ニッセイ日経225インデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-nissei-nikkei225

名前の通り日経225に投資するインデックスファンドで、純資産残高が1,000億円を超えインデックスファンドではかなり大型のファンドの一つです。

この資産クラスには日経225インデックスeやたわらノーロード日経225が登場して信託報酬最安値の座は奪われましたが、10年以上運用している安全性抜群のニッセイ日経225インデックスファンドの内容について確認してみました。

参考 日経225インデックスeがSBI証券で取り扱い開始!早速評価してみました

ニッセイ日経225インデックスファンドの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立は500円から
売買手数料 無料(ノーロード)
信託報酬 年率0.25%(税抜)
実質コスト 0.26%(税抜)※決算日 2015年2月16日ベース
信託財産保留額 なし
決算 年1回(2月15日)
信託期間 無制限
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能(SBI証券)

組み入れ銘柄上位10銘柄

ニッセイ日経225インデックスファンドが投資対象とするマザーファンドの2015年8月末の状況です。

銘柄 比率
ファーストリテイリング 10.2%
ソフトバンクグループ 4.4%
ファナック 4.1%
KDDI 3.8%
京セラ 2.5%
アステラス製薬 1.9%
エーザイ 1.7%
日東電工 1.7%
セコム 1.6%
本田技研工業 1.6%

分配金

運用開始されて11回決算を迎えていますが、まだ分配金は出されていませんので効率よく運用されています。

株式の配当などはファンド内の原資として効率よく運用されています。分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

ニッセイ日経225インデックスファンドの特徴

日経225インデックスeやたわらノーロード日経225が登場するまでは国内株式のインデックスで信託報酬最安値だったファンドですね。

2004年1月28日から運用されていて、純資産残高は1,000億円を超えるほどの人気を集めています。

日経平均は株価が大きい企業のウエイトが高くなるため、ファーストリテイリングやソフトバンク、ファナックといった大型株が上位を占めます。

国内株式の指標としてもう一つ有名なのはTOPIXですが、TOPIXは時価総額ウエイトとなります。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド
1ヶ月 ー7.93%
3ヶ月 ー8.09%
6ヶ月 ー14.30%
1年 +0.49%
3年 +63.78%
5年 +84.64%
10年 +20.46%
設定来 +87.35%

※2016年1月末

※ファンド設定日は2004年1月28日

nissei-225-vs-index

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、ニッセイ日経225インデックスファンド(青)日経平均(赤)TOPIX(緑)直近10年間を比較した図となります。

評価

ベンチマークとなる日経平均より成績がよく、株式の配当金などが上乗せとなっているようです。

それと、日経平均とTOPIXを比較すると日経平均の方が過去10年では成績が良かったと言えます。

リーマンショックなどを経験しながら、平均年率約7.3%というのはできすぎでしょうか。

国内株式がここまで年率がいいイメージがなかったので、ちょっと意外ですが10年という中期で見るとこのくらいの成長はしてるということですね。

まとめ

この資産クラスには、日経225インデックスe(信託報酬0.19%)やたわらノーロード日経225(信託報酬0.195%)という強力なライバルが登場しています。

低コスト化がすすんで、投資家にとってはうれしい話ですが、慎重派の方は新規2本は見送り既に実績があるニッセイ日経225インデックスファンドに投資するのもいい選択ですね。

ニッセイは過去にインデックスファンドの信託報酬を大幅に値下げしたことがありますので、その時にニッセイ日経225インデックスファンドは値下げをしてないので、将来値下げされる可能性があるかもしれませんね。

参考 ニッセイのインデックスファンドの信託報酬が大幅値下げ!

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託は保有しているだけでポイントがもらえます。

ニッセイ日経225インデックスファンドはSBI証券でポイント対象となっているのでお得ですので、ネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!