ニッセイJPX日経400アクティブファンドの評価!成績はどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

国内株式市場で代表的なスマートベータ指数であるJPX日経インデックス400を上回る成績を目指すのがニッセイJPX日経400アクティブファンドです。

ニッセイはJPX日経インデックス400に連動するニッセイJPX日経400インデックスファンドも運用していますが、実際インデックスを上回る成績となっているのか確認してみました。

参考 ニッセイJPX日経400インデックスファンドについては下記も参考にしてみてください。

ニッセイJPX日経400インデックスファンドの評価!利回りは?

ニッセイJPX日経400アクティブファンドの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
買付手数料 販売会社による。
例)SBI証券の場合
1,000万円未満 3.24%
1,000万円以上5,000万円未満 2.16%
5,000万円以上1億円未満 1.08%
1億円以上3億円未満 0.54%
3億円以上 0%
信託報酬 年率1.44%(税抜)
実質コスト 1.48%(税抜)※決算日 2017年1月25日ベース
信託財産留保額 なし
決算 年2回(1、7月の25日)
信託期間 2026年1月26日
為替ヘッジ なし
運用会社 ニッセイ・アセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

市場別組入比率

組入上位10業種

組入上位10銘柄(組入銘柄数:36)

分配金

下記の様に過去には分配金が出ていますが直近では分配金は出ていません。

もちろん分配金が出ているということは、税金の問題もあり複利効果が落ちるため長期投資には向きません。

特徴

中長期的にはベンチマークとするJPX日経インデックス400(配当込み)を上回る成績を目指した国内株式に分散投資するアクティブファンドです。

JPX日経インデックス400は、ROEや営業収益などを基準に選別されるため、企業収益や財務の質を重視しているインデックスで、JPX日経インデックス400構成銘柄に限定することなく、同指数に採用が見込まれる銘柄も投資対象としています。

投資銘柄の選定イメージは下記となっています。

最終的には銘柄は30~50銘柄と大分絞り込んでいるので、JPX日経インデックス400よりは分散性が落ちる点は注意したいところです。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
1ヶ月 +2.2% ー0.8%
3ヶ月 +4.2% +0.3%
6ヶ月 +14.5% +15.4%
1年 +9.6% +13.6%
3年 +42.9% +32.0%
設定来 +47.8% +31.6%

※分配金を再投資し、税金は考慮してません
※2017年3月31日の月次レポートより

(引用元:モーニングスター社)

オレンジがニッセイJPX日経400アクティブファンド赤がひふみ投信緑がニッセイJPX日経400インデックスファンド青がTOPIX(配当込み)の過去3年間のチャートです。

評価

2014年12月20日から約3年間運用され+47.8%と年率平均は約15.9%と成績はよく、「ニッセイJPX日経400インデックスファンド」を上回る成績を残している優良なアクティブファンドです。

さらに、直近3年間ではTOPIX(配当込み)より成績もよかったようです。

国内株式の優良アクティブファンドとして有名なひふみ投信よりは成績は悪かったようですが、それでも十分な成績は残しているかなといった感じです。

参考 ひふみ投信の評判は?株の初心者に組み入れ銘柄は勉強になる?

ただ、純資産残高は890億円ほどありますが、最近は純資産残高が右肩下がりと資金が流出しているので、今後もその流れが続くのか注意が必要です。

※オレンジの山が純資産残高の推移です。

まとめ

中長期的にはベンチマークとするJPX日経インデックス400(配当込)を上回る成績を目指した国内株式に分散投資するアクティブファンドが、ニッセイJPX日経400アクティブファンドです。

JPX日経インデックス400の構成銘柄および同指数に採用が見込まれる銘柄を投資候補として、最終的には30~50銘柄まで絞り込んで投資を行うためJPX日経インデックス400よりは分散性が落ちます

過去3年間では、JPX日経インデックス400に連動する「ニッセイJPX日経400インデックスファンド」やTOPIX(配当込み)よりも成績はよく3年間の単純な年率平均は15.9%となかなかいい成績を残しています。

ただ、純資産残高が最近は右肩下がりとなっていて、資金が流出している点は注意が必要です。

また、このファンドに投資をしたい場合は、買付手数料が必要となるので買付手数料が無料の証券会社で購入してください。

ニッセイJPX日経400アクティブファンドはフィデリティ証券なら買付手数料は0円!

フィデリティ証券なら下記のように買付手数料が無料で購入できるのでお得です。

  • 口座開設時3ヵ月間買付手数料は0円
  • 定期的に口座開設済の方向けに買付手数料が0円となるキャンペーンを実施
  • NISA+積立の場合、非課税枠を超えても買付手数料は0円

もちろん口座開設・維持費は無料ですので、下記の公式サイトで詳細を確認してみてください。

>> フィデリティ証券(公式サイト)

(※フィデリティ証券の口座開設手順

参考 フィデリティ証券の詳細を確認したい方は下記も参考にしてみてください。

⇒ フィデリティ証券の評価・評判は?手数料あり投信がほしい人は必見!

参考 ニッセイJPX日経400アクティブファンドを既に持ってる方は、フィデリティ証券に移管すれば買付手数料を節約できます。

⇒ 投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

ニッセイJPX日経400アクティブファンドは下記の証券会社でも購入できます

下記の証券会社でも購入は可能ですが、買付手数料が必要となります。

>>  SBI証券 詳細解説
>>  楽天証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説