日経225インデックスeがコスト最安値で登場!するらしい・・

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-indexe-225

三井住友トラスト・アセットマネジメントは、信託報酬0.19%の日経225インデックスeを2016年1月8日に新規設定するとのことです。

はたまたインデックス投信のコスト競争に参加者が現れました。

インデックス投信のコスト競争はどこまでいくのでしょうか?

日経225インデックスeが新規設定

日経225インデックスe 投資信託検索ライブラリ

まだ三井住友トラスト・アセットマネジメントのホームページに出てないので、ちょっとフライング気味ですが上記のリンクにすでにでてますね。

設定日は2016年1月8日で日経225のインデックスファンドとしては最安値となる0.19%で登場するとのことです。

インデックスeシリーズとは?

三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用会社で設定しているファンドです。

SMTシリーズも展開していて、こちらの方は17本も運用されていて力を入れているシリーズで、インデックスeシリーズは今まで4本で、日経225インデックスeが加わり5本目の設定となります。

正直三井住友トラスト・アセットマネジメントはSMTシリーズが主力で、インデックスeはそちらに吸収されるのかななんて思ってました。

ところが、新規設定されたのがインデックスeシリーズでしかも日経225では最安値で登場するとは驚きです。

インデックスeシリーズ

ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産残高(百万円)
日経225インデックスe 日経225 0.19%
日本株式インデックスe TOPIX 0.37% 3,088
日本債券インデックスe NOMURA-BPI総合 0.37% 2,648
外国株式インデックスe MSCI KOKUSAIインデックス 0.50% 15,015
外国債券インデックスe シティ世界国債インデックス
(除く日本)
0.50% 4,181

まとめ

まだ詳細は不明ではありますが、日経225で最安値ファンドが登場しそうです。

今までの最安値は先日発表された、たわらノーロード 日経225の信託報酬が0.195%でしたので、それよりも安い0.19%設定となりそうです。

参考 たわらノーロードがインデックス投信市場に格安投資信託を投入!

投資家としてはコストが安くなってくるのは大歓迎ではありますが、それ以上に今後三井住友トラスト・アセットマネジメントがSMTシリーズとインデックスeシリーズをどのような位置づけで販売していくのかも注目です。

SMTシリーズは、様々な銀行や証券会社で販売されているの対して、インデックスeシリーズはネット証券のみで販売されています。

やはり有店舗での販売は、販売会社への取り分は大きくは下げられないので、ネットに絞ったユーザにはインデックスeシリーズで低コスト競争に参入するということでしょうか?

インデックスeシリーズは今まで地味な存在でしたが、今回をきっかけに低コスト競争に乗り込んでくると面白くなるかもしれませんね。

「インデックスe」シリーズの購入は下記のネット証券で可能ですので、こちらからどうぞ。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説