eMAXIS最適化バランスシリーズが新規設定!内容を評価してみました!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-emaxis-optimization

三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズにeMAXIS最適化バランスという新たなバランスファンドを新規設定します。

eMAXISといえばeMAXISバランス(8資産均等型)がバランス型ファンドとして人気を集めていますが、今回のバランス型ファンドはちょっと変わったバランス型ファンドです。

今回どんなファンドが新規設定されるのか中身を確認してみました。

参考 eMAXISバランス(8資産均等型)を評価してみました!

eMAXIS最適化バランスシリーズの基本情報

基本情報

取り扱い証券会社 2016年3月31日より SBI証券 マネックス証券
2016年4月1日より楽天証券
販売手数料 無料
信託報酬 年率0.50%(税抜)
信託財産保留額 マイゴールキーパー:なし
マイディフェンダー、マイミッドフィルダー:0.05%
マイフォワード、マイストライカー:0.10%
決算 毎年1月26日
信託期間 無期限
為替ヘッジ なし
運用会社 三菱UFJ国際投信

eMAXIS最適化バランスシリーズ

ファンド名 ファンドが連動することを目指す指数 目標リスク水準
マイゴールキーパー 最適化バランス(6%)指数 6%程度
マイディフェンダー 最適化バランス(9%)指数 9%程度
マイミッドフィルダー 最適化バランス(12%)指数 12%程度
マイフォワード 最適化バランス(16%)指数 16%程度
マイストライカー 最適化バランス(20%)指数 20%程度

参考 資産運用のリスクとリターンって?リスクが高い、低いってどういうこと?

資産クラス別比率

国内
株式
先進国
株式
新興国
株式
国内
債券
先進国
債券
新興国
債券
国内
リート
海外
リート
マイゴールキーパー 10% 6% 49% 30% 2% 3%
マイディフェンダー 14% 11% 4% 37% 20% 4% 4% 6%
マイミッドフィルダー 18% 16% 8% 25% 10% 8% 6% 9%
マイフォワード 22% 21% 12% 7% 5% 12% 9% 12%
マイストライカー 27% 27% 30% 1% 1% 1% 5% 8%

所感

eMAXIS最適化バランスは、イボットソン・アソシエイツ・ジャパンが、eMAXISシリーズのファンドを参照して算出する最適化バランス指数に連動する投資成果を目指して運用を行うとしています。

組入比率は年1回見直すとのことですが、国内への投資比率は高めな感じがします。

マイゴールキーパーは確かに守ってる感じがしますが、比較的コストが高いと思われる新興国に投資をしていないのに、ほかと同じ信託報酬は若干割高感があります。

ただ、これ一本でリートにまで投資できることを考えると信託報酬0.5%は妥当な線かなという感じがします。

バランス的にはマイミッドフィルダーあたりが人気が出そうですが、実際どのファンドが人気を集めるのか気になるところですね。

マイミッドフィルダーの目標リスク水準12%は、バランス型ファンドで人気の世界経済インデックスファンド(13.41%)やセゾンバンガードグローバルバランスファンド(12.13%)と同じくらいですね。

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?

ちなみにeMAXISシリーズで人気のeMAXISバランス(8資産均等型)は10.55%です。

まとめ

インデックスファンドの超低コスト競争からは後れを取っているeMAXISシリーズですが、他とは違ったバランス型ファンドを投入してきました。

目標がリスクっていうのは好感もてますよね。

どれもこれ一本でリートにまで分散投資ができて、マイゴールキーパー以外は新興国にも分散投資できるっていうのは選択肢が増えていいことではありますね。

まだこれから運用が始まるのでどの程度のリターンを出せて、投資家の方たちがどのファンドを選ぶのか注目したいところです。

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 (2016年3月31日より)
>> マネックス証券(2016年3月31日より)
>> 楽天証券(2016年4月1日より)

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?