セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-saison-yield

セゾン投信は、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2つのファンドを販売・運用しています。

2つのファンドともに純資産残高が右肩上がりと人気があるファンドですが、このファンドを購入したら儲かってたでしょうか?また一括と積立ではどちらが儲かってたでしょうか?

過去の利回りを確認してみましたので参考にしてみてください。

参考 セゾン投信の2つの投資信託の詳細については下記を参考にしてください。

⇒ 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

⇒ セゾン資産形成の達人ファンドの評価・特徴は?優良アクティブファンド!

参考 セゾン投信については下記を参考にしてください。

⇒ セゾン投信の評価・評判!一括投資・積立投資の利便性ってどうなの?

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの利回りは?

基準価額騰落率

1ヶ月 +0.30%
6ヶ月 -3.64%
1年 +0.51%
3年 +64.87%
設定来 +35.56%

saison-gbf-vs-index

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(青)TOPIXJASDAQと比較した図となります。

年間収益率

ファンドの設定日は2007年3月15日です。

2007年 +4.97%
2008年 -35.23%
2009年 +18.99%
2010年 -5.38%
2011年 -5.77%
2012年 +21.67%
2013年 +32.63%
2014年 +16.99%
2015年 +1.37%

定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 13,569円 -0.10%
3年 11,669円 +16.17%
5年 9,648円 +40.50%
初回(2007年5月)から 9,008円 +50.49%

2015年11月30日現在(基準価額:13,556円)

評価

設定時に一括で登録していた場合には、「+35.56%

設定初期(2007年5月)から積み立ててきた場合には「+50.49%

と積立投資の方がリターンが大きかったと言えます。

また、一括投資では年率平均約4.4%、積立投資は年率平均約6.3%ということになります。

2008年のリーマンショックで大幅に下落してもこの成績ですから、

「長期投資」「分散投資」「複利」

の効果が効いているといえるのではないでしょうか。

参考 セゾン投信の詳細は下記の公式サイトでチェックしてみてください。

>> セゾン投信(公式サイト)

セゾン資産形成の達人ファンドの利回りは?

基準価額騰落率

1ヶ月 +2.18%
6ヶ月 -2.77%
1年 +8.80%
3年 +118.55%
設定来 +71.91%

saison-sisan-vs-index

こちらのグラフは、セゾン資産形成の達人ファンド(青)TOPIXJASDAQと比較した図となります。

年間収益率

ファンドの設定日は2007年3月15日です。

2007年 -7.06%
2008年 -45.22%
2009年 +37.79%
2010年 +1.20%
2011年 -10.30%
2012年 +32.08%
2013年 +56.01%
2014年 +22.47%
2015年 +8.36%

定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益

期間 平均取得単価 損益(%)
1年 16,733円 +2.74%
3年 13,135円 +30.88%
5年 9,746円 +76.40%
初回(2007年5月)から 8,357円 +105.71%

2015年11月30日現在(基準価額:17,191円)

評価

設定時に一括で登録していた場合には、「+71.91%

設定初期(2007年5月)から積み立ててきた場合には「+105.71%

と積立投資の方がリターンが大きかったと言えます。

また、一括投資では年率平均約9%、積立投資は年率平均約13.2%ということになります。

JASDAQと比較してみてみると、2008年のリーマンショックの時は、JASDAQより下落しています。

ただ、そのあとはインデックスよりはるかに上回るペースで戻してますね。

やはりインデックスと比較するとリスクは高いが、リターンも高いということが言えると思います。

参考 セゾン投信の詳細は下記の公式サイトでチェックしてみてください。

>> セゾン投信(公式サイトの動画説明)

利回りという観点だけで比較してみると?

saison-vs-index

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(青)

セゾン資産形成の達人ファンド(赤)

TOPIXJASDAQと比較した図となります。

ファンドの設定日が2007年3月のため、それ以前のデータはありません。

このグラフを見てみると、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの方が下落率が緩やかで、上昇率も緩やかと言えます。

アクティブファンドであるセゾン資産形成の達人ファンドは、下落率は高く上昇率も高いと言えます。

また、「インデックス投資とは?メリット、デメリットを理解しよう!」で記載しましたが、アクティブファンドの多くは、インデックスファンドに勝てていないと言われています。

セゾン資産形成の達人ファンドは、バランス型、TOPIX、JASDAQのようなインデックスより現時点では高いリターンだったと言えます。

まとめ

数値よりは、TOPIXやJASDAQのようなインデックスと比較してどのような動きをしているかを重視してください!

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」ですが、下落率はインデックスより緩やかで、上昇率はJASDAQよりやや緩やかだったといえると思います。

下落時は分散投資で株式インデックスより緩やかな下落で抑え、上昇時は株式インデックスより若干落ちるくらいのリターンを出せているのは立派な成績だと思います。

セゾン資産形成の達人ファンド」は株式のみなので、下落も上昇も激しく動いています。

それでもTOPIXと同じくらいの下落に抑え、リターンはJASDAQよりはるかに上昇しているのは立派な成績を上げているといえると思います。

また、もう一点注目したいのが、両ファンドとも一括投資より積立投資の方が成績がはるかにいい点です。

8年くらいの期間ですが、リーマンショックの大暴落、アベノミクスによる上昇など、世界的な市場が上下に動いた時期を経ています。

このように下落、上昇をするような場合、積立投信は効果があると言えます。

もちろんこれが一方的な上昇相場だった場合には、一括投資の方がリターンは大きかったと思いますが、資産運用は長期が基本ですので、下落に遭遇しない可能性の方が少ないと思います。

参考 積立投資と一括投資どっちがいい?メリットとデメリットを整理!

特にコアな商品として、全世界の株式、債券に分散投資をする「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を積み立てて、サテライト的に積極的にリターンを求め、全世界の株式市場に分散投資をする「セゾン資産形成の達人ファンド」も金額を少なめに積み立てることによって、将来の資産形成ができてしまいますね。

結果、セゾン投信の2本のファンドだけでも十分将来の資産形成は可能です。

しかも両ファンドとも自動積立できリバランスも勝手にやってくれますので、ほったらかし投資しながら、この利回りを期待できる資産形成が可能です。

こちらの記事で各ファンドの詳細を説明してるので参考にしてみてください。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?

参考 セゾン資産形成の達人ファンドの評価は?

セゾンのファンドはセゾン投信でしか買えません。

口座開設、維持費は無料ですので下記の公式サイトも見てみてください!

>> セゾン投信(公式サイト)