たわらノーロード先進国債券の評価・特徴!為替ヘッジはどうする?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで先進国債券に投資するのがたわらノーロード先進国債券です。

先進国債券は債券に投資しますが為替の変動を受けるので、比較的波が荒い動きをしますが、為替ヘッジありの場合はどのような動きをするのか内容について確認してみました。

たわらノーロード先進国債券の基本情報

※下記は特に明記しない場合は為替ヘッジなしについて記載しています。

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBIは500円、その他は1,000円から
買付手数料 無料(ノーロード)
信託報酬 年率0.20%(税抜)
実質コスト 0.21%(税抜き)※決算日 2016年10月12日ベース
信託財産留保額 なし
決算 年1回(10月12日)
信託期間 無制限
運用会社 アセットマネジメントOne
再投資 金額、積立ともに可能

ポートフォリオの状況

残存期間別組入比率

国・地域別構成比

通貨別構成比

分配金

本ファンドは設定来一度も分配金が出されていませんので効率よく運用されています。

分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

特徴

シティ世界国債インデックス(除く日本)をベンチマークとし、先進国債券に分散投資するインデックスファンドです。

低コストインデックスファンドでは初となる為替ヘッジありのラインアップがあるところが特徴的です。

先進国債券は債券に投資をするので比較的波が穏やかそうですが、国内債券などと比較すると為替の変動を受けるので、それなりに波は上下するので、為替ヘッジなしの場合は安全資産としての役割は過度に期待しすぎない方がいいでしょう。

為替ヘッジありの場合は、為替リスクがほとんどなくなると思われますが、その分為替ヘッジするコストがかかるので、実質コストを加味した場合どの程度のリターンとなるのかの確認が必要です。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド ベンチマーク
1ヶ月 ー2.41% ー2.22%
3ヶ月 +4.64% +4.88%
6ヶ月 +2.02% +2.15%
1年 ー7.70% ー7.53%
設定来 ー7.10% ー6.80%

※2017年1月末現在

※ファンド設定日は2015年12月18日

(引用元:モーニングスター)

オレンジがたわらノーロード先進国債券赤がたわらノーロード国内債券緑がS&P500(配当込み)青がドル円の過去約1年半のチャートです。

評価

約1年半と期間は短いのですが、ハイリスク・ハイリターンの順に並べると下記の様になっていたようです。

S&P500(配当込み) > たわらノーロード先進国債券 ≒ ドル円
> たわらノーロード国内債券

たわらノーロード先進国債券の米ドルの比率は約50%程度ですが、やはり為替の変動に影響を受けやすそうです。

まだ期間が短いとはいえ、常にベンチマークを下回っているのはちょっと気になります。

為替ヘッジありのファンドは設定日が2016年10月3日とまだ新しいので、何とも言えませんが、今までの動きとしては下記のような感じとなっています。

(引用元:モーニングスター)

オレンジがたわらノーロード先進国債券赤がたわらノーロード先進国債券<為替ヘッジあり>緑がドル円の過去約半年のチャートです。

為替変動のおかげで為替ヘッジなしの方は基準価額が上昇していますが、為替ヘッジありの場合為替変動リスクが大幅に低減されていることがわかります。

為替ヘッジありなしは考え方次第ですが、為替ヘッジありの場合は円高局面ではリスクは大きく低減できますが、円安局面になるとリターンはかなり小さくなることが想定されます。

まとめ

シティ世界国債インデックス(除く日本)をベンチマークとし、先進国債券に分散投資するインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。

株式市場よりはローリスク・ローリターンだが、国内債券よりはハイリスク・ハイリターンで、為替変動を大きく受けやすいという特徴があります。

その為替変動リスクを大きく低減させることができる為替ヘッジありのファンドが、低コストインデックスファンドから登場したことによって選択肢が増えたことは喜ばしいことですが、その分為替ヘッジするコストがかかるので、実質コストを加味した場合どの程度のリターンとなるのかの確認が必要です。

もちろん分散性という意味では、代表的な4資産の1つでもあるのが先進国債券なので、ポートフォリオに組み入れておきたい資産ではあります。

たわらノーロードシリーズの購入はSBI証券がおすすめです!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで低コストインデックスファンドも年率0.05%のポイントがもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 【2016年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?