たわらノーロード新興国株式の評価・評判!投資家からの人気は?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-tawara-sinkoukoku1

超低コストインデックスファンドのたわらノーロードシリーズでついに新興国へ投資ができるファンドが登場し2016年3月14日より運用が開始されました。

超低コストファンドが新興国へ市場に登場しこれからいろいろ動きが出てくると面白くなりますね。

楽天証券でのランキングでもまずまずのスタートを切った当ファンドの内容を確認してみました。

参考 楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!ランキングに変化が!

たわらノーロード新興国株式の基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
買付手数料 無料
信託報酬 年率0.495%(税抜)
実質コスト
信託財産保留額 0.3%
決算 年1回(10月12日)
信託期間 無期限
運用会社 DIAMアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

ポートフォリオの状況

マザーファンドの「エマージング株式パッシブ・マザーファンド」の資産状況となります。

資産種別 比率
株式 韓国 15.59%
中国 11.84%
台湾 11.66%
インド 7.89%
南アフリカ 7.11%
その他 40.11%
投資信託受益証券 メキシコ 0.74%
投資証券 メキシコ 0.16%
南アフリカ 0.06%
トルコ 0.05%
コールローン、その他の資産(負債控除後) 4.80%

※2015年11月30日現在

株式への比率は94.20%となります。

分配金

まだ決算を迎えていないので分配金実績はありません。

せっかくの低コストインデックスファンドですから、分配金は出さずに運用してもらいたいですね。

評価

MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)をベンチマークとしたファンドです。

同じベンチマークと連動したファンドで今まで最安値だったのは「インデックスファンド海外新興国(エマージング)」の信託報酬年0.55%でしたので、同ベンチマークと連動するファンドでは一番最安値での登場となっています。

ただ、FTSE・エマージング・インデックスをベンチマークとした「EXE-i 新興国株式ファンド」が年率0.374%なので、それよりはちょっと高い設定となります。

FTSE・エマージング・インデックスは韓国を先進国として定義しているため、韓国が含まれていないというのが異なる点です。

投資家からの人気は?

楽天証券の積立の設定件数のランキングを確認してみましょう。

20160318-rakuten-ranking3

いつも積立の設定金額をチェックしてますが、このランキングは設定件数です。

設定金額では6位でしたが、設定件数は4位ということで新興国への投資金額は多くはないけど、積立を始めた方が多かったようですね

まとめ

新興国株式のベンチマークMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動したファンドで信託報酬は最安値です。

ただ、この資産クラスでの信託報酬最安値はEXE-i 新興国株式ファンドの0.374%です。

ベンチマークが異なるので何とも言えませんが、各資産クラスで信託報酬最安値を塗り替えてきたたわらノーロードシリーズなので、この資産クラスでも最安値を更新してほしかったです。

それでも十分信託報酬は安くなってきているので新興国への投資もしやすくなってきていますが、リスクは高めなので今後の成長が期待できるといっても投資比率は高くなりすぎないように注意しましょう

人気のバランスファンド世界経済インデックスは新興国株式の比率が高めで17.5%、セゾンバンガードグローバルファンドでは5.4%という比率ですので、ここら辺を参考に投資するのがおすすめですね。

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?

たわらノーロードシリーズ新興国株式はSBI証券でポイントが付きます!

他のたわらノーロードシリーズのファンドは楽天証券しかポイントが付かないものもありますが、このファンドはSBI証券でもポイントが付きますので購入は還元率No1のSBI証券がおすすめです。

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?