ワールド・リート・オープンの評価・特徴!投資して大丈夫?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-world-reit-open

楽天証券やSBI証券などのネット証券大手でランキング上位の常連であるワールドリートオープンは純資産残高も約6,000億円と国内の大型ファンドの一つです。

ネット上ではワリートと呼ばれラサール・グローバルREITファンド(ネット上ではラリート)同様にいろいろと注目されてるファンドです。

毎月分配型ということですが、内容について確認してみました。

参考 REITについては下記も参考にしてみてください。

REITとは?投資信託やETFなどで投資が可能です!

参考 ラリートについては下記も参考にしてみてください。

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の評価・特徴!

ワールドリートオープン(毎月決算型)の基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
販売手数料 無料
信託報酬 年率1.55%(税抜)
実質コスト 1.55%(税抜)※決算日 2015年12月10日ベース
信託財産留保額 なし
決算 毎月10日
信託期間 無期限
為替ヘッジ なし
運用会社 三菱UFJ国際投信
再投資 金額、積立ともに可能

組入上位10銘柄(組入銘柄数114)

銘柄名 セクター 比率
サイモン・プロパティー・グループ アメリカ 小売 7.7%
エクイティー・レジデンシャル アメリカ 住宅 6.6%
メイスリッチ アメリカ 小売 4.4%
ボルナード・リアルティ・トラスト アメリカ 複合 3.4%
ベンタス アメリカ ヘルスケア 3.0%
パブリック・ストーレッジ アメリカ 倉庫 2.9%
リオカン・リアル・エステート・
インベストメント・トラスト
カナダ 小売 2.6%
HCP アメリカ ヘルスケア 2.5%
デューク・リアルティ アメリカ 複合 2.4%
センター・グループ オーストラリア 小売 2.3%

国別投資比率

比率
アメリカ 64.3%
オーストラリア 11.7%
イギリス 5.3%
カナダ 4.0%
シンガポール 4.0%
フランス 3.0%
日本 2.5%
香港 1.5%
オランダ 0.5%
アイルランド 0.3%

分配金

毎月分配型なので毎月分配金が出てます。

直近では70円となっており、分配金利回りは22.13%です。(2016年3月9日)

もちろん分配金が出ているということは、税金の問題もあり複利効果が落ちるため長期投資には向きません。

分配金70円の内訳をみてみると、

world-reit-open

毎月分配型投信によくある、分配金に比較して当期の収益が結局1~2割くらいしか出てないたこ足配当(元本取り崩し)ですね・・。

ファンドで上げてる利益で分配金はまかなえてませんので、自己資産から分配金を出して純資産残高を減らしてるから、表面上の分配金利回りがよく見えてるだけにすぎないですね。

また、

world-reit-open2

設定当初に購入した人は、もとはとったといった感じに見えますが、普通分配金は課税されてしまうので過去は約10%程度でしたが、2014年からは約20%となっているので実際受け取れている分配金はこれより少ないので気を付けてください。

特徴

日本を含む全世界のREIT市場へこれ一本で分散投資ができるファンドです。

米国REITのみに投資を行うファンドよりは分散投資されリスクが抑えられると思いますが、REIT自体は比較的リスクが高めの投資対象ということは忘れないでください。

参考 毎月分配型でUSリートに投資するファンドについては下記で比較してみましたので、詳細は下記を参考にしてみてください。

USリート投資信託の利回りってどれがいい?投資するならどのファンド?

2004年7月2日から運用が開始され、純資産残高約6,000億円を集める国内でも大規模といえるファンドの一つです。

また、いわゆる毎月分配型の投資信託ですが、ネット証券では購入時手数料が無料なのは良心的と言えますね。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

1ヶ月 ー5.6%
3ヶ月 ー6.4%
6ヶ月 ー6.5%
1年 ー9.6%
3年 +40.5%
設定来 +97.7%

※分配金を再投資し、税金は考慮していない

分配金を再投資していますが、これには税金が考慮されていませんので、実際にはもっと低いリターンとなります。

評価

当ファンドは約12年運用されているので、単純な平均年率は8.1%となります。

ただし、分配金は再投資され、税金は考慮されていないので、実際の利回りはこれより低くなります。

同じ分配型ファンドで全世界REITに投資するラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)よりは利回りはよかったようです。

実質コストもラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)よりは低コストだったようです。

参考 ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の評価・特徴!

まとめ

純資産残高6,000億円を誇る国内でも大規模なファンドですが、内容は全然ダメとしか言いようがないですね。

実質コスト、利回りはラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)よりはましといった感じです。

純資産残高は、かなり波がありながらも長期で見れば一応右肩上がりのように見えます。

ただ、1年前くらいに6,500億円まで上がってからは右肩下がりの傾向が見えますので今後資金流出が続いていくのか注意する必要があります。

販売手数料無料は評価できますが、信託報酬は比べるまでもなくインデックスファンドの方が全然安いので投資先としての魅力はないですね。

全世界のREIT市場への投資ではEXE-i グローバルREITファンドがインデックスファンドで信託報酬最安値の年0.3864%ですので、購入時にすでにインデックスファンドの方が年+1.2%利回りが良くなります。

参考 EXE-iグローバルREITファンドの評価・特徴!利回りは?

ワールド・リート・オープンに投資をするくらいなら、個別インデックスファンド+SBI証券の定期売却サービス(無料)を利用すれば毎月分配型と同じような使い方を低コストで実現できるので、検討してみてください。

参考 SBI証券の投信定期売却サービスとは?毎月分配型ファンドは不要か?

それでも、毎月分配がほしいのであれば健全な配当をもらえるETFも検討してみてください。こちらの記事の「まとめ」に、より安全に毎月分配をもらえる方法を書いてますので参考にしてみてください。

参考 REITとは?投資信託やETFなどで投資が可能です!

個別REITのインデックスファンドは下記を参考にしてみてください。ここに記載のファンドはすべてノーロードなので販売手数料は0円です!

REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託は保有しているだけでポイントがもらえますので、ネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?