SMTインデックスバランス・オープンの評価・特徴!利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-smt-indexbalance

株、債券、REITの国内、先進国、新興国すべてに分散投資が可能なバランス型ファンドで、まさにこれ1本で済んでしまいます。

同じ運用会社では人気の世界経済インデックスファンドがありますが、こちらはREITへも分散投資がされています。

まだ設定されてから間もないですが、ネット上でも以前より注目されているファンドですので、内容を確認したいと思います。

SMTインデックスバランス・オープンの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBIは500円、その他は1,000円から
信託報酬 年率0.5%(税抜)
信託財産留保額 0.1%
決算 年2回(4月20日、10月20日)
信託期間 無制限
為替ヘッジ なし
運用会社 三井住友トラスト・アセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

資産配分比率

投資対象 ベンチマーク 組入比率
国内株式 TOPIX 4%
先進国株式 MSCI コクサイ・インデックス 22%
新興国株式 MSCI エマージング・マーケット・インデックス 14%
国内債券 NOMURA-BPI 総合 4%
先進国債券 MSCI コクサイ・インデックス 22%
新興国債券 JPモルガン・ガバメント・ボンド・
インデックス-エマージング・
マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド
14%
国内REIT 東証REIT指数 2%
先進国REIT S&P先進国REIT指数(除く日本) 11%
新興国REIT S&P新興国REIT指数(除く日本) 7%

分配金

運用開始されてからまだ分配金は出されていませんので効率よく運用されています。

株式の配当などはファンド内の原資として効率よく運用されています。分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

評価・特徴

株、債券、REITで国内、先進国、新興国すべてに分散投資をしているファンドです。

株式に40%、債券に40%、REITに20%投資し、世界経済インデックスファンドと同様に、日本:先進国:新興国は、10:55:35の地域比率となっています。

特徴はやはりREITを組入れていることでしょう。

しかも新興国にまで投資しています。

基本的なコンセプトは世界経済インデックスファンドと同じなので、REITにも投資したい方には、コアの一本として本命となることでしょう。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド
1ヶ月 +6.30%
3ヶ月 ー2.33%
6ヶ月 +1.11%
1年 ー8.41%
設定来 ー8.86%

※2016年3月末

※ファンド設定日は2014年11月28日

smtindex-vs-index

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、SMTインデックスバランス・オープン(青)日経平均(赤)直近5年間を比較した図となります。

評価

まだ設定されて1年半くらいなので何とも言えない感じですが、日経平均と比べるとだいぶおとなしい感じの波を作っています。

分散投資の効果でリスク、リターンともに穏やかになってますね。

まだ、設定来基準価額がマイナスということもあり今後に期待ですかね。

まとめ

株、債券、REITで国内、先進国、新興国すべてに分散投資をしているファンドです。

株式に40%、債券に40%、REITに20%投資し、世界経済インデックスファンドと同様に、日本:先進国:新興国は、10:55:35の地域比率となっています。

個人的には、REIT比率がちょっと高いかなというイメージですが、それぞれ考え方が違うと思いますので、この比率で問題ない方はこのファンド一本で十分かと思います。

ちょっとREIT比率が高いと思われる方は「世界経済インデックスファンド」を検討してみてはいかがでしょうか。これに個別でリートのインデックスファンドに投資すれば自分が考えているアセットアロケーションが作れます。

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

参考 世界経済インデックスファンドシリーズの利回りって?

ただ、新興国REITまでを組入れながら信託報酬0.5%は本当に低価格かと思います。

設定日が2014年11月28日からということもあり、まだ資産残高が約20億と小さいですが、当然右肩上がりで増えているので今後注目の一本です。

SMTインデックスバランス・オープンを購入するならSBI証券がおすすめです!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

投資信託は保有しているだけでポイントがもらえますので、ネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?