S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

S&P500は、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数(インデックス)の一つで、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が妻にすすめたことで話題になりました。

過去ずっと右肩上がりで成長している米国株式市場に気軽に投資ができる株価指数(インデックス)がS&P500ですが、それに連動する投資信託やETFを比較してみました。

S&P500とは?

S&P500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数の一つです。

ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数です。

時価総額加重平均型株価指数とは
組入銘柄の時価総額合計を、基準となる一時点での時価総額合計で除算して求める。日本のTOPIXなど世界の多くの株価指数がこの方式を採用している。
単純な株価平均の場合と比較して値がさ株(株価の高い会社の株価)の影響を受けにくいというメリットがあるが、時価総額の高い大型株の割合が大きくなるという問題があり、最近では浮動株基準株価指数への移行が進んでいる。

1957年3月4日にスタンダード&プアーズにより現在の形で算出が開始され、1941年から1943年における平均指数を10として算出されています。

米国株式市場の動向を表す株価指数としてはNYダウ平均が最も有名ですが、NYダウ平均は構成銘柄数が30銘柄で平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数と、S&P500と構成銘柄数、インデックスの算出方法に違いがあり、分散性という観点ではS&P500の方が上です。

S&P500の30年間の過去のチャートは下記となっていて、日経平均と比較しています。

(引用元:Yahooファイナンス)

青がS&P500赤が日経平均の過去30年間のチャートです。

日経平均は見てわかるように全く成長してないのに対して、S&P500は途中大きく波が上下した期間がありましたが、その後大きく成長していて30年間で資産は7倍超となっています。

S&P500に連動する商品とは?

投資信託

ファンド名信託報酬
(税抜)
純資産残高
(百万円)
i-mizuho米国株式インデックス0.57%1,885

アクティブファンドでS&P500をベンチマークとするファンドはあるのですが、連動するファンドとしてはこの1つしかありませんでした。

NYダウ平均にはiFreeシリーズやたわらノーロードシリーズなどの低コストインデックスファンドが登場してますが、S&P500にはまだ低コストインデックスファンドは登場してないのでコスト競争は起きてない状況です。

参考 iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

参考 たわらノーロードシリーズに3ファンド追加!TOPIX、NYダウも!

ETF

名称ティッカー信託報酬
(税抜)
純資産残高
(百万円)
出来高種類
SPDR
S&P500 ETF※1
15570.0945%27,483,977916株国内ETF
上場インデックス
ファンド米国株式
15470.16%7,5153,200株
※2
国内ETF
iシェアーズ・コアS&P500ETFIVV0.04%11,398,000360万株海外ETF
バンガード・
S&P500 ETF
VOO0.05%6,876,185220万株海外ETF
SPDR
S&P500 ETF※1
SPY0.0945%27,483,9777,700万株海外ETF
※1:SPDR S&P500 ETFは海外ETFとしても国内ETFとしても購入が可能
※2:売買単位は10株

海外ETFの信託報酬の安さが目立ちますが、売買手数料や為替手数料が必要となるため、長期間保有しないとメリットが出ません。

参考 NISA口座を利用すれば、コストは低減させることはできます。

⇒ 海外ETFが身近になった?NISA口座で手数料などがお得に!

また、ETFの場合流動性が低いと売買したいときに売買が成立しないなどの問題があるので出来高が多い方がいいのですが、海外ETFに比べると国内ETFの出来高は圧倒的に少ない点は注意した方がいいでしょう。

国内ETFと海外ETFのコストの詳細

実際、国内ETFと海外ETFを保有した時のコストを下記の条件で算出してみました。(計算を簡単にするため1ドルを100円と仮定しています)

国内ETFは、「SPDR S&P500」をカブドットコム証券のフリーETFで購入することを想定し、売買手数料が無料なのでかかるコストは信託報酬のみとなります。

海外ETFは、「iシェアーズ・コアS&P500ETF」をSBI証券で購入することを想定し、為替手数料は住信SBIネット銀行の利用を想定し15銭とし、かかるコストは売買手数料+為替手数料+信託報酬となります。

【約定代金が10万円の時】

12年目までは国内ETFの方がトータルコストが安いのですが、13年目以降は海外ETFの方がトータルコストは安くなります

【約定代金が100万円の時】

6年目までは国内ETFの方がトータルコストが安いのですが、7年目以降は海外ETFの方がトータルコストは安くなります

今回比較したETFでの信託報酬の差はたった0.0545%とかなり小さいのですが、約定代金が大きいほど、保有期間が長いほどその小さな差が大きくなるということが言えます

まとめ

世界経済の中心国である米国の株式市場の動向を示す代表的な株価指数の一つがS&P500で、最も有名なNYダウ平均より構成銘柄数が多いのでより分散性に優れた株価指数です。

ただ、S&P500に連動した投資信託は一本しかなく価格競争が起きてないのでETFに比べると信託報酬はだいぶ割高といった感じですが、自動で積立投資ができるのと、特に「i-mizuho米国株式インデックス」は分配金を出さずに内部で複利運用してくれるので、20年、30年と超長期で見れば信託報酬の差以上にリターンが大きくなってくれる可能性は高いでしょう。

ETFの方はやはり海外ETFの信託報酬の安さが目立つのですが、売買手数料や為替手数料を考えると国内ETFに比較して不利かなと思っていたのですが、約定代金10万円でも13年以上保有するのであれば海外ETFの方がトータルコストは安くなります

また、約定代金が100万円の場合は約7年保有すれば海外ETFの方がトータルコストは安くなり、保有期間が長くなれば長くなるほどその差は大きくなっていきます。

約定代金が大きければ大きいほど、保有期間が長ければ長くなるほど海外ETFの信託報酬の安さのメリットが大きくなります。

長期間保有を考えているなら海外ETFを購入した方が有利で、短期から中期といった期間の保有を考えているなら国内ETFの方が有利となりますのでうまく使い分けてください。

また、海外ETFならSBI証券で貸株のサービスを始めているので、リスクを許容できるなら貸株金利をもらうことができます。

参考 SBI証券が米国株の手数料を値下げ!しかも米国株で貸株サービスも!

投資信託を購入するのにお得な証券会社は?

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイントがもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

海外株式、ETFを購入するのにお得な証券会社は?

売買手数料、為替手数料のトータルコスト最安値のSBI証券!

海外株式、ETFでは業界唯一の貸株サービスも開始!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券  (公式サイト)


売買手数料はSBI証券と並んで最安値のマネックス証券!

特に米国株、中国株の取り扱い銘柄は業界No1!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックス証券 (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?


米国株・ETFへの投資で円高が気になるなら!

米国株・ETFでは円高になると株価に関係なくリターンが減ってしまいますが、FXをうまく使えば為替リスクを軽減させることができますので下記を参考にしてみてください。

参考 米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?

他の外貨指数に投資するなら?

参考 他の株価指数への投資については下記を参考にしてみてください。

NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!配当がもらえるCFDは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?