たわらノーロード先進国リートの評価・評判!圧倒的な低コスト!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-tawara-sensin-reit

超低コストインデックスファンドで注目のたわらノーロードシリーズの一つであるたわらノーロード先進国リート。

先進国リートの中では圧倒的な低コストで登場し、運用開始時の楽天証券の積立投資ランキングではいきなりTOP10入りした注目のファンドです。

今まで先進国リートはあまり低コストなファンドがなかったので、積立投資を始められた方が多かったようですが、内容について確認してみましょう。

参考 たわらノーロード先進国株式が積立投資信託週間ランキング1位!

たわらノーロード先進国リートの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
買付手数料 無料
信託報酬 年率0.35%(税抜)
実質コスト
信託財産保留額 なし
決算 年1回(10月12日)
信託期間 無期限
運用会社 DIAMアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

国・地域別構成比

比率
米国 71.9%
オーストラリア 8.2%
英国 5.8%
フランス 4.6%
シンガポール 3.2%
カナダ 1.9%
香港 1.6%
ベルギー 0.7%
オランダ 0.6%
ニュージーランド 0.5%
その他 1.2%

※2016年2月29日現在

組入上位10銘柄

tawara-sensin-reit1

分配金

まだ決算を迎えていないので分配金実績はありません。

せっかくの低コストインデックスファンドですから、分配金は出さずに運用してもらいたいですね。

評価

たわらノーロード先進国リートはS&P先進国REITインデックス(除く日本、円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)をベンチマークとしたファンドです。

同じベンチマークと連動したファンドで今まで最安値だったのは「野村インデックスファンド外国REIT」「SMT グローバルREITインデックス・オープン」の年率0.55%でしたので、いきなり0.2%も信託報酬が安いファンドが登場といった格好です。

先進国だけでなく日本や新興国をも含んで全世界のリート市場に分散投資できる「EXE-iグローバルREITファンド」の年率0.3864%よりも安いので、海外リート市場では最安値となっています。

参考 EXE-iグローバルREITファンドの評価・特徴!利回りは?

日本を除く全世界のリート市場に分散できる「ニッセイグローバルリートインデックス」も年率0.45%と、なぜか新興国を含んだ方が信託報酬が安いという変わった資産クラスでした。

参考 ニッセイグローバルリートインデックスの評価・特徴!利回りは?

先進国リート自体は、毎月分配型ファンドでUSリートが大きな資産残高を集めていて、注目度は高い資産クラスですが、結構波があるので株と同じくらいのリスクがあるということは認識しておきたいところです。

投資家からの人気は?

設定当初は楽天証券の積立投資ランキングではいきなりTOP10に入りましたが今はどうでしょうか?

tawara-sensin-reit2

うーん、いまいちパッとしない順位ですね。

海外リート市場の人気が落ちてるのかもしれませんが、もうちょっと積立の設定件数のランキングなど上位にきてもおかしくないほど信託報酬は激安なんですけどね。

純資産残高は、右肩上がりで伸びてはいますがまだ6億円とまだまだって感じはしますが、まだ設定されて3ヶ月しかたってないのでこれからに期待したいですね。

まとめ

海外リート市場では最安値となる信託報酬年率0.35%と圧倒的に低コストを実現しています。

先進国リートということでメインで投資はしない資産クラスだと思いますが、それにしてもまだまだ純資産残高や積立件数など少ないです。

いくら信託報酬が安くても、運用実績がないファンドでもあるので、決算まではこのような状況が続くかもしれません。

海外リート市場に注目が集まれば買い付ける人が多くなりそうですが、積立設定している方もあまり多くなので、これからの動きは注視するくらいがいいのかもしれませんね。

ただ、海外リート市場に低コストのファンドが誕生したのは投資家にとっては良い選択肢が増えていいことですし、アセットアロケーションで海外リートを取り入れてる方は、たわらノーロード先進国リートはもっともおすすめなファンドといえるでしょう。

インデックスファンドなので他の同じベンチマークのファンドとは大きく利回りで差は出ないと思われますので、少しでも低コストなファンドを選ぶようにしましょう!

たわらノーロード先進国リートの購入はSBI証券がおすすめです!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?