ニッセイグローバルリートインデックスの評価・特徴!利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-nissei-globalreit

ニッセイグローバルリートインデックスは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズの低コストインデックスファンドです。

ベンチマークは異なりますが「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」があったり意外に悩む資産クラスです。

そんなライバルがいる中、ニッセイグローバルリートインデックスはどのようなファンドなのか評価してみました。

参考 REITについては下記も参考にしてみてください。

⇒ REITとは?投資信託やETFなどで投資が可能です!

ニッセイグローバルリートインデックスの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
売買手数料 無料(ノーロード)
信託報酬 年率0.27%(税抜)※2016年11月22日から
実質コスト 0.60%(税抜)※決算日 2015年11月20日ベース
信託財産保留額 なし
決算 年1回(11月20日)
信託期間 無制限
為替ヘッジ なし
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

国・地域別組み入れ比率

nissei-global-reit

組入上位10銘柄

銘柄 国・地域 比率
SIMON PROPERTY GROUP INC アメリカ 6.0%
PUBLIC STORAGE アメリカ 3.5%
EQUITY RESIDENTIAL アメリカ 2.9%
UNIBAIL-RODAMCO SE フランス 2.6%
AVALONBAY COMMUNITIES INC アメリカ 2.3%
WELLTOWER INC アメリカ 2.3%
PROLOGIS INC アメリカ 2.2%
BOSTON PROPERTIES INC アメリカ 2.0%
VENTAS INC アメリカ 1.8%
VORNADO REALTY TRUST アメリカ 1.8%

分配金

運用開始されて2回決算を迎えていますが、まだ分配金は出されていませんので効率よく運用されています。

株式の配当などはファンド内の原資として効率よく運用されています。分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

特徴

S&Pグローバルリート指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとし、これ一本で日本を除く全世界のREIT市場に分散投資ができます。

最大の市場であるアメリカに7割、その他市場は3割といった構成です。

信託報酬は0.27%と海外REITでは先進国のみに投資するファンドを入れても最安値となっています。

純資産残高は32億程度ですが、最近は横ばいといった感じであまり注目度は高くなさそうですが、REITの投資信託全般がこのような傾向にあります。

そんな中、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」とどっちが純資産残高を増やしてい行けるのか注目されます。

参考 三井住友DCインデックスシリーズから信託報酬最安値の3ファンド追加!

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド ベンチマーク
1ヶ月 ー0.4% ー0.3%
3ヶ月 +7.7% +7.9%
6ヶ月 +4.2% +4.6%
1年 ー0.3% ー0.1%
設定来 +44.1% +44.9%

※2015年12月末

※ファンド設定日は2013年12月10日

exei-vs-nissei-global

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、EXE-iグローバルREITファンド(青)ニッセイグローバルリートインデックス(赤)直近2年間を比較した図となります。

評価

ベンチマークより成績が若干悪いですね。

日本を含んだEXE-i グローバルREITファンドよりは直近2年間は成績が良かったようです。

設定されて約2年ですから、設定来+44%ということは、平均年利22%の利回りだったんですね。

期間が短すぎるのでこれで判断はできませんが、直近2年はかなりリターンがよかったと言えます。

まとめ

この資産クラスでは信託報酬最安値となりましたが、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」は純資産残高が増えれば信託報酬が引き下がっていくと変わった体系となっています。

そんな中、「ニッセイグローバルリートインデックス」は、資産残高30億円を超えていて信託報酬も最安値となっているので一番おすすめとなります。

ただ、信託報酬引き下げ後の実質コストは注意が必要で、新興国含んでいるだけに実質コストが高くなる傾向があるので、ここは今後の決算で確認が必要でしょう。

「ニッセイグローバルリートインデックス」は、日本には投資していないので、ニッセイJリートインデックスファンドと組み合わせると全世界のREIT市場に分散投資ができるようになります。

参考 ニッセイJリートインデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

先進国REITだけでよければ「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」が信託報酬最安値となっているので、実質コストを確認する必要がありますが、一つの選択肢となるでしょう。

参考 三井住友DCインデックスシリーズから信託報酬最安値の3ファンド追加!

ニッセイグローバルリートインデックスを購入するならSBI証券がおすすめです!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

投資信託は保有しているだけでポイントがもらえますので、ネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?