たわらノーロード国内債券の評価・評判!低額の積立投資で人気!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-tawara-kokunai-bond

たわらノーロードシリーズの国内債券に投資をするたわらノーロード国内債券ですが、積立投資を行っている投資家が非常に多くなっています。

マイナス金利時代に元本保証と同程度の安全性を誇る国内債券が人気のようです。

個人向け国債は0.05%と最低金利なのになぜ国内債券型の投資信託が人気なのか内容を確認してみました。

参考 個人向け国債の金利って?キャンペーンでお得に!

たわらノーロード国内債券の基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
買付手数料 無料
信託報酬 年率0.15%(税抜)
実質コスト
信託財産保留額 なし
決算 年1回(10月12日)
信託期間 無期限
運用会社 DIAMアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

ポートフォリオの状況

tawara-kokunai-bond1

残存期間別構成比

tawara-kokunai-bond2

種別構成比

tawara-kokunai-bond3

分配金

まだ決算を迎えていないので分配金実績はありません。

せっかくの低コストインデックスファンドですから、分配金は出さずに運用してもらいたいですね。

評価

たわらノーロード国内債券はNOMURA-BPI総合をベンチマークとしたファンドです。

国内債券型の資産クラスは我々日本人には為替リスクもなく、他の資産クラス(特に株式)と逆相関の値動きをする貴重な資産クラスです。

初心者の方など初めて投資信託を購入する方にとっても、安定的に動く国内債券クラスの投資信託はおすすめできる資産クラスです。

「たわらノーロード国内債券」は、「ニッセイ国内債券インデックスファンド」と並び国内債券では信託報酬が最安値0.15%です。僅差の0.16%には純資産残高が多い「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」もあります。

参考 ニッセイ国内債券インデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

参考 三井住友・日本債券インデックス・ファンドの評価・特徴!利回りは?

ただ、まだ設定されて間もないため純資産残高は10億とまだまだこれから感がありますが、組入銘柄数がライバルである「ニッセイ国内債券インデックスファンド」「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」のなかで一番多い434銘柄です。

組入銘柄数が多い方が分散性に優れているので、「たわらノーロード国内債券」は他のライバルファンドより分散性が優れています。

投資家からの注目度

投資家の方からも注目度も高くSBI証券の2016年5月の積立設定件数のランキングで3位にランクインされています。

tawara-kokunai-bond4

楽天証券では、積立設定件数の2016年5月の月間ランキングにはランクインしてませんが、2016年6月4日~10日までの週間ランキングで3位にランクインしています。

tawara-kokunai-bond5

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド ベンチマーク
1ヶ月 +0.33% +0.35%
3ヶ月 +1.99% +2.05%
6ヶ月
1年
設定来 +5.03% +5.13%

※2016年5月末現在

※ファンド設定日は2015年12月18日

tawara-kokunai-bond6

評価

さすがに債券ということもあり基準価額は右肩上がりに推移していますし、純資産残高も右肩上がりに増え続けています。

利回りは半年で5%と債券としてはかなりのハイペースですが、一時的に増えたとみるのが適切かと思いますので、1~2%程度の利回りと考えておくのがいいでしょう。

純資産残高はまだ10億円ですが、設定されて間もないということと、右肩上がりに推移していることを考えると今後も期待できます。

まとめ

国内債券市場に投資する投資信託では信託報酬は最安値の0.15%です。

純資産残高は10億円とまだまだですが、右肩上がりに増え続け投資家の方たちの積立件数も多いことから今後も増えてづけることが期待できます。

ライバルファンドの「ニッセイ国内債券インデックスファンド」「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」よりも組入銘柄数も多く分散性にも優れています。

参考 ニッセイ国内債券インデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

参考 三井住友・日本債券インデックス・ファンドの評価・特徴!利回りは?

ただ、決算を迎えていないので実質コストがわからないということが唯一の欠点でしょうか。

今国内債券に投資するなら組入銘柄数が一ケタ少ない「ニッセイ国内債券インデックスファンド」を除くと、信託報酬最安値の「たわらノーロード国内債券」か、純資産残高が445億と圧倒的に多く、14年運用されている「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」がいいでしょう。

国内債券では個人向け国債もありますが、今や10年物で0.05%と最低金利なので投資信託を通して国内債券に投資した方が過去の国債の利回りを享受できるし、組入銘柄の多さから分散性も優れていますね。

国内債券へ投資するなら投資信託を保有しているだけでポイントがつく楽天証券がおすすめです。

たわらノーロード国内債券の購入は楽天証券がおすすめです!

楽天証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.048%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> 楽天証券詳細解説←おすすめ
>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?