投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016に投票しました!過去のまとめ!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-fund-of-the-year-2016-vote

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」の投票が開始されたので、投票をしました。

このアワードは今年で10回目で、ボランティアで運営されている事務局の方々の努力によって実現されている非常に貴重なイベントです。

一般投資家が選ぶ投資信託のランキングってあまりないのでいつも勉強させてもらってます。

参考 2015年の投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearの結果はこちら!

⇒ 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearって?

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは、

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

投票資格が「“投信ブロガー”であること。2016年9月30日までにブログを開始していること。」と投資信託のブログをやっている一般投資家が対象となっています。(私が投信ブロガーと認められるかはわかりませんが・・)

そのため、変に銀行や証券会社の都合で売りたい投資信託などは排除され、個人投資家として本当にいいと思える投資信託のランキングがみれる貴重なイベントです。

今年で10回目を迎え毎年個人投資家らしい、なるほどと思えるファンドが選ばれていて、非常に参考になるイベントです。

2007年からこのイベントは開催されいて、当初はアンケートといった形で投票されていたようですが、最近は専用サイトで投票し結果はイベント会場で発表されるなど毎年規模が拡大されて行って、運用会社の方も授賞式に登壇されるなど華やかになっていってます。

2016年の結果発表には、有名なインデックス投資アドバイザー「カン・チュンドさん」とファイナンシャルジャーナリストで下記の本の著者である「竹川美奈子さん」がMCをやられるそうです。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門

新・投資信託にだまされるな! —買うべき投信、買ってはいけない投信

過去に「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」に選ばれたファンドって?

過去10年間で選ばれた上位10ファンドをまとめてみました。

2007年から2009年

2007年(投票20名) 2008年(投票26名) 2009年(投票45名)
1位 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
STAM グローバル
株式インデックス・オープン
バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
2位 マネックス
資産設計ファンド
バンガード・トータル・
ストック・マーケットETF(VTI)
eMAXIS 新興国株式
インデックス
3位 PRU海外債券マーケット・
パフォーマー
セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
STAM グローバル株式
インデックス・オープン
4位 年金積立 インデックスF
海外債券(ヘッジなし)
バンガード・FTSE・
エマージング・マーケッツETF(VWO)
STAM 新興国株式
インデックス・オープン
5位 ステートストリート
外国株式インデックスオープン
TOPIX連動型
上場投資信託(1306)
eMAXIS 先進国株式
インデックス
6位 PRU海外株式マーケット・
パフォーマー
iシェアーズ MSCI
EAFE ETF
セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
7位 トヨタアセット・
バンガード海外株式ファンド
ジョインベスト・グローバル・
バランス・ファンド
外国株式指数ファンド
8位 損保ジャパン-フォルティス・
トルコ株式オープン(メルハバ)
中央三井日本債券
インデックスファンド
ニッセイ日経225
インデックスファンド
9位 三井住友・ニュー・
チャイナ・ファンド
かいたくファンド ひふみ投信
10位 FWF ヨーロピアン・スモーラー・
カンパニー・ファンド
日興MRF バンガード・FTSE・
エマージング・マーケッツETF(VWO)
10位 JFチャイナ・
アクティブ・オープン

2010年から2012年

2010年(投票59名) 2011年(投票57名) 2012年(投票64名)
1位 STAM グローバル
株式インデックス・オープン
CMAM外国株式
インデックスe
バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
2位 eMAXIS 新興国株式
インデックス
結い 2101 外国株式
インデックスe
3位 バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
eMAXIS新興国株式
インデックス
eMAXIS新興国株式
インデックス
4位
eMAXIS全世界株式
インデックス
ひふみ投信 結い2101
5位 CMAM外国株式
インデックスe
ニッセイ日経225
インデックスファンド
ひふみ投信
6位 STAM 新興国株式
インデックス・オープン
バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
SMT グローバル株式
インデックス・オープン
7位 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
バンガード・FTSE・
エマージング・マーケッツETF(VWO)
ニッセイ日経225
インデックスファンド
8位 上場インデックスファンド
海外先進国株式
セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
野村インデックスファンド・
新興国債券・為替ヘッジ型
9位 バンガード・FTSE・
エマージング・マーケッツETF(VWO)
STAM グローバル株式
インデックス・オープン
セゾン資産形成の達人ファンド
10位 結い2101 eMAXIS全世界株式
インデックス
年金積立 インデックスファンド
海外新興国(エマージング)株式

2013年から2015年

2013年(投票83名) 2014年(投票115名) 2015年(投票20名)
1位 バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
2位 ニッセイ日経225
インデックファンド
バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
3位 結い2101 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
バンガード・トータル・
ワールド・ストックETF(VT)
4位 外国株式
インデックスe
結い2101 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
5位 ひふみ投信 eMAXIS バランス
(8資産均等型)
ひふみ投信
6位 ニッセイJリート
インデックスファンド
ひふみ投信 eMAXIS バランス
(8資産均等型)
7位 EXE-i グローバル中小型株式ファンド 世界経済
インデックスファンド
結い2101
8位 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
SMT グローバル株式
インデックス・オープン
世界経済
インデックスファンド
9位 SMT グローバル株式
インデックス・オープン
ニッセイ日経225
インデックスファンド
ひふみプラス
10位 eMAXIS新興国株式
インデックス
eMAXIS新興国株式
インデックス
iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF

所感

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は2012年以外すべての年で10位以内にランクインしていて、長く人気を集めていたファンドだということが言えます。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」も、2007・2008年以外はランクインをしていて、2009・2012・2013年で1位を獲得するなど人気が高いETFです。

参考 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)はNISAで!

2009年以降新興国株式が人気があり、「eMAXIS新興国株式インデックス」「STAM 新興国株式インデックス・オープン」などがランクインしてましたが、ついに2015年にはランク外となっていて、ここ数年新興国の伸びが鈍化しているのに合わせて人気も下降しているのがわかります。

個人投資家の方は「ひふみ投信」「結い2101」といった独立系投資信託の人気が高いようです。「ひふみ投信」は「ひふみプラス」という姉妹ファンドを出してネット証券などでも購入できるようにはなりましたが、成績もいいファンドなので2015年では両方ともランクインするといった人気を誇ってます。

参考 ひふみ投信の評判は?初心者に株の組み入れ銘柄は勉強になる!?

参考 ひふみ投信とひふみプラスの違いって何?どっちが人気がある?

参考 ひふみ投信の基準価額が高いけど割高なの?いつ投資すればいい?

直近2年くらいは「eMAXIS バランス(8資産均等型)」「世界経済インデックスファンド」といった低コストのバランス型ファンドがランクインされ、人気を集めました。

参考 eMAXISバランス(8資産均等型)を評価してみました!

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

参考 世界経済インデックスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

今は2年連続「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が1位を獲得し先進国株式のインデックスファンドで信託報酬のコストが安いことが高い評価を得ています。

参考 ニッセイ外国株式インデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

最近ライバルファンドの登場によりコスト面での魅力が落ちていたように見えましたが、再度信託報酬の引き下げを行い最安値の座を奪い返していますので今年も1位を獲得できるのか注目されます。

参考  ニッセイアセットマネジメントが信託報酬を引下げ!最安値は譲らない?

私が何に投票したのか?

あまり興味はないでしょうが、私が投票する際に考えたファンドをご紹介します。

比較的バランス型ファンドでも成績がいい「eMAXIS バランス(8資産均等型)」とほぼ同じ内容で約半分の低コストで今年登場したiFreeシリーズの「iFree8資産バランス」が今年は一番驚きでした。

参考 iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

参考 iFree8資産バランスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

米国で25年以上にわたり毎年増配している大型優良株50銘柄に分散投資できる「SMT米国株配当貴族インデックス・オープン」も個人的には比較的米国の内需株が多く今後の米国の経済成長とともに成長してくれるかなと期待しています。

参考 SMT米国株配当貴族インデックス・オープンの評価!日本株より期待大?

既存ファンドでは「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は周りが低価格化していく中、過去に信託報酬を引き下げを行ったことがあるだけに次なる手を打てるのか注目しています。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

また、ETFならシンプルにS&P500の成長を期待し、さすがの低コストインデックスファンドも信託報酬0.05%という低コスト化は難しいと思われる「バンガード・S&P500ETF(VOO)」もいいとは思うんですけどね。人気はあまり集められなさそうですが・・。

参考 バンガード・S&P500ETF(VOO)の評価・特徴!バフェットのおすすめ?

まとめ

今年は去年の投票対象になっていない「たわらノーロードシリーズ」「iFreeシリーズ」などが登場しインデックスファンドは低コスト化がすすみ、投資する側からすれば環境が良くなってきています。

資産運用はなかなか周りの人に相談できる人もいないし、銀行や証券会社に相談に行けば高い信託報酬の投資信託を売りつけられるだけで、相談する側にとっていい投資信託など勧めてくれないので、このような個人投資家の方たちが選ぶ投資信託というのは参考になりますので、2017年1月14日の結果発表に注目してみてください。

参考 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016公式サイト

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!