個人型確定拠出年金のおすすめ金融機関って?ポイントは手数料以外?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

sisan-ideco-osusume-netsec

2017年1月に個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が大幅に増え、節税効果は年率30%の投資効果と同等レベルです。

しかも、投資をしている人だけにメリットがあるわけではなく所得税を支払っている全員にメリットがあるので利用しないのはもったいないです。

でも、個人型確定拠出年金は1口座しか持てないのでどの金融機関にするか悩みどころなのでおすすめの金融機関いついて紹介したいと思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおさらい

個人型確定拠出年金「愛称:iDeCo(イデコ)」は、自分で決めた額を自分で決めた金融商品に毎月積立を行い、将来の自分の老後の資産形成のために貯めていく年金のことで、「支払った掛金」「運用利益」「将来受け取る一時金や年金」それぞれで税制上の優遇があり非常にメリットがある制度です。

個人型確定拠出年金の節税効果

個人型確定拠出年金は、下記の節税効果があります。

  1. 毎月の掛金が100%全額所得控除となる
  2. 運用時の利息や分配金、売却益などの課税もゼロ
  3. 受け取るときも「退職所得控除」「公的年金等控除」で税制が優遇される

2の運用時の利息や分配金、売却益は通常であれば20%課税されるのに対して0%とNISAと同様の節税効果がありますよね。

参考 初心者のNISA口座入門!メリット、デメリットを理解して有効に使おう!

中でも注目したいのは1の毎月の掛金が全額所得控除となる点で、所得税の課税所得が減額されます。

例えば課税される所得額が600万円の方が、毎月2万円を拠出したとすると下記のような税金計算上のメリットがあることになります。

  • 所得税:24万円(1年間の拠出金額)×20%(税率)=4万8千円
  • 住民税:24万円(1年間の拠出金額)×10%(税率)=2万4千円

合わせて年間で24万円拠出すると7万2千円もキャッシュバックをうけられることになるので、これだけで年率30%の利益が確定するのと同じ効果を得られることとなります。

年率30%の利益が確定しているってことは、例えば20年間、毎月2万円を拠出したとすると投資した商品の成績にかかわらず144万円の利益が確定ということですので、ものすごいメリットがありますね。

個人型確定拠出年金の加入対象者

2017年1月より、確定拠出年金法が改正され、加入できる対象の方が大幅に拡大されます。

sisan-rakuten-ideco1

(引用元:厚生労働省HP

★印のところが2017年より新たに加入できるようになる部分ですが、専業主婦の方や企業年金に加入してる方も加入できるようになるとのことで、かなりの方が加入対象となります。

この表にも書いてありますが、条件により拠出限度額が決められてますので、いくらでも拠出可能ではない点は注意してください。

参考 個人型確定拠出年金のメリット・デメリットの詳細については下記も参考にしてみてください。

⇒ 個人型確定拠出年金のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関って?

個人型確定拠出年金の口座開設は、銀行や証券会社、生損保などでも口座開設することができ対応金融機関は100以上もあります。

この中で個人型確定拠出年金口座を開くべき金融機関を選ぶポイントは下記の2点。

  • 加入時手数料・口座管理手数料
  • 投資対象ファンド

加入時手数料・口座管理手数料はもちろん安いところを選ぶ必要がありますが、どういう投資信託に投資できるか、投資信託のコストである信託報酬が安い投資信託を選ぶことができるのかという点をチェックする必要があります。

加入時手数料・口座管理手数料

加入時手数料は国民年金基金連合会に、どの金融機関でも初回に2,777円支払う必要があり、口座管理手数料は、国民年金基金連合会に毎月103円、事務委託先金融機関(信託銀行)に毎月64円の費用を支払う必要があり、これはどの金融機関でも共通です。

それ以外に運営管理機構に加入時手数料が必要だったり、口座管理手数料が必要になるので、この費用が必要ない金融機関を選ぶ必要があります。

sisan-ideco-osusume-netsec1

(引用元:モーニングスター社 iDeco 金融機関比較ガイド

これによると、「スルガ銀行管理資産50万円以上」「楽天証券管理資産10万円以上」の2社が一番安く、「SBI証券管理資産50万円以上」が次に続いています。

管理資産が指定された金額まで貯まる間は口座管理手数料が必要となってしまいますが、「楽天証券」「SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)」はキャンペーンで管理資産が条件に達していなくても今なら無料となっています。

SBI証券に関しては、運営管理機構に加入時手数料が必要ですが、こちらも無料となっているので今申し込みをするなら、「楽天証券」「SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)」の2社が最も手数料がかかりません

ただ、キャンペーン期間がSBI証券だと2017年3月末まで、楽天証券が2017年末までとなっているので、SBI証券だとキャンペーン期間中に管理資産まで達しないので、楽天証券だと今から始めればキャンペーン期間中に管理資産10万円を超えるので今一番お得なのは楽天証券です。

参考 早速楽天証券の個人型確定拠出年金を確認したい方はこちら。

>> 楽天証券(通常の口座開設で確定拠出年金が利用できます)

投資対象ファンド

ここでは加入時手数料・口座管理手数料が最安値の楽天証券とSBI証券の投資対象ファンドを比較してみました。(本来は実質コストなどを見たほうがいいのですが、ここでは信託報酬だけで比較しています)

 SBI証券  楽天証券  
資産クラスファンド名インデックスファンド実質的な
運用管理費用
(税込)
ファンド名インデックスファンド実質的な
運用管理費用
(税込)
国内株式三井住友・DC日本株式
インデックスファンドS
TOPIX
(配当込み)
0.21%三井住友・DC日本株式
インデックスファンドS
TOPIX
(配当込み)
0.21%
DCニッセイ日経225
インデックスファンドA
※1
日経平均0.2052%以内たわらノーロード日経225日経平均0.21%
SBI TOPIX100・
インデックスファンド
<DC年金>
TOPIX1000.26%iTrust日本株式0.96%
野村DC・JPX日経400ファンドJPX日経4000.27%以内MHAM日本成長株ファンド
<DC年金>
1.67%
ニッセイ日経225インデックスファンド日経平均0.27%フィデリティ・日本成長株・ファンド1.65%
ひふみ年金0.82%
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ1.62%
フィデリティ・日本成長株・ファンド1.65%
国内債券三菱UFJ 国内債券
インデックスファンド
(確定拠出年金)
NOMURA-BPI総合0.13%たわらノーロード国内債券NOMURA-BPI総合0.16%
国内REITDCニッセイ
J-REIT
インデックスファンドA
※1
0.27%以内三井住友・
DC日本リート
インデックスファンド
東証REIT指数
(配当込み)
0.28%
DCニッセイ
J-REIT
インデックスファンド
東証REIT指数
(配当込み)
0.59%野村J-REITファンド
(確定拠出年金向け)

(参考指標:東証REIT指数
(配当込み))
1.03%
海外株式DCニッセイ外国株式インデックスMSCI コクサイ インデックス
(配当込み、円換算ベース)
0.23%たわらノーロード先進国株式MSCIコクサイ・インデックス
(円換算ベース、配当込み)
0.24%
iFree NYダウ・インデックス
※1
NYダウ平均0.24%ラッセル・インベストメント
外国株式ファンド
(DC向け)
1.46%
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)MSCIコクサイ・インデックス
(円ヘッジベース)
0.30%iTrust世界株式0.96%
EXE-i先進国株式ファンド0.3244%程度
EXE-iグローバル中小型株式ファンド0.3584%程度
海外株式(新興国)EXE-i新興国株式ファンド
(参考指標:FTSE・エマージング・インデックス(円換算ベース))
0.3904%程度インデックスファンド
海外新興国(エマージング)株式
MSCIエマージング・マーケット・インデックス
(円ベース)
0.59%
シュローダー
BRICs株式ファンド
2.03%
ハーベスト アジア
フロンティア株式ファンド
2.0972%程度
海外債券三井住友・DC外国債券インデックスファンドシティ世界国債インデックス
(除く日本・円換算ベース)
0.23%たわらノーロード
先進国債券
シティ世界国債インデックス
(除く日本、円ベース)
0.22%
インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)シティ世界国債インデックス
(除く日本・円ヘッジベース)
0.28%たわらノーロード
先進国債券
(為替ヘッジあり)
シティ世界国債インデックス
(除く日本、円ベース)
0.22%
グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
シティ世界国債インデックス(円ベース、日本を含む)
1.35%みずほUSハイイールドファンド
<DC年金>
1.51%
海外REIT三井住友・DC外国リート
インデックスファンド
S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
0.30%三井住友・DC外国リート
インデックスファンド
S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
0.30%
EXE-iグローバルREITファンド
(参考指標:S&Pグローバルリート指数(円換算ベース))
0.3624%程度
国内外株式セゾン資産形成の達人ファンド1.55%
コモディティ三菱UFJ 純金ファンド0.972%程度ステートストリート・ゴールドファンド
(為替ヘッジあり)
0.89%
ダイワ/RICIコモディティ・ファンドRICI
(ロジャーズ国際コモディティ指数/円換算)
1.9049%程度
バランス型DCインデックスバランス
(株式20)
0.18%セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.72%
DCインデックスバランス
(株式40)
0.19%三井住友・DC世界バランスファンド
(動的配分型)
1.29%
DCインデックスバランス
(株式60)
0.21%三菱UFJ DCバランス・イノベーション
(KAKUSHIN)
0.65%
DCインデックスバランス
(株式80)

0.22%投資のソムリエ
<DC年金>
1.19%
SBI資産設計オープン(資産成長型)0.73%
ターゲットイヤーSBI-セレブライフ・ストーリー20250.68%楽天ターゲットイヤー20300.92%
SBI-セレブライフ・ストーリー20350.69%楽天ターゲットイヤー20400.93%
SBI-セレブライフ・ストーリー20450.69%楽天ターゲットイヤー20500.93%
SBI-セレブライフ・ストーリー20550.67%
元本確保型スルガ確定拠出年金スーパー定期1年みずほDC定期預金
(1年)
スミセイの積立年金保険
(5年)
第一のつみたて年金保険
(5年)

国内株式

TOPIXをベンチマークとした投資信託では「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」が両社ともに最安値となっています。

日経平均をベンチマークとした投資信託ではSBI証券が「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」、楽天証券が「たわらノーロード日経225」が信託報酬最安値となっていますが、その差は0.005%と僅差で大きな違いはないです。

SBI証券ではひふみ年金が注目で、国内株式のアクティブファンドで成績がいいことで評判の「ひふみプラス」と同様の運用を行うファンドのようです。

過去7年間で平均利回りは約10%と非常にいい成績を残しているファンドです。

参考 ひふみ投信の評判は?株の初心者に組み入れ銘柄は勉強になる?

国内債券

NOMURA-BPI総合をベンチマークとした投資信託で、SBI証券では信託報酬0.13%の「三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)」で楽天証券では信託報酬0.16%の「たわらノーロード国内債券」に投資ができ、SBI証券の方が信託報酬が安い投資信託に投資ができます。

国内REIT

東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとした投資信託で楽天証券では信託報酬0.28%の「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」を扱ってます。

SBI証券の方は、信託報酬0.27%程度で「DCニッセイJ-REITインデックスファンドA」が扱われるようですが、まだベンチマークなどがわからず詳細はこれからといった感じです。

海外株式

MSCI コクサイ インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとした投資信託では、SBI証券では信託報酬0.23%の「DCニッセイ外国株式インデックス」、楽天証券では信託報酬0.24%の「たわらノーロード先進国株式」を取り扱っています。

ここでもわずかながらSBI証券の方が信託報酬が若干安い投資信託を扱っています。

しかもSBI証券では早くもiFreeシリーズの「iFree NYダウ・インデックス」を個人型確定拠出年金で取り扱いをしています。

今後もiFreeシリーズの他の投資信託まで取り扱いが始まるとSBI証券が断然強くなりそうです。

参考 iFreeシリーズの評価!インデックスファンドの信託報酬はどこまで下がる?

海外株式(新興国)

この資産クラスはちょっと微妙なものしかありませんが、SBI証券の「EXE-i新興国株式ファンド」が信託報酬0.3904%程度と最安値となっています。

海外債券

シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)をベンチマークとした投資信託では、SBI証券では信託報酬0.23%の「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、楽天証券では信託報酬0.22%の「たわらノーロード先進国債券」を取り扱ってます。

特に楽天証券では同じ信託報酬で為替ヘッジありの取り扱いもあり、為替リスクを排除したい方はこちらを選ぶのがおすすめです。

海外REIT

S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとした投資信託として、SBI証券・楽天証券ともに信託報酬0.30%の「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」を取り扱ってます。

国内外株式

楽天証券では、全世界の株式を対象としたアクティブファンドで実績のある「セゾン資産形成の達人ファンド」の取り扱いがあります。

参考 セゾン資産形成の達人ファンドの評価・特徴は?優良アクティブファンド!

信託報酬はちょっと高めですが、約9年間にリーマンショックでの大暴落を経て一括投資では年率平均約9%、積立投資は年率平均約13.2%と非常に好成績を残している優良ファンドです。

参考 セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?

コモディティ

両社ともに金への投資も可能ですので、より分散性を求める方は守りの資産として役立つ時があると思います。

バランス型

ここは信託報酬だけで見ると圧倒的にSBI証券の方が安いファンドとなっていて、4資産(国内株式・債券、海外株式・債券)に分散投資ができ、株式比率によってファンドを選択できます。

楽天証券では、バランス型ファンドで純資産残高1,000億円を超える「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の取り扱いがあります。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

セゾン投信での直販しか取り扱いがなかったのが、楽天証券の個人型確定拠出年金でも購入ができるようになりました。

信託報酬はちょっと高めですが、約9年間にリーマンショックでの大暴落を経て一括投資では年率平均約4.4%、積立投資は年率平均約6.3%と非常に好成績を残している優良ファンドです。

参考 セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?

ターゲットイヤーファンド

両社ともにターゲットイヤーファンドを取り扱っています。

ターゲットイヤーファンドは、まさにほったらかし投資で、年齢とともにリスクが高い資産の比率を自動的に引き下げてくれます。

おせっかいと思う方もいれば便利と思う方もいるかとは思いますが、全く何もわからずほったらかしにしておきたい方には向いてると思います。

信託報酬が若干高いので、面倒でもバランス型ファンドやインデックスファンドを組み合わせて自分で見直しをする方が成績もよくなるとは思いますが。

元本保証型

投資信託のように元本が保証されないのはちょっと怖いなと思う方でも元本保証型の取り扱いがあるので、こちらをとりあえず選択しておけば利率は期待できませんが、節税効果の恩恵は享受できます

まとめ

2017年1月の法改正により大幅に加入対象者が増える個人型確定拠出年金(iDeCo)は、節税効果が非常にあり所得税を払っている方全員にメリットがある制度となっています。

年率平均30%前後の節税効果があるため、所得税を支払ってる方であれば誰でも効果があるのでやらないのは損です。

個人型確定拠出年金を始める際にどの金融機関にするかチェックしたいポイントは下記の2つです。

  • 加入時手数料・口座管理手数料
  • 投資対象ファンド

個人型確定拠出年金ではどの金融機関でもかかる手数料がありますが、それ以外の費用は金融機関によって異なり、キャンペーン込みで考えるとSBI証券と楽天証券が最安値となっています。

ただ、キャンペーン期間がSBI証券だと2017年3月末まで、楽天証券が2017年末までとなっているので、SBI証券だとキャンペーン期間中に費用が無料となる資産まで貯められませんが、楽天証券だと今から始めればキャンペーン期間中に管理資産10万円を超えるので今一番お得なのは楽天証券です。

参考 楽天証券の個人型確定拠出年金を確認したい方はこちら。

>> 楽天証券(通常の口座開設で確定拠出年金が利用できます)

投資対象ファンドでは、全体的に低コストなファンドを扱っているのはSBI証券で随時ファンドの追加がされています。

ただ、個別の資産クラスのインデックスファンドではSBI証券と楽天証券の差はほとんどないため、どちらを選んでも問題ないレベルかと思います。

結構差があるのはバランス型ファンドで、SBI証券の方が信託報酬が安いファンドが揃っていますが、楽天証券は既に人気・実績がある「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の取り扱いがあります。

正直ここは悩みどころですが、利益を追求して自分である程度入れ替えをしたい方はSBI証券、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのような人気・実績がすでにあるバランス型ファンドでほったらかしにしておきたい方は楽天証券がいいでしょう。

もちろん両社元本保証型商品もあるので、節税の恩恵だけ受けたい方は手数料が一番お得な楽天証券がいいでしょう。

今後も両社ともにファンドの追加などはありそうなので、随時このページを更新していきます。

ほったらかし投資をしたい方、手数料が最も低く節税効果だけ享受したいなら楽天証券!

年金資産残高が10万円未満でも2017年末までは口座管理手数料が無料なので、今から1万円を拠出するだけでも口座管理手数料を無料で利用することができます。

>> 楽天証券(通常の口座開設で確定拠出年金が利用できます)

利益を追求し自分で入れ替えを行いたい方はSBI証券!

2017年3月まではキャンペーンで、各種手数料が無料なので今がお得です!

>> SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)(公式サイト)