iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-ifree-new

大和証券投資信託委託のプレスリリースによると2016年9月8日よりiFreeシリーズという超低コストインデックスファンドの運用を始めるようです。

低コストインデックスファンドシリーズといえばたわらノーロードシリーズやニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズが信託報酬最安値を争っていましたが、iFreeはどの程度の低コストなのか確認してみました。

参考 iFreeシリーズのプレスリリース

iFreeシリーズにはどんなファンドがある?

iFreeシリーズは購買手数料無料のノーロードファンドで信託財産留保額もありません。

名称ベンチマーク信託報酬
(税抜)
iFree⽇経225インデックス日経平均0.19%
iFreeTOPIXインデックスTOPIX0.19%
iFreeJPX日経400インデックスJPX日経400インデックス0.205%
iFree日本債券インデックスNOMURA-BPI総合0.14%
0.22%
iFree外国株式インデックスMSCI-KOKUSAI0.21%
iFreeNYダウ・インデックス NYダウ平均株価0.225%
iFree新興国株式インデックスFTSE RAFIエマージングインデックス0.34%
iFree外国債券インデックスシティ世界国債インデックス(除く日本)0.18%
iFree新興国債券インデックスJPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド0.22%
iFreeJ-REITインデックス東証REIT指数(配当込み)0.29%
iFree外国REITインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本)0.31%
iFree8資産インデックスバランスなし0.23%

※・・10年国債利回り1%未満のときは0.14%、10年国債利回り1%以上の時は0.22%

iFreeシリーズ登場で各資産クラスの信託報酬最安値は?

国内株式

日経平均をベンチマークとするファンドは、日経225インデックスeと並んでiFree⽇経225インデックスが0.19%で最安値となりました。

TOPIXをベンチマークとするファンドは、ニッセイTOPIXインデックスファンドが0.29%で最安値だったので、iFreeTOPIXインデックスが0.19%で最安値となっています。

JPX日経400インデックスをベンチマークとするファンドは、ニッセイJPX日経400インデックスファンドが0.31%で最安値だったので、iFreeJPX日経400インデックスが0.205%で最安値となっています。

iFreeシリーズが日経平均、TOPIX、日経400インデックスをベンチマークとするファンドでは最安値となっています。

国内債券

NOMURA-BPI総合をベンチマークとするファンドは、たわらノーロード 国内債券ニッセイ国内債券インデックスファンドが0.15%で最安値だったので、今の10年国債利回りはもちろん1%未満なのでiFree日本債券インデックスの0.14%が最安値となっています。

ただ、10年国債利回りが1%以上となるときには信託報酬が上がってしまうので、注意が必要です。

先進国株式

MSCI-KOKUSAIをベンチマークとするファンドは、たわらノーロード 先進国株式が0.225%が最安値だったので、iFree外国株式インデックスが0.21%で最安値となりました。

ただ、配当込みがどうか明記されていないので今後確認が必要です。

また、NYダウ平均をベンチマークとしたインデックスファンドも設定されています。

先進国債券

シティ世界国債インデックス(除く日本)をベンチマークとするファンドは、たわらノーロード 先進国債券、ニッセイ外国債券インデックスファンドが0.2%で最安値だったので、iFree外国債券インデックスが0.18%で最安値となりました。

新興国株式

ベンチマークは異なりますが、新興国株式で信託報酬最安値だったのはEXE-i 新興国株式ファンドの0.374%だったのですが、iFree新興国株式インデックスは0.34%ということで最安値となりました。

ただ、ベンチマークが異なるので何とも言えませんし、新興国株式はファンドによって実質コストがかなり変わるので、実質コストが判明するまでは何とも言えません。

新興国債券

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ グローバル・ディバーシファイドをベンチマークとするファンドは、インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)が0.52%で最安値だったので、iFree新興国債券インデックスが0.22%で最安値となりました。

新興国債券も実質コストがかなり変わりますが、今までの最安値の半分以下なのでiFree新興国債券インデックスが実質コストも最安値となるのは間違いないでしょうね。

国内REIT

東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとするファンドは、たわらノーロード 国内リートが0.30%で最安値だったので、iFreeJ-REITインデックスが0.29%で最安値となりました。

海外REIT

S&P先進国REIT指数(除く日本)をベンチマークとするファンドは、たわらノーロード 先進国リートが0.35%で最安値だったので、iFree外国REITインデックスが0.31%で最安値となりました。

バランス型ファンド

こちらはどの資産クラスに投資しているかによって変わるので比較は難しいのですが、iFree8資産バランスは、8つの資産クラスに均等に配分するとしているので、eMAXISバランス(8資産均等型)と同じようなファンドとなりそうです。

eMAXISバランス(8資産均等型)の信託報酬が0.50%なのでiFree8資産バランスは0.23%と破格な信託報酬となっています。

参考 eMAXISバランス(8資産均等型)を評価・解説!利回りはどのくらい?

まとめ

2016年9月8日より新規に運用が始まる大和証券投資信託委託のiFreeシリーズは、各資産クラスでほぼ信託報酬最安値となって登場します。

たわらノーロードシリーズが登場した時も、インパクトがありましたが今回のiFreeシリーズはほぼすべての資産クラスで信託報酬最安値を更新しています。

個人的に一番注目はiFree8資産バランスで、eMAXISバランス(8資産均等型)が比較的好調に推移しているので、おなじような資産配分で信託報酬が半分以下となっているので相当破格なバランス型ファンドと言えます。

ただ、新規設定ファンドなので下記の3つのポイントを見極めたうえで乗り換え検討した方がいいと思ってます。

  • 純資産残高が順調に右肩上がりで増えていくか
  • 分配金の有無
  • 実質コストがどの程度になるのか

今後どこまでインデックスファンドの低コスト化がすすむのか楽しみです。

iFreeシリーズはSBI証券と楽天証券、マネックス証券で購入できます!

購入はSBI証券と楽天証券、マネックス証券で、楽天証券のみ投資信託を保有するだけでポイントがもらえるようになるとおもうので、楽天証券で購入することをおすすめします!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> 楽天証券詳細解説← おすすめ

>> SBI証券 詳細解説

>> マネックス証券詳細解説

口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

※SBI証券では「iFree新興国株式インデックス」「iFreeJ-REITインデックス」「iFree外国REITインデックス」はポイント付与対象です

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!