フィデリティ・日本成長株・ファンドの評価・特徴!投資して大丈夫?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-fidelity-japan-growth-stock

ファミリーファンド方式で、日本の取引所に上場(これに準ずるものを含む)されている株式を主要な投資対象とするアクティブファンドです。

成長企業(市場平均等に比較し成長力があり、その持続が長期的に可能と判断される企業)を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資を行うといったことで運用者の腕が試されるファンドです。

どの程度の成績だったか確認してみましょう。

フィデリティ・日本成長株・ファンドの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
販売手数料 販売会社による。
SBI証券 楽天証券フィデリティ証券株式会社なら無料
信託報酬 年率1.53%(税抜)
実質コスト 1.65%(税抜)※決算日 2015年11月30日ベース
信託財産保留額 なし
決算 11月30日
信託期間 なし
為替ヘッジ
運用会社 フィデリティ投信
再投資 金額、積立ともに可能

組入上位10銘柄(組入銘柄273)

tousin-fidelity-japan-growth-stock1

市場別組入状況

tousin-fidelity-japan-growth-stock2

組入上位5業種

tousin-fidelity-japan-growth-stock3

分配金

運用されて18回決算を迎えてますが、一度も分配金は出ていません。

分配金が出ていないということは、効率よく運用されていると言えます。

特徴

日本株を主要な投資対象とし、個別企業分析により成長企業を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資を行うアクティブファンドです。

アクティブファンドには珍しくベンチマークが設定されていて、TOPIX(配当込み)がベンチマークとなっています。

このファンドは設定日が1998年4月1日と18年も運用実績があり、純資産残高が3,259億円とかなり資産を集めています。

リーマンショック前は5,600億円まで資産残高があったのですが、リーマンショックで2,000億円まで資産が流出し、その後少し回復し今の残高となっています。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

期間 ファンド TOPIX(配当込み)
1ヶ月 ー7.49% ー9.59%
3ヶ月 ー4.03% ー7.39%
6ヶ月 ー12.96% ー18.54%
1年 ー15.18% ー21.97%
3年 +21.38% +16.58%
設定来 +70.19% +30.43%

※設定日は1998年4月1日

tousin-fidelity-japan-growth-stock4

(引用元:Yahooファイナンス)

青がフィデリティ・日本成長株・ファンド、赤がひふみ投信の直近5年間のチャートです。

評価

ベンチマークのTOPIX(配当込み)よりは結構いい成績を残せているので、アクティブファンドとしては優秀だったと言えます。

ただ、同じ国内株式に投資するひふみ投信よりは直近5年間では、だいぶ成績は水をあけられてる感じです。

参考 ひふみ投信の評判は?株の初心者に組み入れ銘柄は勉強になる?

当ファンドは約18年運用されているので、単純な平均年率は3.9%とちょっと物足りない成績でした。

それだけ日本株が長期にわたって低迷していたということですが、アクティブファンドなので、もう少しいい成績を出してほしいもんです。

まとめ

フィデリティ証券で、ファンド積立ランキング(3年間)の第3位と比較的順調に売れているといった感じです。

ベンチマークであるTOPIX(配当込み)よりも成績もよく、比較的優秀なアクティブファンドかと思います。

ただ、国内株式を中心に投資をしているアクティブファンドといえばひふみ投信ですが、過去5年間ではかなり水をあけられていますので、ひふみ投資の方がおすすめです。

参考 ひふみ投信の基準価額が高いけど割高なの?いつ投資すればいい?

また、フィデリティ・日本成長株・ファンドは様々な金融機関で取り扱っていて、銀行や地銀、証券会社などで販売されています。

しかし、三井住友銀行では買付手数料が3%、イオン銀行でも2%となかり高額な手数料が必要となります。

このような無駄なコストは、フィデリティ証券株式会社 SBI証券 楽天証券で購入すれば買付手数料は無料です!

三井住友銀行では販売額ランキングで6位といまだに売れていますが、買付手数料が高すぎます。

このよなコストはあなたの努力で無料にすることができるので、フィデリティ・日本成長株・ファンドを購入する場合は、フィデリティ証券株式会社 SBI証券 楽天証券から選びましょう。

フィデリティ・日本成長株・ファンドは買付手数料無料で購入できます!

このファンを購入するなら下記の証券会社で購入してください。ほかの金融機関では買付手数料が必要となるので、その分リターンが少なくなってしまいますので、必ず買付手数料が無料の証券会社で購入してください。

こちらのどの証券会社も口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券 (公式サイト)

>> 楽天証券(公式サイト)

>> フィデリティ証券株式会社(公式サイト)