資産運用の肝!アセットアロケーションとは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

asset-allocation
資産運用を始めるにあたって投資する商品というのはいろいろありますが、いくら何に投資すればいいのでしょう?
ここで資産運用の指針となるのがアセットアロケーションで、投資の成果のほとんどがこのアセットアロケーションで決まると言われてます。
アセットアロケーションとは何なのか、具体的にどう決めるかについて紹介します。

アセットアロケーションって何?

アセットアロケーションは一言でいうと分散投資のことです。

よく似た言葉でポートフォリオというものがあります。

アセットアロケーションは、「国内株式」「外国株式」のような資産クラスと呼ばれるものにどのような割合で分配するかを決定するものです。

ポートフォリオは、アセットアロケーションで決めた割合に、実際の金融商品に投資をしますが、その金融商品リストがポートフォリオとなります。

例えば100万円の資産のうち、50万円を国内株式、50万円を外国株式に投資すると決めたら、「国内株式」に50%、「外国株式」に50%の割合でアセットアロケーションを作成したことになります。

その後銘柄選定を行い、トヨタ株を50万円、Apple株を50万円購入したら、この銘柄リストがポートフォリオとなるわけです。

また、「銘柄選びや売買タイミングよりもどの資産にどんな割合で投資するかが重要だ」と言われるように、アセットアロケーションは非常に重要な考え方となります。

その割にはあまり耳慣れない言葉ですよね?

それは金融機関が売りたい商品と、資産運用するために必要な商品が違うからだと思います。

金融機関は顧客がどのようなアセットアロケーションとなっていようが関係なく、自社にとって都合のいい商品を勧めてきますよね。

これでは金融機関のいいカモになってしまいますので、ちゃんと自分で考えて資産運用を始めてください。

リターンよりリスクを考えよう!

資産運用を始めようと思うときに、いくら稼ごうかと夢膨らませますよね。

ただ、これ危険なんです。

リターンは年ごとに谷あり山ありといった形で推移しますが、たまに市場が急落するような局面に出会う場合があります。

このときに許容範囲をこえるような下落をしてしまうと日々精神的につらい状態となり、投資をやめてしまう恐れがあります。

市場はずっと下がり続けるわけではなく、どこかで必ず反転します。

そうすると挽回できるチャンスを迎える前に資産運用を終了してしまっているかもしれません。

そのためアセットアロケーションを作成したらリターンより、リスクを許容できるかを確認することが重要です。

具体的なアセットアロケーションの決め方は?

正直正解はなく、年代や持ってる資産などによって、取れるリスクや期待するリターンが異なるためです。

ただ、これでは決められないですよね・・。

きちっとしたものではなくざっくりとした方針について考えてみたいと思います。

資産運用はやはり長期投資というのが基本になります。

まだ若いうちはリスクの高い株式などに投資をして大きなリターンを狙う資産配分でも問題ありません。

しかし50代からなどはリスクを抑えた無理のない配分にするのがいいかと思います。

もし、運用が失敗したら時間的な制約で取り返すことが難しくなるからですね。

具体的には、20代から40代前半くらいまでは「リスクは大きいが、大きいリターンが期待できる株式を多めに」、40代後半以降は「期待できるリターンは小さくなるが、リスクも小さい債券などを多めに」といった考え方で配分を考えるのがいいかと思います。

これは基本的な考え方なので、自分で資産配分を調整してリスクとリターンを確認するのがいいと思います。

下記のようなサイトを利用するとリスクとリターンを確認できますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

このサイトではほかの人が登録したアセットアロケーションも見れるので参考になると思います。

参考 やっぱりアセットアロケーション考えるの難しいという方は、下記も参考にしてみてください。

資産運用をこれから始める初心者におすすめの金融商品は?

資産運用を始めるにはネット証券の口座開設は必須ですよ!

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?