HSBCブラジルオープンの評価・評判!投資して大丈夫?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

2000年代以降著しい経済発展を遂げている有力新興国として注目されているBRICsの一角であるブラジルの株式市場に投資ができるアクティブファンドがHSBCブラジルオープンです。

ブラジルはGDPで世界第9位にまで成長し、今後の成長も期待されていますが、そんなブラジルに投資できるHSBCブラジルオープンはどんな内容のファンドで投資して問題ないのか確認してみました。

HSBCブラジルオープンの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
販売手数料 販売会社による。
例)SBI証券の場合
100万円未満 3.24%
100万円以上500万円未満 2.16%
500万円以上 1.08%
信託報酬 年率1.9%(税抜)程度
実質コスト 2.16%(税抜)※決算日 2016年3月30日ベース
信託財産留保額 なし
決算 年1回(3月30日)
信託期間 無期限
為替ヘッジ なし
運用会社 HSBC投信株式会社
再投資 金額、積立ともに可能

業種別組入比率

通貨別組入比率

組入上位銘柄(組入銘柄数:30)

分配金

毎月分配型ではないので分配金は出る時でないときがあり、過去の実績としては下記となります。

特徴

MSCIブラジル10/40指数(円ベース)をベンチマークとし、中長期的に当該インデックスファンドを上回る投資成果を目指していて、主にブラジルのサンパウロ証券取引所上場株式を投資対象とするアクティブファンドです。

組入銘柄はブラジル国内企業が多いので、グローバル的にはあまり知名度がない企業が多いといった感じなので、日本にいると情報も少ないのでリスクは高いです。

また、ファンドの約9割がブラジルレアルとなるので、レアルの動きにかなり左右されるという点も注意が必要で、新興国通貨らしく?値動きはかなり激しいです。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
1ヶ月 +3.4% +2.5%
3ヶ月 +20.0% +18.7%
6ヶ月 +24.5% +26.2%
1年 +90.8% +96.4%
3年 ー6.2% +19.0%
設定来 -6.9% +54.5%

※分配金を再投資し、税金は考慮してません
※2017年2月28日の月次レポートより

(引用元:モーニングスター社)

オレンジがHSBCブラジルオープン赤がNYダウ平均(配当込み、円ベース)緑がMSCIブラジル(配当込、円ベース)青がMSCI・エマージング・マーケット・インデックス(配当込、円ベース)の過去3年間のチャートです。

評価

HSBCブラジルオープンは直近1年間で基準価額は+90%と約2倍となりましたが、2006年3月31日の設定来ではベンチマークは+50%となっているにもかかわらずマイナスとなっている状況です。

しかも新興国株式のインデックスファンドで多く採用されているMSCI・エマージング・マーケット・インデックスと比較すると波の上下が激しいのでリスクも高く、しかもトータルリターンでも大きく劣ってるので、直近3年間では新興国株式のインデックスファンドに投資していた方がましといった感じです。

そもそも11年間運用していて、ベンチマークとここまで差が出るってなにか運用がおかしいとしか思えないです。

純資産残高は2010年ころに約3,000億円まで集めましたが、今では約400億円と資金は流出してますが、まだ400億円もあるのは売却時期を逃した方が多かったのでしょうか。

まとめ

MSCIブラジル10/40指数(円ベース)をベンチマークとし、中長期的に当該インデックスファンドを上回る投資成果を目指していて、主にブラジルのサンパウロ証券取引所上場株式を投資対象とするアクティブファンドです。

有力新興国として注目されているBRICsの一角であるブラジルのGDPは世界第9位まで成長し、一時期よりトーンダウンした感はありますが今後も成長が期待されています。

ただ、HSBCブラジルオープンは約11年間の運用でベンチマークと比較すると大きくトータルリターンで差がつけられていて、とても長期資産運用として投資するに値するファンドとは思えません

ブラジルに投資するなら投資信託(非上場)ならブラジルの株式市場を代表する株価指数であるボベスパ指数をベンチマークとする「ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株」や国内ETFの「NEXT FUNDS ブラジル株式指数上場投信」やMSCIブラジル 25/50 インデックスに連動する海外ETFの「iシェアーズ MSCI ブラジル・キャップト ETF」などもあります。

参考 ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株の評価!

どんなファンドを購入するにしてもブラジル単体への投資は、資産の一部の投資にするのはもちろんですが、ほったらかし投資せずに、状況に応じて一時的に売却するなどの考慮もしておきたいところです。

HSBCブラジルオープンはフィデリティ証券なら買付手数料は0円!

口座開設後最大3ヵ月間はどんなファンドでも買付手数料は無料ですし、定期的に買付手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。またNISA口座で積立投資するならいつどんなファンドでも買付手数料が無料となるので、無駄な手数料を節約できます。
もちろん口座開設・維持費は無料ですので、下記の公式サイトで詳細を確認してみてください。

>> フィデリティ証券(公式サイト)

(※フィデリティ証券の口座開設手順

参考 フィデリティ証券の詳細を確認したい方は下記も参考にしてみてください。

⇒ フィデリティ証券の評価・評判は?手数料あり投信がほしい人は必見!

参考 HSBCブラジルオープンを既に持ってる方は、フィデリティ証券に口座開設後に移管することもできます。

⇒ 投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!