初心者でも500円からできる資産運用の始め方!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

資産運用と聞くとちょっと難しそうなイメージがあるかもしれませんし、ある程度の資金がないと始められないなんてイメージがありますが、実はそんなにハードルは高くないですし、低額から誰でも資産運用は始められます。

でもどうやって始めていいのかわからなかったり、商品も多いので何を選んでいいかわからない方も多いのでは?

ここでは資産運用を始めたいけど、始められていない初心者の方向けに資産運用の始め方について解説したいと思います。

ステップ1:資産運用は必要なの?

資産運用を始める前に、資産運用の必要性について考えておきましょう。

どういう目的で資産運用をしたいと考えてますか?

老後が不安なので、老後資金に?

ある程度の資産があるので少しでも金利がいいところに預けたい?

うまく運用してリタイアしたい?

などなど、いろいろ目的があるかと思いますが、日本国内に住む全員が持つ共通のリスクがあります。

日本はこれから超少子高齢化、人口減少を迎え、超低金利、低成長、年金制度の崩壊、インフレなどの様々な課題が目の前にあります。

特に今は物価上昇率の目標を2%としているので、円預金にしか預けていないと毎年2%資産が目減りしていくということになります。

昔は100円でジュースが買えていたのに、今100円では買えません。これは物価が上昇し100円の価値が下がったということです。

毎年2%物価が上昇するのであれば、それ以上の金利で資産が増えていかなと資産が目減りしていくということになりますので、円預金に預けておくこと自体がリスクと言えます。

このように今の時代では、日本に住む全員に資産運用は必要なことなのです。

参考 資産運用の必要性って?投資初心者でも老後の資金作りはお早めに!

ステップ2:初心者に適した金融商品って何?

資産運用といえば株式が王道でしょう。

ただ、株式への投資は会社選びから始まり、事業の成長性や財務状況などなどいろいろチェックしなければいけないことが多いので初心者の方にはハードルが高いです。

比較的ローリスクな資産運用として定期預金や債券などもありますが、定期預金は今や0.2%程度で、債券の代表格個人向け国債は0.05%という利率ですので、元本が保証されているとはいえ、他の金融商品と比較すると利率は低いです。

今初心者の方が選ぶ最適な金融商品は投資信託が最も適していて、中でもインデックス投資がおおすすめです。

投資信託は投資家から集めた資金は資産運用のプロが様々な資産に投資をして運用をしてくれますし、500円から幅広い資産に分散投資ができます。

投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドという種類がありますが、概ねアクティブファンドよりインデックスファンドの方が成績がいいと言われています。

アクティブファンドで成績がいいファンドもありますが、そのようなファンドを初心者の方が探すのは難しいので、まずはインデックスファンドから資産運用を始めましょう!

参考 資産運用の種類ってどんなのがあるの?それぞれの特徴やリスクは?

ステップ3:アセットアロケーション(資産配分)を決めよう!

アセットアロケーションはあまりなじみがない言葉かもしれませんが、資産配分のことです。

対象となる資産クラスとは、国内株式先進国株式新興国株式国内債券先進国債券新興国債券国内リート海外リートとなります。

この資産クラスのどれにどのくらいの比率で投資するかを決めるのがアセットアロケーションで、投資の成果のほとんどがこのアセットアロケーションで決まると言われてます。

ただ、このアセットアロケーションは投資に回せる資産金額や、ライフスタイル、リスク許容度により異なるため正解というのはありませんが、リスクが高いと資産運用から退場となってしまいますので、リスク許容度を超えないように気を付けましょう

参考 資産運用の肝!アセットアロケーションとは?

アセットアロケーションを決められない方は、バランス型ファンドという便利なインデックスファンドもあります

ステップ4:実際に投資する投資信託を決めよう!

アセットアロケーションが決まってしまえば、あとはその資産配分比率に沿って、投資信託を購入すれば終了です。

資産配分比率が決まった方は、下記を参考に投資する投資信託を決めてみてください。基本は極力低コストのインデックスファンドを選ぶことです。

株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表

低コストとは、買付手数料が無料(ノーロード)で、信託報酬が安いものです。ただ、単に安いだけでは危ない場合もありますので下記の記事を参考にしてみてください。

参考 投資信託の選び方!失敗しないために3つのポイントをチェックしよう!

また、アセットアロケーションを決められない方は、バランス型ファンドがおすすめで、これ一本で複数の資産クラスに分散投資をしてくれるので、非常に楽ですね。

おすすめは「世界経済インデックスファンド」と「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。

参考  大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?

参考 セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

参考 世界経済インデックスファンドシリーズの利回りって?

参考 こちらの記事では2つのファンドを比較してますので参考にしてみてください。

セゾンバンガードグローバルバランスと世界経済インデックス徹底比較!

その他のバランス型ファンドはこちらを参考にしてみてください。

参考 2015年おすすめバランス型投資信託ファンドはこれだ!

ステップ5:ネット証券に口座を開こう!どこがいい?

資産運用を始めるためには証券会社に口座を持ってないと、始まりません。

証券会社は多くありますが、ネット証券は幅広く商品を取りそろえどの金融商品を買うにもコストが安いです。

口座を開設するのも、維持費用も無料なのでまずは口座開設をしましょう!

証券会社 特徴は?
SBI証券 ・投資信託の品ぞろえ、その他の金融商品の品ぞろえNo1
・超低コストインデックスファンド以外であればポイント還元No1
500円から積立投資ができます!
楽天証券 ・投資信託の取扱数、その他の金融商品の品ぞろえはSBI証券並み
超低コストインデックスファンドでもポイント還元があるのは楽天証券だけ
・楽天銀行と連携すれば普通預金金利がメガバンクの100倍の0.1%
マネックス証券 ・資産設計アドバイスツールが無料で使える
・中級者以降になった場合海外ETF購入時の手数料が安い

参考 より詳細な内容については下記を参考にしてみてください。

おすすめネット証券比較【投資信託編】!お得に取引できるのは?

ステップ6:積立投資が一括投資か決めよう!

インデックス投資は毎月の積立投資が基本的な買い方です。

一括投資の場合、株式の大幅な下落などのタイミングを見計らって買うことになりますが、世界経済は過去常に右肩上がりで成長しています。

タイミングを見計らうくらいならさっさと投資してしまう方がいい結果が出ることの方が多いです。悩むくらいならまずは積立投資をさっさと始めちゃいましょう!

ステップ7:あとは基本ほったらかし!年に1回くらい見直しはしましょう!

積立の設定をしたらあとは基本的にはほったらかしです!

ただ、1年もたつとアセットアロケーションのバランスが崩れて思った以上にリスクが高くなったりする場合があります。

このような場合、比率より高い資産クラスを売却して、比率より低くなってしまった資産クラスを購入することによって資産比率を元に戻すことをします。

実際のところこのリバランスをすることによって、高くなった資産を売って、安くなった資産を買うことになるので長期的に見るとリターンが向上します

ほったらかし投資とは言え、1年に一度は見直しをしましょう!

参考 アセットアロケーションのリバランスとは?

番外編:老後にたまった資産はどうすればいい?

資産運用を行ってたまった資産はいつかは取り崩すことになります。

どう取り崩すかというと、運用しながら取り崩すのが一番いいやり方です。

必要なお金だけを現金化し、口座から引き出せば残りは運用されます。このとき引き出しながら積立するというのは矛盾した行為なので、積立は停止します。

SBI証券だけですが、投信定期売却サービスというのがあり、定期的に一定金額を自動的に売却してくれるサービスがあります。

これを利用すれば毎月の手続きは不要となりますので非常に便利ですね。

参考 SBI証券の投信定期売却サービスとは?毎月分配型ファンドは不要か?

他の証券会社で運用して、このサービスを利用したいときに投資信託の移管をすればいいので、無理に最初からSBI証券である必要はありませんが、1銘柄あたり3,000円程度の手数料がかかるので、投資しようと思っている投資信託が多い方はSBI証券がおすすめです。

参考 投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

まとめ

上記のように資産運用を始めるための7つのステップについて解説してきました。

一番の難関はアセットアロケーションかもしれませんが、バランス型ファンドをうまく使うことにより悩む時間を短縮させることができますので、ぜひ検討してみてください。

資産運用で大事なのは、「長期」に資産を「分散」し「複利」で資産を増やしていくことですので、まずは早く始めることが重要です!

また、インデックスファンド中心の投資は基本的にはほったらかしとなるのですごく暇な投資手法です。

もっとアクティブに投資をしたい方はインデックス投資などをコア投資として、コアサテライト戦略という投資戦略もあります。次のステップに行きたい方は下記を参考にしてみてください。

参考 コアサテライト戦略とは?インデックス投資からステップアップ!

参考 コアサテライト戦略とは?サテライトでの投資とは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

フォローいただければ、最新記事をSNSでご確認いただけますよ。