ドルコスト平均法で積立投資する本当のメリットとは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

sisan-dollcost

投資信託の購入方法は、よくドルコスト平均法で積み立てていくことがおすすめだといわれています。一般的に言われているメリットはありますが、本当のメリットは別のところにある気がしています。

そんな本当の効果について考えてみたいと思います。

ドルコスト平均法のメリットとは?

積立投資と一括投資どっちがいい?」にも書きましたが、

  • 価格変動リスクを抑えることができる
  • 少額からの積立は心理的にストレスを感じにくい

これがメリットかとは思います。ドルコスト平均法は気休めと記載されているサイトも見かけますが、実際に運用していてこれとは別のメリットも感じています。

実際に運用してみて思うこと

私は月に一回定額で複数の投資信託を購入しています。

金融商品を一度購入すると、市場が気になりどんな動きをしているか気になるものです。

で、休日とかにチェックしてみると、市場が上昇時には、まだまだ上がりそうだと買い増しししてしまい高値つかみになったり、下落時にはまだまだ下落しそうだと思い、結局安い時に買うということができなかったりします

」と「恐怖心」が判断を狂わせるてしまうんですね。

このような心理に打ち勝てる方が、投資で長く勝てていく人なんだと思います。

でも、普通はそのような心理に打ち勝つには修行していかないと難しいと思いますし、忙しい方はなかなかそのような時間も取れないですし、そもそもそんなに頻繁に市場をチェックすることもできないでしょう。

そんな方にこそドルコスト平均法にメリットがあります。

特に自動積立することによって、自分の心理に関係なくたんたんと積み立てられていくので、強制的な貯蓄の役割も果たします。

これが実は本当のメリットだったりします。

貯金ってなかなかできない人も多いのではないでしょうか?

ある一定額たまったら定期預金にするなんて人も多いかと思いますが、そもそも一定額たまるまで時間がかかったりすることよくありますよね?

そんな時に、家計に無理のない範囲で自動積立しておけば、強制的に貯金されていくことになり、定期預金より数十倍~数百倍の金利がついてるかもしれません。

セゾン投信の利回りは?一括投資、積立投資してたらどうなってた?」で実際に一括投資と積立投資でどの程度利益が出ていたかを記事にしてますので参考にしてください。

まとめ

ドルコスト平均法は、メリットデメリットいろいろと議論されているのですが、結局その方の資産状況や投資経験によるのではないかと思っています。

すでにある程度資産や経験がある方にドルコスト平均法がいいかと言われるとそうは思わないです。

市場を見極める力があれば、チャンスの時に大きく一括投資すれば莫大な資産を気づくことが可能だからです。

そのような方はドルコスト平均法がいいのか一括投資がいいのかちゃんと見極めた上で資産運用をする方がいいでしょう。

そんなに資産も経験もない方が資産運用をしていくには、まずは投資信託をドルコスト平均法を使った自動積み立ててで、資産を作っていくことをおすすめします。

特にいままであまり投資経験がないと、「」と「恐怖心」との心理との戦いを必ずすることになります。

ここで間違った判断をしてしまった場合、市場からの退場を余儀なくされることがあります。

一度退場してしまうと、どんなにチャンスがあっても取り戻すことができません。

そのためにも市場にできるだけ長く参加し続けることが必要です。

まずは投資に慣れるという意味でも自動積立可能な投資信託で、まずは一歩始めることをおすすめします。

特にドルコスト平均法での積立は大負けする可能性が低いので、投資を長く続けることが可能な手法です。

ここで投資に少し慣れてから、株やFXなどの投資にステップアップしていきましょう。

なぜ資産運用が必要かは「資産運用を始めよう!投資初心者でも老後の資金作りはお早めに!」を参考にしてください。

また、初心者の方におすすめの資産運用は「初心者におすすめの資産運用法とは?」を参考にしてください。