。

  • レバレッジ取引が可能で1万円程度から取引可能
  • 追証はなく、投資した金額以上の損失は発生しない
  • スワップポイントの支払いが必要ない
  • 取引期限がある
  • ビットバンクトレードを始めるにはビットコインを入れる必要がある

こちらの取引所は、レバレッジ20倍までの取引が可能ですが取引期限があるので、短中期的な取引を行いたい方向きの取引所で、他の取引所と違ってスワップポイントの支払いが必要ないので、日をまたいだ取引でもコストは発生しません。

取引して利益が出た場合のみ、キャピタルゲインフィーが必要となりますが、そのおかげで投資した金額以上の損失は発生しないという特徴があります。

ビットコインは値動きが大きいのでレバレッジをかけて取引をしていた場合、予想に反した値動きとなってしまうとあっという間にロスカットとなってしまう可能性があり、ロスカット時に預けてある証拠金(BTC)以上の損失が出る可能性もありますが、ビットバンクトレードなら投資した金額以上の損失は発生しないので安心です。

レバレッジをかけて短期的な取引で大きな利益を狙うならビットバンクトレード

下記のリンクから登録するとビットバンクトレードの半年間の取引手数料が20%割引となるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費用も無料です。

>> ビットバンクトレード(公式サイト)