たわらノーロードシリーズに3ファンド追加!TOPIX、NYダウも!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズに新たに3つのファンドが追加されるようです。

たわらノーロードシリーズはすでに9本(たわらノーロードPlusは3本)が運用されていますが、2017年3月21日より新たにTOPIX、NYダウ、先進国リート(為替ヘッジあり)へ連動するファンドが追加されるので内容を確認してみました。

たわらノーロードシリーズとは?

たわらノーロードシリーズはアセットマネジメントOneが運用する低コストインデックスファンドシリーズで、既に下記のようなファンドが運用されています。

資産
クラス
投資地域 ファンド名 信託報酬
(税抜)
株式 国内 たわらノーロード日経225 0.195%
先進国 たわらノーロード先進国株式
たわらノーロード先進国株式
<為替ヘッジあり>
0.225%
0.225%
新興国 たわらノーロード新興国株式 0.495%
債券 国内 たわらノーロード国内債券 0.15%
先進国 たわらノーロード先進国債券
たわらノーロード先進国債券
<為替ヘッジあり>
0.20%
0.20%
新興国
リート 国内 たわらノーロード国内リート 0.30%
先進国 たわらノーロード先進国リート 0.35%

たわらノーロードシリーズに追加される3ファンド

EDINETによると今回追加される3ファンドは下記となります。

資産
クラス
投資地域 ファンド名 信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
株式 国内 たわらノーロードTOPIX 0.18% TOPIX
(配当込み)
先進国 たわらノーロードNYダウ 0.225% NYダウ平均株価
(円ベース)
リート 先進国 たわらノーロード先進国リート
<為替ヘッジあり>
0.35% S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、
円ベース、為替ヘッジあり)

国内株式

TOPIX(配当込み)をベンチマークとした投資信託では、信託報酬0.18%の「ニッセイTOPIXインデックスファンド」が最安値だったので、これと並んで最安値となりました。

eMAXIS Slim国内株式インデックスも信託報酬0.18%ですが、ベンチマークがTOPIXと配当込みではないので、長期で見れば配当込みの方がリターンは良くなるので、実質のライバルは「ニッセイTOPIXインデックスファンド」といったところでしょうか。

先進国株式

NYダウ平均株価(ダウ・ジョーンズ工業平均株価)をベンチマークとした投資信託では、信託報酬0.225%の「iFreeNYダウ・インデックス」が最安値だったので、これと並んで最安値となりました。

参考 iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

他には信託報酬0.5%の「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」や信託報酬0.6%「eMAXIS NYダウインデックス」と信託報酬が高いので、NYダウに関しては「たわらノーロードNYダウ」と「iFreeNYダウ・インデックス」のどちらかの選択といった感じです。

ただ、どちらも決算を迎えておらず実質コストがわからないので、投資するには決算をみてからでもいいと思います。

先進国リート

S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円ベース、為替ヘッジあり)をベンチマークとした投資信託では、信託報酬0.55%の「野村インデックスファンド外国REIT・為替ヘッジ型」が最安値だったので、為替ヘッジありでは最安値となりました。

先行して運用している「たわらノーロード先進国リート」と同じ信託報酬と為替ヘッジがあってもなくて同じ信託報酬となっていますが、実質コストではどのくらい差があるか見極めたいところです。

まとめ

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズに下記の3つのファンドが新規で設定されます。

  • たわらノーロードTOPIX
  • たわらノーロードNYダウ
  • たわらノーロード先進国リート<為替ヘッジあり>

先進国リートの為替ヘッジありは既存ファンドの中で一番安い信託報酬となりましたが、TOPIX(配当込み)、NYダウでは信託報酬最安値を更新せずに一番安かった既存ファンドと同じ信託報酬としてeMAXIS Slimシリーズと同じような戦略としています。

参考 eMAXISシリーズに業界最低水準レベルのeMAXIS Slimが登場!

eMAXIS Slimシリーズは信託報酬を追随し、常に業界最低水準の信託報酬を目指すファンドと明言していますが、たわらノーロードは特にそのような名言もないので今後ライバルファンドと信託報酬の差が開いてきたときに信託報酬の引き下げを行うのか気になるところです。

たわらノーロードの今回追加された3つのファンドは下記の証券会社で購入することができます

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで低コストインデックスファンドも年率0.05%のポイントがもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>>SBI証券詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説
(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら