個人向け国債の金利って?キャンペーンを使って金利を10倍に!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

saiken-kokusai-campaign

個人向け国債の金利って知ってますか?

定期預金などはチェックしてる方は多いですが、実は個人向け国債は定期預金より安全で、特に1000万円以上のペイオフなどを気にされている方はぜひ検討してほしい金融商品です。

無リスク資産も国債+キャンペーンの利用で有利に資産を増やしていきましょう!

個人向け国債とは?

個人向け国債とは、日本国が発行する債券(借金)を個人投資家に買いやすくしたものをいいます。国が発行している債券なので、発行される債券の中で「一番リスクが低い投資先」と言われています。

ペイオフで銀行1行につき、1000万円までの預金と金利が保護されることになってますが、国債は国が元本を保証しているので、銀行預金よりも安全で限度額はありません

個人向け国債の種類

個人向け国債には、「変動10」「固定5」「固定3」の三種類があります。

固定5、固定3は金利固定で5年、3年と預けるのですが、今後金利が上がっても金利が固定の0.05%(税引前)と超低金利なので、まったく投資先として意味がありません。

投資対象となるのは変動10のみです。

そのためこの記事では変動10のみを対象にします。

変動10はマイナス金利導入後直近では0.05%(税引前)まで下落してしまいました

今後金利が上昇すればそれに伴って上昇してくれますので、金利が上昇しやすいインフレ期には比較的強い投資商品と言えます。

個人向け国債の中途換金

預けた資産を10年も使わないかなんてことは、予測できないですよね。

個人向け国債は元本を割れることなく中途換金が可能で、全部もしくは一部(一万円単位)を解約することができます。

発行日から1年経過すればいつでも換金することは可能です。

換金金額は、額面金額+経過利子相当額-中途換金調整額(直前2回分の各利子[税引前]相当額×0.79685)となります。

kokusai_10

(引用元:財務省HP

その他の特徴

  • 1万円から購入可能
  • 年2回利子がもらえる
  • 個人向け国債には買付手数料はかかりません
  • 証券会社、銀行、郵便局で購入可能

個人向け国債のキャンペーン

購入金額に対するキャッシュバック金額

ここでは主だったところだけ紹介します。

他の証券会社や銀行でもキャンペーンを展開しています。よくお使いの金融機関が別にあれば調べてみてください。

50万円 100万円 300万円 500万円 1000万円 その他
SBI証券 1,000円 2,000円 6,000円 10,000円 20,000円
マネックス証券 1,000円 2,000円 6,000円 10,000円 20,000円
野村証券 1,000円 3,000円 9,000円 20,000円 50,000円 50万円以上の購入で
+500円
大和証券 3,000円 9,000円 20,000円 50,000円
SMBC日興証券 3,000円 9,000円 20,000円 50,000円

こう見るとネット証券より既存の証券会社の方が力を入れてますね。

一点注意したい点は、窓口で購入すると投資信託など別の手数料の高い商品をセールスされやすいです。

おすすめしてくる投資信託はまったく購入するメリットがないものばかりですので、気を付けてください。

キャンペーンをお得に使う裏技

いったん個人向け国債を購入して、1年後に換金(売却)するという裏ワザです。

個人向け国債は、発行後1年間は中途換金できませんが、発行後1年経過すれば、いつでも中途換金できます。(その際元本割れのリスクはなし)

ただし、中途換金時には、ペナルティーとして直前2回分の利子が差し引かれますので、実質利子がつかない計算となります。

ただ、キャンペーンのキャッシュバックはもらえるので、1,000万円購入すれば最大50,000円もらえますので、年利0.5%になります。

A証券で購入、1年後中途換金して、次はB証券で購入するといったように証券会社を渡り歩くといいでしょう。

まとめ

個人向け国債は3種類ありますが、変動10のみが投資対象となります。

直近の金利は0.05%と最低金利となっています。過去1%を超えてた時期もあるので、今後インフレとともに金利が上がってくれると期待できる商品になります。

また、国が元本を保証していて限度額はないので、預貯金より安全ですが、今は低金利が続いていて、金利はあまり期待できません。

そのため、各証券会社などが行っているキャンペーンを利用することでぐっとお得な利回りとなります。

ペイオフに不安を感じている方や、無リスク資産の預け先に悩んでいる方は一度検討してみてください。

ネット証券だと下記の2社はキャンペーンもやっているのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券
>> マネックス証券

個別インデックスとして国内債券は下記を参考にしてください。

債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表