三井住友・げんきシニアライフ・オープンの評価・解説!最優秀ファンド?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-mitsui-senior-life

「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する国内企業に投資を行うアクティブファンドです。

このファンドは、第三者機関が選ぶファンド大賞で総なめといえるほど、最優秀ファンド賞を受賞している評判が高いファンドです。

外部からは高い評価を得ていますが、内容がどれだけいいファンドなのか確認してみました。

三井住友・げんきシニアライフ・オープンの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
買付手数料 無料(ノーロード投信)
信託報酬 年率1.50%(税抜)
実質コスト 2.11%(税抜)※決算日 2016年5月25日ベース
信託財産保留額 なし
決算 5、11月の25日
信託期間 無期限
運用会社 三井住友アセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能

組入上位10銘柄(組入銘柄数64)

tousin-mitui-senior-life1

組入上位10業種

tousin-mitui-senior-life2

資産構成

tousin-mitui-senior-life3

分配金

分配金は1年に2回となっており、分配金実績は下記となります。

tousin-mitui-senior-life4

2014年から分配金を出し始めていますが、基準価額が10,000円を超えたからなのか、方針が変わったからなのでしょうか。

2015年にかなりの分配金が出ていて、分配金利回りは23.7%まで上がりましたが、直近では11.9%(2016年7月20日)まで下がっています。

もちろん分配金が出ているということは、税金の問題もあり複利効果が落ちるため効率よく運用されているとは言えません。

直近の分配金150円の内訳をみてみると、

tousin-mitui-senior-life5

お、たこ足配当ではなく純粋にファンドの運用益で分配金を出してますね。

特徴

高齢化社会が生み出す新しいビジネス、新技術あるいは様々なニーズ等をシルバービジネスとしてとらえ、そのような分野に注目して事業展開している国内株式に投資するアクティブファンドです。

ベンチマークは特にないのですが、TOPIXを一応参考指標としているようです。

2015、2016年には下記の受賞歴を誇る第三機関による評価はものすごく高いファンドです。

  • モーニングスターアワード・ファンド オブ ザ イヤー 2015
    「国内株式中小型部門 最優秀ファンド賞」
  • リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016
    「株式型 日本株 [評価期間3年] 最優秀ファンド賞」
  • R&Iファンド大賞 2016
    「国内株式部門・NISA/国内株式部門 最優秀ファンド賞」

このファンドは結構歴史が長く2000年5月26日から運用開始しているので16年ほど運用されていて、下記は設定来からの基準価額と純資産残高の推移です。

tousin-mitui-senior-life6

設定当初60億円くらいあった純資産残高はみるみる減って2012年1月には1.3億円くらいにまで資産が減少してました。

結局そのあとアベノミクスの波とともに、基準価額があがり2015年に高い分配金を出すことによって一気に120億円まで純資産残高を増やしました。

なので、運用がよかったというよりはアベノミクスがたまたまあって上昇したので何とか生き残ったファンドといったイメージでしょうか。

また、ものすごく気になるのが実質コストで、信託報酬と比べると随分と実質コストが高いイメージがあり内容を確認してみると、

tousin-mitui-senior-life7

売買委託手数料が高すぎですね。

実はこのファンドの組入銘柄は頻繁に大きく入れ替えがされています。

tousin-mitui-senior-life8

3か月前の上位10銘柄のうち4銘柄、6か月前の上位10銘柄のうち1銘柄しか残っていないと、かなり大規模に入れ替えをしているので、株式の売買委託手数料がほかのファンドと比べるとかなり高い状態になっています。

なぜここまで大きく入れ替えをしなくてはいけないのか、まったくもって疑問が残るファンドです。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド TOPIX
1ヶ月 ー3.8% ー9.7%
3ヶ月 ー1.9% ー7.5%
6ヶ月 ー4.9% ー19.5%
1年 +3.0% ー23.6%
3年 +98.6% +9.9%
設定来 +38.9% ー18.3%

※分配金を再投資し、税金は考慮していない

分配金を再投資していますが、これには税金が考慮されていませんので、実際にはもっと低いリターンとなります。

tousin-mitui-senior-life9

青が三井住友・げんきシニアライフ・オープン赤がひふみ投信の過去5年間のチャートです。

評価

当ファンドは約16年運用されているので、単純な平均年率は2.6%となります。

ただし、分配金は再投資され、税金は考慮されていないので、実際の利回りはこれより低くなります。

国内株式でアクティブファンドといえばひふみ投信ですので、比較してみましたが大分三井住友・げんきシニアライフ・オープンも頑張りましたが分配金を出した差で直近では大きく差を付けられています。

分配金を出すと運用効率が悪くなので今後も分配金を出す方針ならば、中長期的には分配金を出さないひふみ投信と比較するとだいぶ差が出てくる可能性が高いです。

参考 ひふみ投信の評判は?初心者に株の組み入れ銘柄は勉強になる!?

まとめ

「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する国内企業に投資を行うアクティブファンドです。

たこ足配当もしておらず、買付手数料も無料なのでここら辺に関しては優良ファンドのように思えます。

ただし、分配金を出すことによって運用が非効率(複利効果の恩恵が受けれない)だったり株式の入れ替えが多すぎてその分の手数料を投資家が支払っているというところがデメリットです。

正直このファンドを購入するくらいなら、同じ国内株式のひふみ投信の方が分配金を出していないので、中長期的にはひふみ投信の方がリターンがよくなると思われます。

参考 ひふみ投信の評判は?初心者に株の組み入れ銘柄は勉強になる!?

年率平均約10%の国内株式アクティブファンドといえばひふみ投信!

口座開設・維持費はもちろん無料ですので、公式サイトで詳細を確認してみてください。

>> 新スタイルの資産形成 ひふみ投信

三井住友・げんきシニアライフ・オープンを購入するならSBI証券がおすすめ!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?