くりっく株365一覧

岡三オンライン証券に訪問取材!くりっく株365・FXのあれこれ聞いてきました!

岡三オンライン証券に訪問取材した続きで、くりっく株365・FXについてもお話を伺ってきました。株や投資信託だけでなくくりっく株365・FXについてもサービスが拡充されてきているので、営業推進部部長の鈴木さんにサービス内容やおすすめの使い方など直接取材してきました。

くりっく株365の仕様変更により金利支払いが発生!配当はどうなる?

くりっく株365は、日経225やアメリカのNYダウ、イギリスのFTSE100、ドイツのDAXなどの株価指数に投資することができ配当相当額が受け取れることで注目されている商品です。そんなくりっく株365で仕様変更が行われ、買いの場合は金利相当額の支払いが発生するようになりました。実際どんな内容の仕様変更が行われ、どの程度の金利相当額の支払いが発生するのか確認してみました。

日経平均先物とくりっく株365、店頭CFDを比較!お得なのは?

日経平均株価(日経225)を資金効率が高い取引ができるのが、大阪取引所に上場する日経225先物、日経225miniが有名ですが、それに近い内容の取引ができるのがCFDです。CFDでは取引所CFDであるくりっく株365や店頭CFDで日経平均に投資をすることができますが、どのような違いがあり、取引するならどれがお得なのか確認してみました。

くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100といった株価指数を取引することができます。そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。

NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

岡三オンライン証券のくりっく株365の投資環境は最強か?

日経平均やNYダウといった株価指数に投資ができ、配当金ももらえるくりっく株365(取引所CFD)が注目され始めてますが、IPO投資で有名な岡三オンライン証券は投資ツールが充実していることでも知られています。そんな岡三オンライン証券では、くりっく株365でも投資環境を充実させているので、どんな内容なのか確認してみました。